プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流用。

自分なりの飼育環境がほぼ固まりつつあるせいもあって、
最近めっきりDIY関連の記事を書いていなかったんで、たまにはユルめのDIYでも。

2006_07250003.jpg



愛車のスポーツスター1200、あれこれ自分なりにカスタムしてあってリアフェンダーも交換済み。
で、基本ハーレーって海外のものなので保安基準が日本と異なる場合が多々あって、
日本だとナンバープレートの下にリフレクターが付いていないと車検通らないんだけど、
フェンダーのキットを購入しても、ステー的なものが付属していない。

なので、自分でステーをでっち上げているわけですが・・・



084.jpg

こんな感じ。

「飼育関係ねぇじゃねぇか」と思った方、よく見てご覧なさい。


083.jpg


これ、グラステラリウムのランプステー。



これ自分的には相当の面白DIYなんだけど、ウケ悪そうだな・・・





改善。

019_20140705115915155.jpg

以前の記事からだいぶ間が空いてしまったけど、リファインしたオタマの飼育器、ぼちぼち稼働中。

画像の通り、底面の穴にメッシュを貼って下の隙間からの水流で汚れが溜まらないようにする、
というコンセプトだったんだけど、Twitterで有田毒蛙さんと話してて、やっぱり下を流れる水は多いほどいいかな、
となったので、飼育器を底面に直置きするのはやめて、一手間掛けることに。



続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

低迷。

相変わらず飼育に対する熱意がダダ下がり中なんですが、
そんなこっちの都合はお構いなしにオタマは増えていく。

というわけで、飼育器の改善&増設。


002_20140620055346fa7.jpg


前回の仕様(壁面のスリットで水を循環)だとどうしても水が澱んでしまったので、
今回は底面に穴を開けて、メッシュを張って底面から汚れが抜けるようにする。


006_201406200553487fe.jpg

壁面の板を、コの字になるように底面に張り出させて、循環のための高さを稼ぐ。
これで上手いこと水流を底面に流して水の澱みを防ぐ予定。
高さが不十分そうなら、さらに横からアクリル板を脚になるように貼り付けて底上げする予定。

今回、アクリル板にホールソーで穴あけ、というのを初めてやったんだけど、
30枚穴を開けて、4枚ダメにしてしまった。要修行。



まだ作っている最中なんで、運用を始めたらまたネタにするかも。しないかも。





増築 (前)。

冷房のフル稼働が始まったこの時期に何故か、温室のリフォームに着手。

もうちょっと早めに更新できると思ってたんだけど、長期休暇を勝ち取るための調整で、
本日8連勤最終日。今日まで更新する気力が湧きませんでした・・・


まぁ温室、と言ってしまうと季節の先取り感が半端じゃ無いんですが、
要するに、飼育棚を拡張しようと。つーかこないだまで、ラフグリーンスネークのリベンジの件をすっかり忘れてまして、
一応迎える準備、ということで。

ラックの寸法だけど、900x350から900x450への、完全なるマイナーチェンジ。
本当は幅も900から1200にしたかったんだけど、嫁の許可が下りなくてさ・・・

で、まぁ準備だけは少しずつしていたんだけど、前述のとおりここのところ休みが無くて、
明日準備したら明後日はもう出発なので、本格的な作成は帰国後にして、
ちょっとした小物だけ作成することに。

続きを読む

習作。

2014-04-28.jpg


かなり気が早いけど、オバケ用のアクリルケージを作成。
底面は、300x440のビッグサイズ。高さもある程度余裕を持って、200mm確保。


2014-04-2.jpg


ちょっとわかりづらいけど、レオパを飼ってる市販のケージとの対比。
うーん、ちょっと大きくしすぎたか・・・ちょっとしたヘビくらいなら終生行けそうだな。

ペアで迎える予定なので、ケージは2つ用意する予定なんだけど、とりあえず練習として、一つ。
遊ばせておくのも勿体ないので、飼ってるレオパ2匹(両方♀)の同居でもやってみるかなー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。