プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

責任。

一般的にどの程度の認知度のあるニュースかわからないんだけど
ANAのペット便でチワワが死んだ、なんてことをツイートしている人が居て、
その賛否について、一部ネットで盛り上がっている様子。


ブログの趣旨以外のところで敵を作ったり炎上したりするのも面倒くさいので
その件についての自分の立場はわざわざ書くつもりはないんだけど、
一つ思うのが、「この一件でペットの搬送は一切やめることにしました、なんてことになったら
今度からカエルの受け取り、どうしようかな」
ということ。


この間テリビリスさんがブログで、「発送技術にかなり自信が出てきた」なんて書いていたし、
少々職場での地位に変動がありそうなので仕事前に空港、というのが厳しくなりそうだしで
次回は季節によってはタイムサービス便でお願いしようかな、なんて考えているんだけど、
やっぱり流石に真夏と真冬は心配だよなぁ・・・

まぁなんつーか、頑張れANA。



本題。


002_20130818020827b3a.jpg

東京への出発前にハッチ寸前だった3つの卵のうち、なんとか1つだけハッチ。
しかも今回は、かなり元気そう。・・・長かったなぁ・・・

旅行中の2日の間にハッチして、水が無くて死亡、なんて事態を避けたくて
3卵とももう水の中に沈ませていったんだが、残りの2卵はゼラチンを破ることもなく落ちた様子。
ちょっと早かったのかな?正直、タイミングが少々悔やまれるところ。


それと、発生して間もなかった11個の卵は、残念ながら全滅。

渡辺さんがこの間、「蒸れがマズイんじゃないか」なんて言っていたんだけど、
今回ワインセラー内で管理しているため、カップのフタを外したら多分即乾燥だと思い
そのままフタに穴をあけたプラカップで管理していたんだけど、結局ダメにしてしまった。

ダメにしてから気付いたアイデアなんだけど、フタを閉めて管理するにしても、
もう少し大きいカップなりタッパーなりで管理するようにすれば、多少蒸れもマシになるかな、と。
次回以降の課題にする。


で、ハッチしたオタマの管理だけど、今回はそのままワインセラー内で22℃で行うことにした。
ハッチまでは進んでくれたので、このまま22℃で上陸までいけるのか、という実験と、
あとは単純に室内管理だとオタマにとっての適温まで水温が下がらないんじゃないか、と不安なため。

管理の詳細は、もう少し時間が経って このままいけるな、と自信がついてからにする予定。


まぁ、無事に上陸することを祈っていてください。


スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

Comment

非公開コメント