プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

導入。


たまには用品レビューなど

061_201705030223227a7.jpg

初メタハラ。
エキゾテラのSUNRAY、日本非売品でございます。

現在飼育しているラフグリーンスネークやミヤコカナヘビ、ヒルヤモリなどの紫外線を要求する生き物は
普通の(?)UV灯を使用していて、現状特に問題はないのだけど(ヒルヤモリは相変わらず殖えませんが)
せっかく広めのケージで乾燥系の生き物を飼うのだからと、かねてから興味のあったメタハラにチャレンジ。

で、カメリアーナを購入した高円寺のカナヘビ屋さんに紫外線どうしたら良いですかねぇ、と相談したときに
今売ってないんだけど、と前置き付きでコレの話題が出たのでなんとかならんかなぁ、と思っていたんですが
流石はAmazon.com様、見事に届けてくれました
057.jpg



日本用にローカライズされていない米国の用品なので駆動電圧は110~115V程度、ということなんだけど、
多分変換プラグだけ噛ませて100Vで駆動させても影響があるのは光量、あるいは熱量で
UVBの量は大して変わらないんじゃないかなぁ、とも思ったんですが、なにぶん初めて使う機材なので
スペック通りの能力で使用するほうが望ましいかな、と思ってアップトランスも導入。


肝心の使用感なんですが、このSUNRAY、付属のL型のアームをケージに貼り付けて使用するタイプで、
しかもアームと本体が完全に固定されちゃってるもんだから、ケージ内の照射位置の自由度は低いです。

064.jpg



本体が取り外し式で、別途上から吊り下げるステーでもついていれば好きなところに照射出来るんですが、
貼り付けた位置からの半径195mmの円周上が照射位置に決まってしまっているので、
例えば底面が400mm四方以上のケージだとどうしてもケージの中央付近に死角ができてしまうんですね。
なので、本体の到着を待たずに(1~2ヶ月かかる)見切り発車でホットスポット決めちゃうと、
いざ商品が来たときに設定したスポットと実際の照射位置がズレてる!なんてことも起こりうるかと。


ただまぁ、そこだけ目を瞑れば海外からの送料を含めても国内製品よりもコスパはかなり良いので、
興味が有る方は試してみても良いんじゃないでしょうか。
あ、買う人いたらついでに交換球注文しておいて下さい。
ちょっと製品がどんなもんか見る前に交換球まで買うのは怖かったんですよね・・・



DSC_5079.jpg

やはりバスキングをしに来るのを眺めてるのは楽しい。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。