プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

援護。

DSC_0800.jpg


ピンボケはさておき明らかに死相の浮き出ている上のヴァネッサ、前回の「多分国内初入荷」時の個体なんですけど、
HEATWAVEから送ってもらう時に「ちょっと腰回りの細い個体なんだけど・・・」と古賀さんから注釈がありつつも
まぁ恐らく僕のスキルを見込んで「ペペならなんとか立ち上げられるんじゃないか」と信頼して任せてくれたと思うんですけど
敢え無く「受け取った翌日の深夜」に死なせてしまいまして、
業界の慣例で言えば「死着補償外」だと思うんですよ、こうして画像で改めて見ると感じる「こりゃ無理だわ感」も
実物を眺めていた時には無かったし。

なので、代わりを寄越せ、なんて言う気はサラサラなく、雑談の一環で「死なせちゃったんですよー」みたいな話題を
振ったところ、「もともとちょっと怪しい個体だったし」ということで補償して頂けることになり、
今回の入荷分を譲っていただけることになりました。
DSC_2876.jpg

手前が新しく来た個体・・・ってなんで先任よりデカいんだ

まぁそれはそれとして、どうも今回のEU便で来た個体、みんな前回ほど脚の白い個体が居なくて
うちのも割りと青脚でした。なので、また次回来た時に白脚のが居たら注文しちゃうかも・・・


で、死着の話に戻りますが、今回の件、別に僕が古賀氏と懇意にさせてもらっているからって
特別に補償してくれた、ってわけでは決して無いと思うんですよ。
直接会ったことはまだ一度しかないんですけど、古賀さんは「自分は接客業だ」という意識の非常に強い人であるという
印象を受けていまして、商品に対しても購入者に対しても、非常に真摯なんですよね。
顧客に送った生体の状態に関してはしっかり把握していると思うので、なにか腑に落ちないことがあれば
相談してみればちゃんと対応してくれると思うので、安心して購入先として選べるお店ではないかと。
ありふれた死着補償を「業界初」とか謳っちゃう店とは、比べるのも烏滸がましいですよね。
つーかHW、アマゾンもビックリの過剰梱包で発送してくれるので死着なんてほぼ起きないとは思いますけどね。

・・・という記事を本当は先日のBOの前にアップしてイベントの援護射撃にしようと思ってたんですが、
久しぶりに書く長文に思いの外手こずって(もっと色々某所をディスったりする予定だった)、
ここまでズレこんでしまいました・・・ちょっとリハビリっつーか、長文書くことにも慣れておかなきゃな・・・














スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。