プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

稼動。

随分前からやろうと思っていてなかなか出来なかった、
ビバリウムの配管への止水栓の取り付けを実施。

氏推薦



これで水換えが随分楽になるはず。
早速貯水槽の水の交換を実施、これでブログのネタが出来た、と考えていたんだが、
水換えから何時間も経たないうちに、新たなネタが。

オーラタス卵


オーラタス、産卵再開。


最後の産卵から随分と間が空いたが、たまたま水換えと同時に再開した、とはちょっと考えづらい気がする。
どちらかと言えば、水換えがトリガーになった、と考えたほうが自然だろう。

他所のブログのコメント欄とかで2回ほど、
「飼育用水のpHの変化で、産卵が促されたりするらしい」
なんてことを書いたことがあるんだけど、その説の補強、裏づけになったかな?
ちなみにその説、というかそういう説がある、という情報のソースはFeverさんのブログなので、
興味のある方は探してみてください。いつの記事だったかは忘れてしまったので。

前回水を交換してから、どれくらい経ったかは正直覚えていない。
最低でも1ヶ月くらいは放置していた気がする。
まぁ、今後も、産卵が止まったときには水の交換を試してみる価値はあるだろう。



というわけで、ワインセラーでの管理の実験開始。

セラー

設定温度の上限の22℃で、卵は発生、ハッチまで進んでくれるのかどうか。
これでちゃんとオタマになってくれるのなら、夏場でも卵の管理は楽勝だし、
温度が低すぎたり、その他の要因でダメなようなら、少なくとも我が家での夏季の繁殖は諦めたほうがいいだろう。

というわけで、今後の経過をお楽しみに。


スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

Comment

ネタバレ注意

あ、
それで今日当たり、
高級ワインが5、6本配達されるという
展開ですな!。

No title

水のphがトリガーになるというのは有り得るかもしれませんね。

アピストあたりやってた時も水替え後に産卵・・・なんてことがしばしばでしたので。

あとは雨水や雪解け水を何日か濾過して使ってみるのも個人的に検証してみます。
(雑菌や有害物質が・・・というところも踏まえた上で・・・になりそうですが)

↑シクリッドで割と好成績(だったような気がします)ので、何らかの変化に期待しつつ・・・

Re: ネタバレ注意

たーさん

実はこのワインセラー、卵が入る前から、嫁の実家から送られてきた
大量のプラムで中が埋め尽くされていまして・・・w

卵以外のものを入れる隙間が、現在一切ありませんww

Re: No title

だごん@Deep-Oneさん

おや、だごんさんもアクア経験者でしたか。本当にやってた人多いんだなぁ・・・

流石に水のpHとかになってくると、検証しようにもどう手をつければいいのか、難しいですね。
流木が漬かっていたブラックウォーター→カルキ抜きの水道水なんで、
酸性→アルカリ性の変化なら効果があるとして、どの程度の差なら許容範囲なのか、とか・・・

もし試せる環境があるのなら、そちらのベントリの産卵が止まったときにでも、是非。
非公開コメント