プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

誤算。

というわけで(?)新規生体のご紹介。


002_20150220045922117.jpg

Neurergus strauchii
ストラウヒツエイモリ  オランダCB 


こないだ久しぶりに遊びに行ったアクア・トトでアカハライモリが欲しくなったりとか、
最近になって知り合ったKJさんのブログやそこから辿れる有尾仲間様たちのブログを眺めてたりとかでここしばらく
有尾熱が上がってまして、特にツエイモリに非常に関心が湧いていたんだけど、そう頻繁に入ってくる種類でもないようで
とりあえずマダライモリでも飼うかな、なんて思っていた矢先にプミリオさんに入荷。
これは天佑か、と即問い合わせて、出来ればペアで、ということで2匹ゲット。
まだまだベビーなので雌雄の判別は覚束ない、とのことだったんだけど、想像以上の小ささでちょっとビビる。



011_20150220045923f30.jpg

それなりに思い入れの強い種ならここでいっちょ薀蓄のひとつもかますところなんだけど、
本当に突発的に欲しくなっちゃったので、予備知識が全くないんだよねぇ、ツエイモリ。
サイテス1の皇帝様擁する、とかそんくらい。
あと、学名が一々カッコいい。ストラウヒだのカイザーだのクロカタスだの。
例によって名前のカッコよさは購入動機の何割かは占めてますが何か?
そういう意味では一番気になってたのはクルドツエイモリなんだけど(ほら、神話とか宗教とか好きなので)、
まぁこの類は居るうちに買っておくべきでしょ。ストラウヒ、って名前は2番めに好きだし。

諸事情あって、現在は迎える当初用意した上の画像のケージとは別の場所で飼っているんだけど、
まぁその辺の事情はまた、そのうち。
かなり気に入ってしまったので、プミリオさんで売れ残るようなら、残りの2匹も買ってしまおうかな・・・。




スポンサーサイト

Comment

No title

この写真、奥行きがある感じがいいですね。
…逆に、ひょっとしてシェルター以外の場所にも隠れ放題であっという間に行方不明、
ということなのかな〜と。
私がストラウヒをエンゾーさんで入手した時もこれくらいのチビチビで、
今より大きなケージだったので「いない!脱走だ!」→シェルターじゃない所に隠れてた、を何度もやりました…(笑

Re: No title

KJさん

なんですか、その洞察力はw

いや、まさにその通りで、画像では見切れている流木のうろを隠れ家にしてくれないかな、と
思っていたんですけど想像以上に小さくて、隙間を伝って軽石の層まで潜って出てこなくなっちゃったので
もうちょっと簡易なアメイロのケージと入れ替えることに・・・w

とりあえす1匹はピンセットからレプトミンを食べてくれているので、
隠れがちなもう1匹を頑張って慣らしていきます。

非公開コメント