プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推奨。

DSC_1641.jpg

上、イーラム♀、下、ケルマンシャー♀。

DSC_1653.jpg

左、ケルマンシャー♀、右、ケルマンシャー♂。


メス2匹はすくすくと成長中。オスの方は相変わらずエサ喰いが安定しないので、体重も微増止まり。
つーか一年以上早く産まれてるのに手にとった時に下2匹よりバタつくというのはどういう了簡だ。
もうちょっと落ち着きなさいよ。

一応2産地3匹飼ってる経験上言うと、流通している3産地の中ではイーラムが一番飼いやすくてオススメだと思う。
うちのメスもオスのようなピーキーさは無いものの、やっぱりちょっと一癖ある感じだし、
唯一飼っていないフゼスタンも、給餌に一工夫しているお方が居るようなので。

イーラムはもう、本当にチョロい。完全にレオパの延長で飼えている。
まぁうちに居る中で唯一国内CBだから、というのも大きいかもしれないけど。

高円寺の名店が今後もコンスタントに殖やしていくだろうし、国内ではイーラムが主流になっていくのかね。
いずれイーラムもオスを迎えると思うけど、とりあえずケルマンシャーを殖やしていかなければ。
とりあえず来週、ワイルドの現物を見に行ってモチベーション高めてきます。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。