プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝具。

基本的にギャンブルって殆どしないんですが麻雀だけは大好物でして、
運が無いなりにそれなりに遊んでいるわけなんですが、先日半荘3回で2回役満を上がる、という
今後の運量の残高が心配になるレベルの大勝をしまして。

で、基本的にレートは5の5-10なんですが、その日打ったのが幾つかある一緒に打つグループのうちでも
麻雀キチガイの揃ったメンツで、当日のレートが10の10-30。
思わぬあぶく銭が手に入り、何かパーッと遣おう、と思って考えついたのがコチラ。


018_20140830104851da7.jpg


Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

ニコンのナノクリスタルコート技術を採用したレンズ群の中で、最もコスパの高い逸品。

新品で購入しようと思ってたんだけど、ヤフオクをだら~っと眺めてたらちょうど終了直前の出品があって、
冷やかし半分で入札したら一発で、想像以上に安価で落札することが出来た。


014_201408300545391b5.jpg

しかも、まさかの製造初期の日本製(後期はタイ製)。
服飾系とはならともかく、こういった工業製品で生産国によって造りに違いが出る、みたいなのは
正直オカルトだろ、と思ってるんだけど、こういうサプライズは嬉しいところ。
つーか出品者さん、日本製を明記してたらもっと高値で売れたんじゃねぇの・・・?


というわけで、早速試写。

DSC_0035_20140830054540646.jpg


DSC_0036_2014083005454184e.jpg


DSC_0066.jpg


流石に105mmほど気軽に大きく撮る、というわけには行かないけど、描写はこっちのほうが好みかも。
焦点距離が短い分、ボケが控えめなのも新鮮。

元々持ってた105mmだと、ビバリウム内の小さなカエルを撮るには丁度いいものの、ヤモリとか大きな生き物を
室内で撮るには寄れすぎる、と思って購入したんだけど(旧型は持ってたけどAFが効かないので・・・)、
上のオーラタスの画像の通り、トリミングしても全然成立してるので、暫くはつけっぱなしで使い倒そうかな。
そのうち旧60mmとの画質の比較なんかもしてみる予定。


さて、これで当面、レンズへの投資は打ち止め。
風景撮りとか一切興味ないので、広角レンズに対する欲求とかも無いし、
レンズ沼への入水は浅瀬で食い止められた模様。あとは本体のステップアップ。

来月の半ばに海外でカメラのイベントがあるらしく、新製品の発表なんかもそこで行われることが通例らしいので、
その辺も考えつつ、検討することにします。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。