プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

定番。

安定して産卵が続いているオーラタスだが、卵のハッチ率がどうも安定しない。

4卵発生していた3クラッチ目の卵は、現段階で2卵が白く濁ってきた。
6卵発生していた4クラッチ目に至っては、どうも全滅っぽい。
暑さのせいか?管理している部屋の室温は現在28℃前後。
もう少し涼しいところで管理するかな・・・

ワインセラーの導入も検討しているんだが、最高設定温度が22℃と、若干低すぎるんだよな・・・
もっといいものが見つかればいいんだけど。


さて、ひさしぶりにアズレウス。
アズ2匹

やっつけで仕上げた急造viv にそのまま住まわせていたのでちょっと地表が寂しかったんだが、
チャームで買いたいものがあったので、ついでにコケを追加。
今回は無難にシノブゴケをチョイス。

コケ1

コケ2

土の上でも悪くはないんだけど、やっぱりコケの緑の上にいると、
こいつらの青は滅茶苦茶映えると思う。

しかし色々と珍しいコケも試してみたけれど、
やっぱりシノブゴケやハイゴケあたりの普及種はなんだかんだで無難というか、使いやすい。
ホウオウゴケは2種ともすっかり褪色してしまったし、ヒノキゴケも若干怪しい。
結局、みんなが使っているものは、使われるだけの理由があるってことなんだろうなぁ。
次新しいvivを立ち上げるときは、もう冒険はせずに、
ハイゴケ、シノブゴケ、ホソバオキナゴケあたりに絞って使おうと思う。


アズアップ

顔を近づけてビバリウムの中を覗き込んでいたら、何を思ったか奥のほうから
扉に向けて跳んできた。慌てて撮ったので、ピントはボケボケですが。

ルックスだけじゃなくて、こういう愛嬌のあるところも、不動の人気No.1の秘訣なんだろうな。
コイツを選んで後悔する人って、多分あんまり居ない気がする。
オーラタスなんかは、あんまり観察できなくて不満を持つ人もいそうだけど。
コケxアズ

どうも体型を見る限り、性別は2匹とも一緒っぽいんだけど(♂♀は不明)、
当面は繁殖ターゲットでは無いので、気長に付き合っていきます。


スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

Comment

おはようございます!
ダメになるタマゴがおおいですか…
高温?
僕の部屋も同じ位の温度です。

酸欠?
少しだけ水量が多い。

蒸れ?
密閉した容器での管理

上下反転
これは僕が勝手に思った事です。
少し長くなります。
うちでの産卵状況からの推測です。
タマゴがシャーレ、フィルムケースなどにあった時はそのままの形で取り出し管理します。
しかし葉の上などでどうしてもかき出さなくてはならない時に、ペペさんの状態になるタマゴが多い気がしているんです。
かき出す際にタマゴの上下が反転してしまうと水に浸かっていない部分があったとしても酸欠状態になるのではないかと…
僕の考えでは、受精が完了ししばらく時間が経った時点で上下での役割が決まり下側は固定、上側は呼吸の分担になるのかなぁ⁇
なんて思いました。

しかし、かき出したタマゴでうまくいっている物もあるので確信は有りません。
ご参考までに〜

No title

多分ですけど、
一枚目の画像で見る限り、
右がオスで左がメス(指の長さ、太さ、吸盤の幅、手足の長さ)だと思います。
三枚目の画像で背中を向けているのはメスだとおもいます(胴の長さ)。
外れたら、ごめんなさいw。

Re: タイトルなし

渡辺さん、流石です・・・

全滅した4クラッチ目は、たまたま内側にフィルムケースをセットしていなくて、
卵を搔き出したものでした。
別のクラッチのものは、水量が多かったのかな・・・

ハッチした2匹もダメになってしまったので、ちょっと真剣に仕切りなおします。

Re: No title

たーさん

う~ん、わからないww

たまにペアに見えるときもあるんですけど、
記事を書くときに見比べたら、まったく違いが見つけられなかったんですよね・・・

いっそのこと2匹とも鳴いてくれたりしたら、♀を追加する気になるのにw

No title

Ww

ええとですね、

画像で一番分かりやすいのが一枚目の画像の二匹の右手をみてください。
右の個体の真ん中の指と左の個体の指(どれでもいいです)を比べると、
明らかに右の個体の真ん中の指が短く、太いですよね。
しかも、指先が、扇(おおぎ)のように三角っぼくなりつつあります。

そのほか、それぞれの左腕をみると右の個体のほうが太く、短くみえませんか?

これらのことから、かなりの確率で右の個体はオスだと思います。
また、三枚目の画像で背中を向けている個体はかなりの確率でメスだと思います。

すなわち、ぺぺさんのビバリウムの中には少なくとも、オス一匹、メス一匹の
コバルトヤドクがいると考えられます。

ただし、一枚目画像の右個体と三枚目画像で背中を向けている個体が同一という、
ミラクルな展開も絶対にないとは言い切れないので
外れたらごめんなさいとしている次第ですw







Re: No title

たーさん

丁寧な解説、ありがとうございます!
フィンガーパッドの大きさで判別が出来る、というのは知っていたんですけど、
もっとサイズの差が大きいと思ってました・・・

まぁまだベビーで買ってから大して時間も経ってないので、
当面は愛でるだけですね。
非公開コメント