プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挫折。

波乱尽くしだったバリ/コモド旅行、。
火山の噴火以外にも面白いことが沢山起こったので一日づつ、日記風に記録していこうと思っていたんですが、
貼る画像を整理して、長々と文章を書いている間にすっかり飽きてしまったので、
書いた文章はもう廃棄、適当に画像を貼って、ちょろっと解説するだけにします。

まずはリンチャ島。

DSC_0008_20140609002652137.jpg

成り立ちや観光面での立ち位置なんかはよく知らないけど、
「コモドドラゴンを見たい」という動機であれば、大体コモド島と、このリンチャ島のトレッキングに行けばいいかと。

で、コモドドラゴンを扱ったブログなんかでは大体お馴染みなんだけど、
リンチャ島ではこのオオトカゲがサイテス1に指定される前は観光資源として餌付けしていて(今はしてない)、
その時の名残で、レンジャーなんかが生活しているロッジの辺りにたむろしていたりする。

DSC_0075_201406090032219b0.jpg


DSC_0037_20140609012437815.jpg



DSC_0179.jpg

すっかり人慣れしている上に、気温が上がりすぎて活動を控えているため、緊張感ゼロ。


勿論人馴れしていない、完全に野生の個体もそれなりの数居るはずなんだけど、
残念ながら今回の1時間のトレッキングでは、一匹も見つけることが出来なかった。

以下リンチャ島ギャラリー。







DSC_0005_20140609003559e2e.jpg

野生のサル。


DSC_0108.jpg


水牛。
ちなみに乾季なんで川は殆ど干魃状態。奥に見えるのは、引き潮時の海水の残り。
更に奥は、マングローブの森(あ、マングローブもっと撮っておけば良かった。)



DSC_0078_20140609003601032.jpg

足の裏。触りたかった・・・。


DSC_0065.jpg

ブロメリアではないけれど、着床ラン。水が溜まるようなタンクは無かったので、ヤドクには向かないかな。


DSC_0087_201406090041572f5.jpg


コモドドラゴンが、産卵用に掘った穴。
本命は1つで、他の穴は、蛇なんかに卵を食べられるリスクを減らすための、ダミー。

ちなみにコモドドラゴンの繁殖期は5月から8月で、その間は人の入り込まないような、
島の奥地のジャングルでペアを探すんだそうな。なので、完全に野生のドラゴンをこの時期に見るのは、
結構難しいらしい。


DSC_0034_01.jpg

半野生のコモド。
画像に写っている鳥、結構何羽もドラゴンのそばに居て(ドラゴンが休んでいた木陰を作っている樹の、
落ちた実を食べていたんだと思う)、当然この鳥も奴らから見たら食料なんだけど、一向に恐れる様子が無くて、
なんでかって言うと、自分たちのほうがこのドン臭いトカゲよりも素早いことを知っているかららしい。

DSC_0163.jpg

DSC_0164.jpg

DSC_0165.jpg

こんな感じで、あっさり避ける。
俺らが島についた時は完全にまったりしていて動く様子のなかったコモドドラゴンだけど、
トレッキングから帰ってきたのを見計らったように、ちょくちょく動き出した。上の画像もその一環。
随行したレンジャーも、こんな時間に活発になるのは珍しい、なんて行ってたけど、
どうにも躾けられてんじゃねぇの?なんて疑惑が拭えない。


一応、動画も。




なんだかんだで、やっぱり長くなるな・・・。
これで真面目に文章も書いていたらと思うと、空恐ろしい・・・。


次回更新は、コモド島(予定)。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。