プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深淵。

twitter の方で先行公開しましたが、改めてブログでも「やっちまった報告」を。


006_20140205021530c1c.jpg


Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

Nikon の誇るナノクリスタルコート技術を採用した、現行の純正マクロレンズ。
旧型の60mmマクロは持っているんだけど、エントリークラスであるD5100ではオートフォーカスが使用不可、
ナノクリも付いていない、ということでやはり現行レンズへの憧れはあった。

が、流石に新旧2モデルを同時に所有するほど業は深くないので、5月に行く海外旅行を口実に
中望遠兼用、ということで血を流すことに。


テンションアゲアゲで、帰宅後即、愛機に装着。

005_2014020502153266b.jpg


004_2014020502153170d.jpg



・・・ズームでも望遠でも無いのに、本体よりデケェ・・・
勿論本体より重い。


まぁ、このクラスのレンズを買う人間は、多分まず本体の方をクラスアップさせるだろうしなぁ。
まぁ俺は、少なくともあと2~3年はコレでいきますが。


早速テスト。

DSC_0091_20140205024019a88.jpg

DSC_0016_201402050240212cd.jpg

DSC_0027_201402050240216cd.jpg

DSC_0083_20140205024022956.jpg


すべて室内撮りで逆光もクソもないので、ナノクリがどうのは全く実感できず。
描写も、旧60mmと較べても、大して違いがあるようには思えない(コレは俺の技量もあるんだろう)。
あと、本体よりもレンズが遥かに重いので、シャッターを押すときに全く安定しない。

まぁそのへんは想定の範囲内。で、メリットだけど、
焦点距離が長いので前ボケが出しやすいのと、遠くから撮れるので生体にあまり警戒されずにすむ。
寄らずにすむことで採光が捗って、シャッタースピードが稼げるのも良い。
あと、話しには聞いていたけど、オートフォーカスは爆速。
結局マクロ域での生体の撮影時にはマニュアルで頑張ることになるんだろう、と思っていたので、
コレは嬉しい誤算。


とはいえ、まだまだ持っている機材を活用するには技量が足りていないので、
また次の休みにでも、カメラ担いで何処か遊びに行ってこようかと。
いざ現地でコモドドラゴン撮ったらブレブレ、なんて事態は避けたいしな。

しかし、新しいレンズってテンション上がるな・・・
「沼」に嵌まらないよう、気をつけます。





スポンサーサイト

Comment

No title

私も、Micro Nikkor 105mm F2.8使ってますよ。相当古いタイプですけど。もう、10年以上使っています。私のブログの生き物の画像は、このレンズを使ってます。モーターが旧式でオートフォーカスが遅いので、すべて、マニュアルに切り替えて撮影してます。カメラ本体も、D200で、かなりの旧式です。レンズもカメラも、うまく付き合えば、”地獄”に、はまることはないでしょう。

Re: No title

tanakaさん

まだ外に連れ出してないですけど、105mm、野外撮影にはちょうど良さそうですね。

僕がカメラをnikon にするにあたって影響を受けた人が3人くらい居るんですけど、
tanakaさんがそのうちの一人ですよw
購入前、中古のD90とか探したりしましたw

カメラもレンズも気になるのが色々あるんですけど、キリが無いのでこのへんにしときます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。