プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難解。

先日通販で、こんなものをゲット。

010_2013122002583333d.jpg


ステキなヒルヤモリ(意訳)



全編ドイツ語なんで勿論全く読めないんだけど、ネットで知識を得るにしても限界があるし、
図鑑的な意味で一冊くらい持っていてもいいかな、と思い購入。まぁ時間があれば翻訳もしていきますが。


で、ざっと流し読みだけしたんだけど、日本の飼育者の皆様のブログなんかを拝見して得た知識と、
異なる点がチラホラ。
グランディスとかkochi(コーチ?)とか、madagascariensis の亜種として認識していたものが、
この本だと独立した種として紹介されている。ちょっと古い本、ということなのかな?

愛するヒロオは、この本だと2種。
うちのメス2匹の、赤の斑紋の色が薄いんでどんなもんなんじゃい、と思っていたんだけど、
どうもうちに居る3匹は全部基亜種で、色の濃淡は純粋に個体差、あるいは地域差の模様。
亜種の方(P.l.angularis)は、もっと全体的に青味掛かった色らしい。


他のモルフの項目も、時間があるときにのんびり読み進めていきます。


スポンサーサイト

テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

Comment

No title

おお、緑でガラスにピタッとするアレの本ですな。
うん、ほしい!

No title

うん、全く興味無いけど、洋書と聞くとほしくなるのは何故だろう?

うちにも一冊、ヤドクの洋書があるけど全然読んでないw
図鑑だからたいしたこと書いてないだろうと写真集として買ったけども
今はいい翻訳ソフトもあるみたいだし、飼ってるカエルのとこだけでも
読んでみたくなった。
他の勉強はともかく英語の勉強はしておけばよかったな。

Re: No title

たーさん、そろそろヤモリも欲しくなってきたんじゃないですか?
始めるときは、アドバイスしますよ。上から。

Re: No title

ヨンちさん

ヘビの飼育書(英語)も持ってますけど、意外と大したこと書いてなかったりしますよw
最低限必要な知識は、ショップの店員さんからも入りますからね~。
「飼育書を持っている」というカタチが大事かとw
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。