プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育環境 ラフグリーンスネーク

先日ネット通販で、こんなものをゲット。
013_201310210231034a9.jpg


はじめてのラフグリーンスネーク(意訳)。

手に入れてから、まだ軽く流し読みしたくらいで真面目に訳したわけではないんだけど、
ぼちぼち立ち上げも済んだ、と言えそうなので、うちの環境と照らしあわせてざっくり紹介していこうかと。
考えながら書いていくので、まとまりのない文章になってしまったらスミマセン。


さて、飼育をはじめてまだ一ヶ月足らずなので暫定ではありますが、行きますか。






006_20131021023318c07.jpg

ラフグリーンスネーク 1ペア飼育。


・ケージ グラステラリウム3045
    流木を立体的に組んで高さを出し、植物はシンゴニウム。
    右手前は水入れ。今のところ漬かっているところは見ていないので、必要かは不明。
    霧吹きは毎日している。床材は、ヤシガラ。


購入したハチクラの店員さんには3045で終生飼育できる、と聞いたんだけど、
飼育本だと、所謂60水槽が勧められていた。
別に店員さんを疑うわけではないんだけど、実際のところ若干窮屈そうには見える。
コレは俺が、ヘビの飼育に慣れていないからそう感じるだけなのかな?

今、ちょっと大きめのケージ(4560とか?)を用意して、
ヒルヤモリと同居させられないか、ちょっと考え中。
飼育本の著者も、ヤシヤモリと同居させているらしい。


そうそう、店員さんといえば、ベテランっぽい店員さんに色々話を聞いてから一度ブースを離れて、
買うときは別の若い店員さんだったんだけど、イエコのサイズ、どれくらいまで食べられますかねぇ、と
訊いたところ、「エサはマウスですよ」とサラッと返事されて、若干モニョってしまった。
慌てて別の店員さんが訂正してましたが。

まぁ、気にするな(偉そう)

さらに店員さんと云えば。
夏にラフグリーンの入荷が無いか尋ねた時、もし見つけたら入荷して連絡をもらえるようにできないか、と
お願いしたら、ちょっと食い気味に「無理です」と言ってきたペポニの兄ちゃん!




入ってきたじゃねぇか!





しかも完売したからって、追加入荷までしてるじゃねぇか!!


話を戻す。


・エサ  イエコ2S。

2日に一回、ヒルヤモリのケージと一緒に適当に放り込んでいるので、具体的な必要匹数は不明。
ハニーワームなんかをピンセットで口元に持って行ったりも試しているんだけど、
流石にまだまだ警戒心が強いのか、全く反応してくれない。
コオロギの捕食自体、今日初めて見ることができた。

サプリは基本的にはCaをダスティング。
リコリスさんが紹介してくれた、EXOTIC ビバZONE様のブログを参考にさせていただくと、
各種ビタミンなんかも重要らしいので、今のところ給餌二回に一回程度、アミビットも添加している。
そのうち両生類用ではなく、ちゃんと爬虫類用のサプリも買うかも買わないかも。

上記のブログ、サプリを効率よく摂取させるためにアシスト給餌なんかも行っているんだけど、
自分には荷が重いので、そちらは参考にしていない。


・照明  レプティグロー 2.0 26W 1灯。

おそらく紫外線は必須だと思うんだけど、そこまで強いものも必要ないだろう、と思うので、
無難に2.0を選択。エキゾテラのコンパクトトップに装着中。
現在ヒルヤモリのケージ2本と並べて飼育していて、それぞれにUV灯を使用しているんだけど、
流石に数が増えて鬱陶しいので、今日、ペポニで中古の60センチ水槽用の蛍光灯本体を買ってきた。
チャームに注文したものが届き次第、UVB2.0、20Wのライトに変更予定。



・気温、湿度  昼間 28℃ 夜間 24℃ 湿度60%(予定)

まだ迎えたばかりで真夏も冬も経験していないので未知数なんだけど、
飼育本では温度は21.1℃から26.1℃、ケージの中にホットスポットを設けて、そこを
26.7℃から29.4℃程度で維持、とある。数値が半端なのは、本では摂氏でなく華氏表記のため。

ホットスポットを設置するにはケージが狭すぎるので、うちでは上記の気温を目標にする予定。
ただ、名古屋レプ後もしばらく暑い日が続いて、ケージ内が31℃程度まで上がるときも多々あったが、
今のところ問題はないように見える。
ただ、27℃程度に下がってからのほうが元気そうに見える。全くの主観ですが。
単に環境に慣れて、元気になっただけかも知れないし。

DSC_0088.jpg


さて、現状書けるのはこんなところだろうか。
今後ケージを広くしたりとかすることもあると思うので、その時はまた追記していきます。
まだ完全に読破したわけでもないんだけど、飼育本にも今日書いていないことも色々と載っているので、
これから飼育を始めようとする人、極力答えようと思うので遠慮なく質問してください。
ラフグリーン仲間、募集中なので。


DSC_0068_20131022014422dd1.jpg

飼育本にも「ハンドリングには不向き」なんてことが書いてあって、
「ヘビを飼う」というイメージからはますます遠ざかっている感じだけれど、
そんなことはものともしないくらい美しく、魅力的なヘビだと思う。
ヒルヤモリとかを飼っている人なら、すんなり馴染むんじゃないだろうか。
ヒルヤモリとは違って、プラケじゃ飼えそうにないですが。


写真はもう、馬鹿みたいに撮りまくっているんで、またちょこちょこアップしていきます。
スポンサーサイト

Comment

おはようございます~

キレイですよね。

前にお話した通り、マウスはアウトですが、コオロギやミミズ食なら、、、

自宅に戻った際には、この辺の飼育をはじめてみますね。

ラフグリーン、アオカナヘビと同居しているケースを聞いたことがあります。試しに餌用ヤモリと同居させてみては良いかも。

Re: タイトルなし

波箱さん、こんばんは。

お褒めいただき、ありがとうございます!
鑑賞だけを考えるなら、本当に素晴らしいヘビだと思います。

せっかくエサを自家繁殖しているんだから、飼えるものはお互いチャレンジしてみたいですよね。
頑張ってノウハウを蓄積して、お待ちしてますw

そちらでもたまには、カメレオンの記事なんかもお願いしますw

Re: タイトルなし

yadoku33さん、こんばんは。

>アオカナヘビと同居

それはなんというか、贅沢だなぁ・・・
ちょっと大きめのケージで、グズマニアなんかの赤い花でも咲かせた日には、
それだけで最高のテラリウムになりそうです。

ニホンヤモリが今ウチに居るんで、試しに入れてみてもいいんですけど、
昼行性じゃないと結局参考にならない気がするんですよね・・・
まぁしばらくは、現状維持で。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。