プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔狂。

DSC_0552.jpg


結構前の話になっちゃうんですけど、某巨大掲示板の某板の某スレッドで
「学名がカッコイイからとかフザケた理由でオバケを飼ってる奴が居る」なんて書き込みを見かけまして、
まぁ自意識過剰の可能性も勿論あるんですけど、よっぽど僕のことだと思うんですよ。

こんな零細ブログにもアンチが発生することは起こりうるんだなぁ、とちょっと感動にも似た感情を抱いたわけなんですけど、
購入理由としてどんなものだったらふざけてないのかなぁ、というのはちょっと気になりますわな。
ユーブレの中で最大になる種だから、という理由ならふざけてないのか、ユーブレをコンプリートしたいという理由なら良いのか、
そもそも崇高な動機で欲しがってるけど飼ってない人より理由がどうあれ5匹も買って6匹目まで探してる奴のほうが
頭の残念さはさておきよっぽど真剣に向き合ってるじゃねぇか、と思ったりとかね。


まぁ要するに何が言いたいかというと
別にいいじゃねぇか畜生こっちは繊細なんだよほっとけよ。



あ、繊細は多分ウソ。根に持つタイプってだけですね。



スポンサーサイト

模倣。

さて、前回の続き。


自分はビバリウムを新規に立ち上げるときは毎回なにかしらテーマなりコンセプトなりを決めて、
それに沿って作成しているわけですが、今回のコンセプトはこちら(デデン

続きを読む

着手。

来週早々に半年待ったヤドクがようやくうちに着くことになりまして、
作るっていって放置していたパルダリウムケージのビバリウムの作成に遂に着手。

で、まぁ最近ヤドクを始めた人たちがやたらと多い印象なんですが
みんなすでにカッコいいビバリウム作って繁殖まで進んでる人も多数なので非常に今更感が強いんですが
なんとなーく作成手順をアップしていこうかと。
まぁ偉そうに言っていて自分が手順をミスった箇所も多々あるんですが。

画像多いんで畳んでおきます。


続きを読む

後家。

DSC_0484.jpg
Phyllocrania paradoxa  × Justicia sp

もうだいぶ前になっちゃいましたが、写真のメスに数週間遅れて、オスも終齢に向かい脱皮を始めたわけですよ。
というか仕事から帰ってきたら脱皮の途中で、あろうことかカップ内に放り込んでおいたコオロギに羽根を囓られてまして
その不躾なコオロギはメスに与え、無事に生殖活動を行えるのか不安を覚えながらもその日は就寝し、
朝見たらそのオスは骸になっていまして、よくよく観たら既に腹も食い破られてました・・・


それから早数ヶ月が経ち、このメス無精卵を通算4回ほど産んだんですが、ぼちぼち天寿を全うされる頃かと。
なので写真を撮るのもこれで最後になるかな。

自分の不注意でオスには申し訳ないことをしちゃったなぁ。
今回の反省を活かして、また次回の入荷の際にはもう一度チャレンジしようかと。タンザニア便とかでしたっけ、こいつら。

DSC_0478.jpg
Justicia sp x Phyllocrania paradoxa  

主役を入れ替えてもう一枚。

草は愛知県長久手市にある、なんでもビーシュリンプに関しては日本一であるらしいアクアショップCRIMSONさんの
6周年記念イベントに参加していたHeatWave古賀氏から購入。実は顔を合わせるのはこれが初めてだったんですが、
初対面から中々に黒い会話を繰り広げさせていただきまして、滞在時間は短かったものの色々と面白い話も聞けました。
古賀さん、今後共よろしくお願いします。

CRIMSON、というかエビなり水草なりのショップに遊びに行くのはこれが初めてだったんですが、
おしゃれでキレイなお店でした。水草やエビからヤドクに流れてきて気がついたらヤモリも飼ってる、なんて
ケースが周りで後を絶たない現状を見るにアクアと両爬飼育って割と親和性の高い趣味だと思うんですが、
両爬ショップの汚さ臭さに慣れている身としてはなんか微妙な居心地の悪さが・・・
まぁそれはそれとして、いずれHeatWaveにも遊びに行きたいなぁ。



ぼちぼちパルダリウムを使ったビバリウムの記事もアップしなきゃな。
つーかとんぶりで愛好会のメンバーから草を買っておけばよかった・・・失敗。





習作。

DSC_0504.jpg

Eublepharis angramainyu 'Ilam'
オバケトカゲモドキ ”イーラム”

現状某所の丸パクリ、劣化版なので、ここからどう自分っぽさを出していくか。
まぁ一眼、それもNikonを手にすることになった理由の二人のうち一人であるわけで影響の大きさを否定しても仕方がないので、
しばらくは模倣に勤しもうかと。


017_201511210909155e7.jpg

半年以上前にお願いしておいて、とんぶり市で受け取ってきたメス。栄えあるWCxWCのF1。
あとはフゼスタンのメスで一応コンプリート。でもその前にカットバかな。
両方資金を積み立てておかなければ・・・





陰湿。

DSC_0143.jpg
Ranitomeya summersi

またとんぶり市のときの話なんですが、
ブースに遊びに来てくれた古参のヤドク仲間2人と喋ってたときのことなんですけど、
「遠回しに濁してはいるけど、”あの店”を一番攻撃しているのって実はぺぺさんだよね」みたいなことを言われまして
当日はショックの余り仕事が終わって帰ったらすぐ寝ました。


・・・違うんだ・・・そんなつもりじゃないんだ。
俺はただ、ブラックジョークでしか自分を表現することが出来ないだけなんだ(イヤな野郎だな)
自分のジョークでみんなを楽しませたいだけなんだ。


実際のところ僕、他の人よりわりかし早い段階であの店から手を引いたんで、
取引面では「そんなに」嫌な思いってしてないんですよね。向こうのブログで標的にされたりはしましたがきっちり反撃したし。
なので関係ないっちゃ関係ないんですけど、まぁ向こうは僕らのブログ読んでないらしいから良いじゃないですか。
仲間内で「しょうがねぇなあ、ぺぺは」みたいな感じで苦笑していただければ何よりですよ。


とんぶりでは本当に色んな人と色んな話したんで、しばらくはブログのネタも安泰だな。
貼る画像が尽きなければ。



御礼。

DSC_0436.jpg

多分 Ctenolepisma villosa (ヤマトシミ)

先日のとんぶり市での出来事なんですが、開場後しばらく経った頃、スラっとした感じの美しい女性が当ブースに訪れまして、
「ぺぺさん居ますか」なんて訊いてきたわけですよ。
で、確か左隣に居たトモさんだかシズクさんかどっちかが僕のところに誘導してきまして、その女性は僕に紙袋を手渡し、
そのままうちのブースの逆側の端っこの渡辺さんとかが居る方へ立ち去ったんですが、

俺 「( ゜Д゜)・・・誰?」

どうやら自分で思っていた以上にこういった予測できない事態に弱かったらしく、
まともにお礼も言えず、「どちら様ですか」なんてとても訊けずのまま一日が過ぎてしまいました・・・安定のコミュ症すなぁ。
あとからヤドク仲間のなかで顔の広い人たちに事情を話して心当たりを訊いてみたんですけど
「プミリオのお客さんじゃないか」くらいのことしかわからず、西沢氏に確認しに行く余裕もなくで正体不明のまま。


で、紙袋の中を除くとガラスの容器が入っていまして、その中に上の画像の紙魚が。
自分の飼養しているマダラシミとは明らかに違うので、おそらくブログを読んでくださっていて、僕が持っていないと踏んで
譲ってくれたのだと思うのだけれど、何故俺に?・・・ファン?


というわけで(?)、紙魚を譲ってくださった方、どうもありがとうございます。
その時にまともにお礼も伝えられず申し訳ありません。大事にさせていただきますね。
またイベントなどでタイミングが重なる機会があれば、直接お礼を言わせてください。


あと、一番恐れている可能性として、実は既に面識があって自分が忘れているだけだとしたら
本当に申し訳ありません!




今日はここまで。





祭典。

004_20151116234301b3b.jpg

005_20151116234302b10.jpg

008_2015111623430359a.jpg

とんぶり市 2015 無事に終了いたしました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

去年は割とヒマな時間が長くて若干の敗北感もあったりしたんですけどおかげさまで今回は大盛況。
共同出展者が増えたことで出品数も恐らく3倍以上だったんだけど、多分全体の8割程度は売れたんじゃないかと。
限定1匹、というのは流石に特価で出しても手を出しづらいと思われ、ウチのオーラタスは一緒に帰宅して親のケージに
放り込まれたんですが、ワラジムシが割と好評を博しまして、おかげさまで往復の交通費くらいは楽に取り返せました。


多分ブース内で一番売上が少ないのは自分でして、まぁぶっちゃけ悔しい気持ちもあるんですけど、
ギリギリ赤字が出ない程度でも「楽しかった」以外の感想が湧いてこないというのはやはり純粋に
趣味として楽しめている証左だと思えるので、来年とかもっと頑張ってカエルを出品するにしても、去年や今年の
「楽しい」という感覚を忘れずに行きたいな、と思う次第です。あーでもやっぱり悔しいな畜生。


さて、今回も前回と同じく早退を余儀なくされたわけなんですが去年よりは多少のんびり滞在することが出来たため
貴重な出会いもたくさんありました。
某トカゲモドキの神に連れられて赴いた抹茶屋では思いもよらぬ方々と知己を得ることが出来まして、感動しきり。
そんな天上人の饗宴に無理やり巻き込んでしまったトモさん、スマン。あなたが居てくれたから色々なトンデモ話を
ただ聞いていることしか出来なかった時間もとても心強かった。

開場後しばらくしてから素敵なプレゼントを贈ってくださった方もいらっしゃいまして、この辺は次回か次々回あたりの更新で。
Twitterなんかで交流の有る方々ともご挨拶が出来てよかったです。また何処かでお会いしましょう。
ブログしかやっていなかった時期から絡んで頂けている大先輩方やご同輩、今後ともよろしくお願いします。

ケージを協賛してくださったHeat Wave店主の古賀氏にも改めて謝礼を。おかげさまでブースは終日大盛況でした。
その古賀さんも携わっている植物の一大イベント、Border Break!! が来月大阪にて開催されるので、
まだ両爬に踏み込んだばかりで植物にも手を出そうか、なんて考えている方は是非、遊びに行ってみては如何でしょうか。


運営スタッフの方々もお疲れ様です。大の大人が周りに迷惑を掛けずに真剣に遊べる場所というのはそう多いものでは
ないと思うので、これからも出展者にも参加客にも素晴らしいイベントであり続けていただきたいです。

そして我々の盟主であるところの有田毒蛙さまをはじめとする共同出展者の皆様、楽しい時間をありがとうございました。
自称第一人者が未だに醜態を晒し続けているのは忸怩たる思いもありましょうが、
今回の我々の大勝利を鑑みるに我々が魅力的で痩せていないカエルをリリースすることを
期待している人たちは沢山いると思いますので、今後とも刺激しあって、楽しみながら頑張っていきましょう。

来年も、よろしくお願いします。





品書。

気がつけば11月の第一週も終盤。
何も準備が出来ていなくて焦っているんですが、とりあえず告知をば。

11月15日 日曜日、東京都立産業貿易センター台東館にて行われる両爬ブリーダーの祭典、
とんぶり市 2015 に、矢毒同好会の一員として出展させていただきます。


去年は3名での参加だったんですが今回は大幅人数増。当ブースについての詳細はコチラ。

以下、ペペの飼育小屋からの出品リスト。

DSC_0362.jpg

うちの看板ヤドク、マダラヤドクガエル ”カリビアングリーン” 
1匹だけの出品のため、超特価の予定。

DSC_0344_201511070358468a9.jpg

今国内で見られる中では、サハラフラワーに次ぐサイズのワラジムシ、よく食べ、よく動き、よく殖えます。
キルギス共和国産 オオワラジムシ 
フルアダルト2ペアのカップと、生後一ヶ月足らずのベビーを10匹程度いれたカップの2種類準備予定。

DSC_0351_20151107035844b15.jpg

個人的なオススメワラジ、武器っぽいエッジの効いたフォルムが特徴、
オランダ産ワラジムシ
多分10匹で1カップくらいの予定。

ここで写真撮るのに飽きたんで画像はないですが、南米はユニオン島産ワラジムシ、バルバトス産ワラジムシ、
アルビノクマワラジムシも持ち込む予定。

あと、ビバリウムプランツを一種。
大した種類でもないですが・・・

044.jpg

屋久島産のヒメイタビを数株。

045_20151107042418b02.jpg

環境が合えば、一株で半年くらい経てばこんな感じで殖えます。ヤドクのビバリウムのバックパネルに這わせても面白いかと。


と、こんな感じで。一年間世話に手が回らなかったツケでヤドクは1匹のみの出品となりますが、
まぁ他の方々が一杯出してくれるんでそっちを是非よろしくお願いします。




で、冒頭のリンク先にも書いてあるんですが、九州の悪い大人達の悪巧みで
販促イベントを行うことになりまして、ヤドクガエルをお買い上げの方先着10名様にハズレ無しのクジ引きをご用意、
HEAT WAVE賞として先日紹介したRAIN FOREST Paludarium cage pro300*300*450 や、
出展者各自が用意した豪華賞品をプレゼントさせていただきます。

うちからの商品はまだ決定ではないのですが、コイツにしようかと・・・


DSC_0367.jpg

気になる人には気になると思うので、興味の有る方は、是非。ちなみにNOT FOR SALE なので悪しからず。
まぁ先日のぶりくら市では某ブースで販売していたんですが、自分の場合元がいただきものなので、
あまり貰ったものでお小遣い稼ぎとかしたくないんですよね。


・・・とまぁ、長くなっちゃいましたが告知はこんなものでしょうか。
それではみなさま、会場でお会いしましょう。





進化。


DSC_0283_20151103014031e19.jpg

Ranitomeya summersi


ちょっと前に気付いたんですが、ブログの更新を途絶えさせないコツは「如何に画像を途絶えさせないか」に
尽きるのではないかと。飼育ネタなんて多くても年間100も行かないわけですし。

というわけで、当初の飼育ブログから画像ブログに転身したのは決して退化や怠惰ではなく正常進化です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。