プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重厚。




入手してからちょっと間が空いちゃいましたが。


DSC_3879.jpg


Eublepharis angramainyu "Khūzestān"


産地付きで出回る3種(国内未入荷も含めると4種)の魔王の、最後の1柱。
ケルマンシャー以外は雌雄揃っていないものの、とりあえずは、全種制覇。


正直、こんなに早い時期に入手する気はさらさら無くて、今年後半か、来春のハムあたりで
フゼスタンもイーラムも探してもらうかな、と思っていたんだけど、今後産地付きのオバケの流通が怪しくなりそう、と
複数の筋から教えて頂きまして、居るうちに買っておかなくては、と慌てて購入。
いや、年末にリーベッキーを買い逃した後悔が、未だに尾を引いていてさぁ・・・。


DSC_4450_20150502023445953.jpg


色味はちょっと違うけど、上の画像と同じ個体。

詳しくは訊いていないけど何処かの誰かの買い込み個体らしく、かなりの重厚感。
恐らく3産地の中では最大サイズになるロカリティだと思うんですが(ケルマンシャーは他2産地と較べると
明らかに小さいと思う)、もう少し成長してくれると嬉しいんですが。

今のところ比較画像とかは撮ってないけど、やっぱり3産地で顔つきがかなり違って面白い。
国内で一番画像が出回ってるのはフゼスタンだと思うけど、やっぱり似たような顔だと思うし。
やっぱり全血統ペア揃えて、維持していきたいなぁ。

イーラムは今秋東のほうで産声をあげるであろうワイルドのF1に期待するとして、
フゼスタンも、なんとかしなくては。




スポンサーサイト

淫猥。

DSC_4691.jpg

Sarracenia purpurea

ふと食虫植物が飼養したくなって、西のベゴニアマスターに色々と聞いて画像検索してみたら、出てくる画像出てくる画像みんな卑猥でもうビックリ。
これ、フィルター掛けとくべきだろ・・・。
今まで、一番卑猥な造形の植物は蘭の花だと信じてたけど、一気にひっくり返された形。


とりあえず、安価だったのを適当に一株、買ってみました。名前メモってくるの忘れたから、今度電話して訊かなきゃな。
(5/1追記・yadoku33氏が教えてくれました。感謝!)


しかし、アンリ・マンユに続いてご立派なマーラ様まで陣容に加わって、Dark・Chaos路線一直線だな。
メシア教徒に追われる日も近い。



試用。


DSC_4625.jpg


ブログのテンプレートを変えてみた。
今まで画像の幅が780ピクセルまでだったのが、多分際限なくなったのかな?(スクロールバーはついちゃうけど)
ちょっと色々といじりつつも、しばらくこのまま行ってみようかと。






天啓。

DSC_4528.jpg


Phyllocrania paradoxa X Macodes petola

爬虫類もまだよくわかってないのに、昆虫の撮り方なんてなおさらさっぱりわからないので、
我が家のなけなしの植物と一緒に撮っていこうかと。

名付けてパラド草シリーズ(これが言いたかっただけ)



設営。

030_20150422015735cce.jpg


半年近く放置していた中古の4560のセットに、ようやく着手。
やれば1日でここまで進められるんだから、もっと早く頑張んなさいよ、まったく。


さて、何を飼いましょうか。
一応3種程度までは候補を絞ったんだけど、最右翼はやっぱり以前の雪辱だろうか。

現在、東京レプになんとか遊びに行くべく色々と画策中なので、それが叶えば5月18日には
新生体のご紹介が出来るかと。
行けなかった場合は翌日に真逆の方向へフライト予定。


表彰。または継承。

スドー©チャレンジ杯開催を宣言したのが1月28日、ぶっちゃけ何処でどのモルフが産んだかとか
ほとんど把握してないんですが、うちで2日前に2モルフ目が産んだので、ぼちぼちまとめようかと。

001_2015041702075662a.jpg

3月の18日に、アズレウスが産卵。この時の卵は発生まで進まなかったものの、その後
同じようにポンドシェルターSに産んだ卵が、現在ハッチまで進行。

032_20150417020758045.jpg



003_20150417020757d65.jpg


で、2日前、オーラタスも産卵。こっちは”M”
ぶっちゃけこの記事2日前に書こうと思ってたんだけど、ビバリウム覗いたらオーラタスが
何故か3匹でシェルター内にいたもんだから、「ああこりゃ産むな」と思って延期、
翌日確認したら案の定卵を発見。現在草のケージ内で発生待ち。

それで、肝心の順位なんですが、ぶっちゃけわかりません。
多分自分が4位くらいだと思うんですが、誰が何処で産んだか、本当にうろ覚えでして・・・
一応、有田毒蛙さんのところのレウコと、あと何処かのショップで何かが産んでた気がするんですが・・・


んでまぁ、一応一位だけははっきりしてるんで、発表しておこうかと。



栄えある第一位は、
幻想熱帯雨林の管理人、C様飼育のP.terribilis でした。
シェルターのサイズはM。
ただ、そのとき産んだ卵は発生まで進まず、その後オイヤポッキも産卵し、こちらは順調に進んでいる、とのこと。
つーか開催を宣言した当日に産みました、と連絡が来て、トップを頑張って狙う人が居たら、と思うと発表することも
憚られ、かといって自分のモチベーションは削がれてどうにもならなかった俺の気持ち、誰か分かってくれるだろうか。

まぁここまでの結果を見るに、やはりラニトメヤなんかの小型種よりも中~大型種の方が相性は良いんでしょうね。
うちのミントも、早く産んでくれないものか。



余談になっちゃいますが、先日C様のページで、大袈裟に言うと日本のヤドク飼育史みたいなものにサラッと触れてまして、
なんつーか、我が意を得たり、みたいな気分になったりならなかったり。

自分なんかまだこの趣味初めて3年とかのニワカなんで、氏の語っているサイトの大半を知らないわけですけど、
それでも現存している諸先輩方のブログやHPではかなりの知識や刺激を頂いていまして、
このブログや移転前のブログにも初めに書いている通り、自分が参考にさせてもらったように、
「次」に続く誰かの参考になればな、みたいな気持ちがブログを始める上での原動力になってるわけです。
(自分で考えついて「コレすごくね?」と思ったアイデアを、Cさんやtanakaさんあたりが既に試していた
なんてことも多々あって、その度に目の上のたんk流石だなぁ、と感心してるわけですが)

で、自分が参考にさせてもらった相手も、以前に誰かの書いたものを参考にしてそれを誰かに伝えようと考えていて、
自分がこうやって益体もない文章をネットの海にまき散らしているのもその結果なのだなぁ、なんて思うと
連綿と続いていくものに深い感慨を抱くし、そういう相手が今回あっさりとトップを取ったことが
悔しいながらも嬉しさもあったりするわけです(あれ、意外と綺麗にまとまった)。

まぁ今回、こんな感じで企画をぶち上げておいて順位とかもはっきりしないまま終わっちゃったわけですが、
今後もなんか思いついたら周囲を巻き込んで遊ぼうと思っているので、皆様よろしくお願いします。



始動。

DSC_4393.jpg


たまに2,3匹食べたと思ったら1月食べない、とか低空飛行を続けていたケルマンシャー♂が、
ようやく安定して食べるようになった。加温はしっかりしていたつもりなんだけど、半分寝てたのか?

当然迎えてから体重も横這いだったので、今後の躍進に期待。


罹患。

018_20150412070745d73.jpg

無精卵をポコポコ産みやがって、大丈夫かと心配していたニホンヤモリが、クル病を発症。
翔さん、スマン。

気づいた時には小さめのハニーワームさえ咥えられない始末だったので、
信頼の”オバケフード”にCa添加して、緩めに溶いて舐めさせる。日光浴も実施中。

復活したら、ちゃんとオスと掛けてやろう・・・。



腐臭。

DSC_4312.jpg


Phyllocrania paradoxa  ×  Aglaonema pictum "Nirvash"

「×」の前後の入れ替えで、意味が変わるとか変わらないとか・・・。

ブログで書きたいネタは幾つかあるんですが(しかも明日もネタが増える予定)、
文章考えるのが億劫なので写真で誤魔化す。
文章考えたほうが早く終わったんじゃねぇかってレベルで撮影に時間を費やしたけど、まぁ人生そんなもんだ。



盗賊。

DSC_3932_2015040803402455a.jpg

DSC_3945.jpg

蜘蛛の巣を伝って脱走を試みて失敗する、の図。
どうでも良いけど「犍陀多」ってgoogle IME の辞書に入ってないんですね。
「まきせk」だけで「牧瀬紅莉栖」が予測変換に挙がってくるのに、あの会社絶対頭おかしい。



DSC_3984.jpg

同じような柄なのに、得意分野の人気種であるバンゾリーニとか同じカテゴリーのファイアとかには
全く食指が動かないんだけど、ツエはやっぱりもうちょっと欲しいかなぁ。
クロカタスとバランは実物見て「別にいいや」ってなったので、そのうちクルドは見てみたい。


傍観。

DSC_3493.jpg

「某所で何か起きるとウチのブログのアクセス数が上がる」という
意味の分からない因果関係が出来つつあって、ちょっと笑ってしまう。
一体何を期待されているんだ・・・


まぁ、今回全然自分に関係ない話なんで、関わる気はないです。
色々と思ったことなんかは内輪ではわいわい話してますけど、表に出すもんでも無いしね。
そういや前回揉め事が起きたのが、Twitterで俺が「ただのカエル好きです」なんてあからさまに怪しい紹介文の
アカウント(yadoku555・・・ヤドク号gogo?(プゲラ)のフォロワーをブロックした翌日のことで、
とても因果関係が無いとは思えなかったなぁ(笑)


まぁ、各々「自分に責任が取れる範囲で」好きなこと言えばいいよ。


鬱蒼。

DSC_3757.jpg

シェルター周りに張り付かせたシノブゴケが、かなりいい感じに茂ってきた。


DSC_3825.jpg

Neurergus strauchii


しかし、D750の画像エンジンであるEXPEED4の仕様なのか、撮って出しだとどうにもダイナミクスレンジが広いというか、
コントラストが強すぎて好みの画にならない。いい加減 Lightroom使い始めなきゃな・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。