プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

拡張。または昇格。

019_2015022504293921c.jpg


順調にやらかし中。うん、やっぱりアホだ。
つーわけでカテゴリも新設したので、まぁのんびり愛でていきます。


DSC_2746.jpg

オランダ産。
今回購入した中では、キルギスのが主目的だったんだけど結局一番ヒットはこいつ。
手裏剣的なエッジの効いたフォルムがヤバすぎる。(こんなこと言ってるからボスにマニアとか呼ばれるんだ)
ゾイド(最近のじゃなくて、昔の)に確かダンゴムシとフナムシをモチーフにしたのは居た気がするんだけど
ワラジムシは居なかったと思うんだけど(あれ、居たっけ?)、こんなカッコイイ生き物をモチーフにしないなんて信じられない。



DSC_2752.jpg

キルギス産オオワラジムシ。
フォルムにはなんの変哲もないけど、鼈甲のような質感がステキ。
嫁に言えないような値段なんだけど、コイツをガッツリ増やしてミントに喰わせる
というのが、密かな野望。想像しただけで胸が高鳴る。

まぁその前に、同郷の先輩ブリーダー様とお互いに殖やしたワラジを交換しましょう、という話になっているので
気長に、本当に気長に取り組む予定。



スポンサーサイト

誤算。

というわけで(?)新規生体のご紹介。


002_20150220045922117.jpg

Neurergus strauchii
ストラウヒツエイモリ  オランダCB 


こないだ久しぶりに遊びに行ったアクア・トトでアカハライモリが欲しくなったりとか、
最近になって知り合ったKJさんのブログやそこから辿れる有尾仲間様たちのブログを眺めてたりとかでここしばらく
有尾熱が上がってまして、特にツエイモリに非常に関心が湧いていたんだけど、そう頻繁に入ってくる種類でもないようで
とりあえずマダライモリでも飼うかな、なんて思っていた矢先にプミリオさんに入荷。
これは天佑か、と即問い合わせて、出来ればペアで、ということで2匹ゲット。
まだまだベビーなので雌雄の判別は覚束ない、とのことだったんだけど、想像以上の小ささでちょっとビビる。



011_20150220045923f30.jpg

それなりに思い入れの強い種ならここでいっちょ薀蓄のひとつもかますところなんだけど、
本当に突発的に欲しくなっちゃったので、予備知識が全くないんだよねぇ、ツエイモリ。
サイテス1の皇帝様擁する、とかそんくらい。
あと、学名が一々カッコいい。ストラウヒだのカイザーだのクロカタスだの。
例によって名前のカッコよさは購入動機の何割かは占めてますが何か?
そういう意味では一番気になってたのはクルドツエイモリなんだけど(ほら、神話とか宗教とか好きなので)、
まぁこの類は居るうちに買っておくべきでしょ。ストラウヒ、って名前は2番めに好きだし。

諸事情あって、現在は迎える当初用意した上の画像のケージとは別の場所で飼っているんだけど、
まぁその辺の事情はまた、そのうち。
かなり気に入ってしまったので、プミリオさんで売れ残るようなら、残りの2匹も買ってしまおうかな・・・。




疎通。

049.jpg

新しい生体をお迎えしたんですが、職場にカメラ忘れるわ隠れ家多めに用意したら引きこもって出てこないわで
ちゃんと紹介するのがもうちょっと後になりそう・・・。

とりあえずハニーワームでピンセットに馴らしているところなので、もう暫くお待ち下さい。






未熟。

DSC_2404.jpg


珍しく二回連続レオパ。

今まで何も考えずに撮っていたせいで、どうもISO感度、つーか露出の設定を考えて撮れない。
魔王さまとか毎日のように撮っているんだけど、白飛び画像の多いこと多いこと。

早く記録媒体決めてLightroom使いこなして、撮って出しから卒業したい・・・。



枯渇。

DSC_2383.jpg

Eublepharis macularius

飼っていない生き物の悪口(?)言うのもアレですけど、
レオパはヒョウモン、アンリマンユはオバケ、フスカスはダイオウと、ユーブレ4種のうち3種は
それなりに捻った和名がついているのに、なんでハードウィッキーだけ「ヒガシインドトカゲモドキ」って
地名そのまんまな名前がついてるんですかね。

例えば長男「ラオウ」、次男「トキ」、四男「ケンシロウ」で三男だけ「三郎」だったら絶対グレるだろ、三郎。
あ、名前の例にに特に深い意味は無いです。



簡略。

007_2015021004063743b.jpg


006_20150210040636928.jpg


大変お恥ずかしい話なんだけれど、最近上陸した個体を含めて5,6匹は居たはずのオーラタスCBが、
何故か上の2匹しか残っていない。脱走とかはしていないと思うのだけど・・・

で、それと関係があるかはわからないけど、元々簡素なプラケ飼い、ということで環境の循環にも
限界が来ているのかもな、ということで、1年以上維持してきたこの幼稚園は廃園、ということにしようかと。
かといって新しくケージを立ち上げる時間をとても確保出来そうにないので、この2匹はメインのvivに放流して
種親になってもらおうかと。幸い2匹ともうちのCBらしい、俺好みの模様をしているので。

とはいっても、最近は卵を取り上げたりオタマを管理する余裕もないので、もうちょっとなんとかしなきゃな・・・。
有尾類やヤモリの飼育の楽さを、しみじみと感じる日々でございます。



損失。

DSC_2217.jpg

自分たちが基本的に日陰の趣味をやっているんだ、という自覚は常に持っておくべきだけど、
でもやっぱりこんなにかわいい生き物をキモい、っていう人たちは人生の3割くらい損してると思う。


ちょっと前からツエイモリが飼いたいんだけど、いつ出会えるかもわからないので、
ひとまずマダライモリでも飼ってみようかな。





爆殖。

DSC_2139.jpg

チマチマ世話をしていたユニオン島のワラジムシが、アホほど殖えた。


DSC_2172.jpg

こっちはカタール産。


どちらも既に一度株分け?しているので、2カップずつ居る。
ぼちぼちもう一回分けないとな。過密させておいたほうが増殖速度も増していくんだろうけど。

ちなみにミャンマー産のモリワラジとヒメワラジにも手を出したんだけど何故か上手く行かず、
モリワラジはコロニーが絶え、ヒメワラジはイマイチ殖えてくれない。

なんにせよ、もうちょっと色んな産地のを飼いたいなぁ。
求む、情報。




熱望。

DSC_2095.jpg


多分僕、世界で一番アイスの実を食ってる男だと思うんですが、メロン味は個人的にはイマイチだったかな。
まぁそもそも、メロンが大して好きじゃないというのがあるんですが。だってアレ、要するに瓜でしょ?
今年の夏も、マンゴー味販売しないかなぁ。そしたらもう、倉庫ごと買い占めるね。



どうでもいい話でも、細々と更新していくのだ。
ブログのトップに広告が表示されたら、個人的な敗北。