プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推奨。

DSC_2070.jpg


まだ苔以外は植わっていないものの、ボチボチ満足しているベルコーサスのケージ。
ただ、肉眼で見るぶんには大して問題ないんだけど、撮影するとやっぱりフレームが邪魔だな。

ちょうどいい背の低さのフレームレス水槽、というのが多分存在しないんだけど、ガラスケージの自作に
足を踏み入れてみるかな。でも、ガラスまで行くといよいよ末期、という気がする。そもそも時間が無いしなぁ。


DSC_2006.jpg

ベルコーサス以外のイボイモリは動きも少なくて地味、らしいんだけど、
こいつらしか飼っていない身としては想像もつかない。
餌クレしている時以外もちょこちょこ動きまわっていて面白いので、イボイモリの中では多分いちばん
一般受けするんではないかと。うちの嫁もお気に入り。

繁殖まではまだ時間が掛かると思うんだけど、暖かくなったらベランダに60水槽でもセットして、
アクアテラリウムで飼ってみるかな。こいつらが泳ぐところを見てみたい。





スポンサーサイト

開戦。

023_201501270148475d6.jpg


昨年9月のナゴレプで「近日発売」のサンプルを見かけてから早4ヶ月、ようやくスドーのポンドシェルターが販売開始。
Twitterでレポしたときはヤドク仲間の食い付きが相当良かったし、既に大人買いしている知り合いが2人居るしで
待っていた人は結構居たのでは。

素材が素焼きなので、仮に産卵されたとして卵の水分がもってかれるんじゃないか、とか
懸念材料はあるんですが、とりあえず導入。

DSC_2075.jpg


DSC_2101.jpg

大小2個ずつ買ったんだけど、一般的なケージだと、多分「大」は大きすぎるかと。
うちでもとりあえず「小」を2個試用。「大」の使用方法は、またおいおい考えます。


展示から発売までそれなりに間が有ったわけだけど、このシェルターでの産卵実績ってどんなもんなんですかね。
結局フィルムケース一択だな、なんて結果にならなければいいのだけど。
俺はとりあえず、様子を見てから底面に水を貯められる工夫とかしてみようかと。
つってもプラカップのフタを下に敷く、くらいしか現状思いついてないですが。


というわけで、第一回・スドー©チャレンジ杯開催。


みんなでコレ買って、誰のところが一番早く卵産むか、競争しません?
みんなで試せば、このシェルターをどのモルフが好むか、なんてのもわかってくるだろうし、
みんなで買って売上が伸びれば、またスドーさんから「次」の魅力的なヤドク飼育グッズが発売される可能性も
上がると思うんですが。

まぁ賞品が出たりするわけじゃないけど、もしこのシェルターに産卵させた方が居たら、是非ご一報くださいな。


欲望。

DSC_1935.jpg

バリアビリスは5匹、ミントは3匹でもう結構お腹一杯なんだけど、アズレウスは10匹くらい居てもいいな。
つーか殖えろ。



進歩。

DSC_1762.jpg

Dendrobates tinctorius "Azureus"

Lightroom 5 を購入したんだけど、D750の画像のファイルサイズがでか過ぎてHDDを絶賛圧迫中のため、
本格的に弄るのは画像処理用のHDDを購入してからにしようかと。

・・・と、ここまで書いてからふとSSDの価格を調べたら、512Gの製品が2万円台で売ってて素でビビった。
3年くらい前にPC自作した時に買ったSSD、125Gで3万くらいしたんですけど・・・。
というわけで、作業ドライブをSSDにするかHDDにするか、しばらく検討します。
それまでJPG撮って出しで。






劣等。

DSC_1896.jpg

Oophaga pumilio "Isla Colon"

ヤドクに関してはそれなりに飼育キャリアを積んできたと自負しているんだけど、
未だにおんぶを見たことがない、というのが地味にコンプレックス。

今年の目標はそれにしようかな。



隠遁。

DSC_1680.jpg

Oophaga pumilio "Isla Colon"
イチゴヤドクガエル ”コロン”


ほんの2年位前までは国内マニア垂涎のモルフだった、パナマはボカス・デル・トロ諸島の一角、コロン島の住民。
ブログで人気を煽りつつも中々自分で手にする機会に恵まれないうちに価格が急落し、今や当時の3分の1程度のお値段。
某所のセールで随分前(去年の春くらいだったかな?)にポチって、暫く隠し球扱いしていたんだけど、
その後「イチゴは隠れない」との下馬評をひっくり返す隠者っぷりを発揮して全く撮影の機会に恵まれず、
ようやく昨日、まともに撮影出来たのでご紹介。

DSC_1686.jpg


DSC_1736.jpg


可愛い外見に反して、噂に聞いていたとおり鳴き声は非常にうるさい。
いや、コイツだけなら別に我慢できるんだけど、コイツが鳴きだすと、ラック下段で飼ってるアマガエルも
反応して鳴きだすんだよねぇ・・・

鳴き声を目印に捕まっているであろうWCのカエルの宿命と言おうか、出回っているのはメスよりもオスが多めで、
うちも現在オス一匹のみ。
先日西葛西の聖地に入ったコロンはまだ残っているのかな?今度巡礼に行けた時は、是非メスを連れ帰って来たいところ。




テーマ:両生類
ジャンル:ペット

細々。

DSC_1632.jpg

2月1日から図らずも出世する予定だったんですがなんだか1週間前倒しにされ、
引き継ぎその他で来週の休みが消滅、予定していた高円寺観光がボツに。
某店のユーブレのワイルド群を見たかったんだけど、次の機会はいつになるやら・・・

相変わらずマトモに休みが取れるようになる時期が不透明なので、
最近の傾向に引き続き本来の趣旨であるDIYや飼育情報は今後も少なめになると思われますが、
省エネ写真ブログとして細々と更新していこうと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


テーマ:両生類
ジャンル:ペット

推奨。

DSC_1641.jpg

上、イーラム♀、下、ケルマンシャー♀。

DSC_1653.jpg

左、ケルマンシャー♀、右、ケルマンシャー♂。


メス2匹はすくすくと成長中。オスの方は相変わらずエサ喰いが安定しないので、体重も微増止まり。
つーか一年以上早く産まれてるのに手にとった時に下2匹よりバタつくというのはどういう了簡だ。
もうちょっと落ち着きなさいよ。

一応2産地3匹飼ってる経験上言うと、流通している3産地の中ではイーラムが一番飼いやすくてオススメだと思う。
うちのメスもオスのようなピーキーさは無いものの、やっぱりちょっと一癖ある感じだし、
唯一飼っていないフゼスタンも、給餌に一工夫しているお方が居るようなので。

イーラムはもう、本当にチョロい。完全にレオパの延長で飼えている。
まぁうちに居る中で唯一国内CBだから、というのも大きいかもしれないけど。

高円寺の名店が今後もコンスタントに殖やしていくだろうし、国内ではイーラムが主流になっていくのかね。
いずれイーラムもオスを迎えると思うけど、とりあえずケルマンシャーを殖やしていかなければ。
とりあえず来週、ワイルドの現物を見に行ってモチベーション高めてきます。




不貞。

DSC_1512.jpg

久しぶりにオーラタスが上陸。

どうも今までと男親が違うのか(ウチは♂2、♀1のトリオ)、うちにしては珍しく黒色の部分が少ない個体。
以前のラインの方が好きなので、頑張れ、元カレ。



順応。

DSC_1597.jpg


DSC_1566.jpg

やっぱりケージがキレイだと撮影のモチベーションも上がるのだけど、未だに現像ソフトで悩んでいて
D5100を使っている時に採っていた「設定とか気にせずにRAWで撮りまくってあとから弄る」という方法が使えず、
露出が甘い画像を量産中。
LightRoomの体験版を入れてみたんだけど、どうも体験版だとD750のNEFファイルが読めないんだよねぇ・・・。
D5100の方のファイルは読み込めたのでちょこっと弄って見たところ、操作性は抜群に良かったので、
真剣に導入を考えるかな。



消息。

DSC_1542.jpg

Gekko japonicus

ニホンヤモリ WC(東京産)

去年のとんぶりで、飼育仲間の翔さんに頂いた個体の片割れ。

うちに来てから早2ヶ月、ぼちぼち紹介しておかないと死んでないか心配されそうなのでご紹介。
翔さん、ありがとうございました。

ベビーも元気でやってます。

DSC_1589.jpg

うちに来た時は精々フタホシのピンヘッドくらいしか食べられなかったのが、現在はイエコの2Sまでは普通に食べる。
ご覧のとおり成長速度に差も出てきたので、ぼちぼち別居させるべきか。


DSC_1539.jpg

フルアダルトのニホンヤモリってひょっとしたら初めてみたかも知れなくて、立派な体躯にちょっと感動。
地味だけど、下手な海外産のヤモリよりも全然カッコいい体型していると思う。地味だけど。

実家の玄関に住んでたヤモリをここ数年全く見なくなってしまったので、
ちょっと頑張って殖やして、うちの守り神になっていただこうかと。

まぁ、のんびり頑張ります。



即席。

038.jpg

適当に水槽と流木を用意。



039_2015011113251582f.jpg

軽石を敷いて、



003_20150111132238405.jpg
水で戻したヤシガラを敷き詰めて(今回は流木周りの処理が面倒だったので、洗濯ネットは無し)、


009_201501111322365fa.jpg

コケを載せて、落ち葉をばら撒いて、トータル5分程度でベルコーサスの新居の完成。



DSC_1477.jpg


DSC_1454.jpg


やっぱりレイアウトを頑張ると、住人の気持ちがどうかはともかく、こちらのモチベーションが違うな。
どんな草を植えるかとか、まったく考えていなかったので、完成はまた後日。



テーマ:両生類
ジャンル:ペット

反省。

DSC_1170.jpg


DSC_1174.jpg

Tylototriton verrucosus


フラッと覗いたブログで、コイチョウイボイモリをすごくキレイなビバリウムで飼ってる人が居て、
ヤシガラ敷いて水入れとウェットシェルター突っ込んだだけのケージで飼っている我が身がちょっと恥ずかしくなり、
ヤドクのビバリウムに放り込んで写真を撮ってみた。勿論撮影後、もとのケージに帰した。


考えたら照明も設置してないし、もうちょっとレイアウトを頑張るべきだろうかとちょっと反省。
ワイルドクワリウムが1個余ってるし、ミントの引っ越し用に4560のビバリウムを立ち上げる前に、
適当に一本ちゃんとしたケージを立ち上げるかな・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。