プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希少。

DSC_0001_01_20141128034427285.jpg

Ranitomeya summersi


滅多に見ないうちのサマージーを久しぶりに2匹とも見ることが出来た。
生きてたんだな、お前ら。

こいつらもちょっとガチで殖やしたいんで、もう1ペアくらい追加したいところなんだけど、
一度Elaine女史に在庫を問い合わせてみるかな。
もうちょっと円高なら、周りを巻き込みやすいんだけどな・・・。



スポンサーサイト

憤死。

DSC_0060_20141127033917cfa.jpg


メス2匹の希望で買った2匹のミントのうち「あーどうもこいつオスじゃねぇかな」と思っていた個体が
案の定元気よく鳴き出したので、万が一画像の子がメスでなかったら、
ミントの繁殖計画は再度白紙からとなります。


頼むよ、ほんと・・・












悔恨。

DSC_0017_2014112703283887f.jpg


時が経つごとに、リーベッキーを買い逃したことの後悔が心を苛んでいく。

だって俺、売約が掛かる前に実物を店で見て、店員さんと話もしたんだ。
向こうも頑張って売りつけようとする気配があったし、11月中くらい残ってると思うじゃない。
その日のうちに売れてしまうなんて、誰が思うか。

でもケージのセットの目処も立たないのに売約掛けて、結局なんともなりませんでした、じゃ後悔どころの話じゃないしなぁ。
まぁ今後はもっとこう、瞬発力を大事にしていこうかと。


で、空いたケージに嫁が帰ってくる前にライノラットでも買って入れて、既成事実で押し切ろうかと思って見に行ったら
半分くらいツノがもげてやんの。


誰 が 買 う か 。






主役。

DSC_0002_01_20141125024310d94.jpg


最近自分でも忘れがちですが、このブログのメインコンテンツはヤドクガエルで御座います。


葉っぱ、特に霧吹き後は照明の反射が五月蝿くてかなわん。LEDの赤と青まで写りこんでるし。
ケージと照明の間に、トレーシングペーパーでも噛ませてみるかな。
植物の成長に影響がなきゃいいけど。



格差。

DSC_0004_201411210302347f6.jpg


昨日ようやくヤモリ達のラックを温室化しまして、
現在我が家で無加温の生き物は、こいつらと家主のみとなりました。




独白。

DSC_0027_20141120034238bdc.jpg

別段誰も興味ないだろうから半ば独り言になってしまいますが、うちの魔王さまのご実家はケルマンシャーだそうです。
フゼスタンよりも手足が長く、イーラムみたいに美白じゃない、中間的なタイプ。



DSC_0050.jpg

ちなみにイーラムも飼ってたりします。


Phelsuma だのEublepharis だののコンプリートは自分には大それた野望だけど、魔王さま全員集合、くらいは
なんとかなるんじゃなかろうか。


まぁ当面の目標は、ケルマンシャーのメス探しで。


憤慨。

DSC_0351_201411200114411c7.jpg

多分ホオグロさん?フローレス島のホテルにて。


この連勤が終わる頃にはD750が18万円を切っているに違いない、と信じて頑張っているわけですが、
久しぶりにカカクコム見てみたら値段あがってやんの。どうなってんだ一体。





回想。

DSC_0435_01.jpg

某所に対抗して(?)、海外のトカゲ。
つってもこっちは同定出来てないですが。知識ないしね。フローレス島にて撮影。


幸か不幸か、フローレス島には想定外に長めに滞在したんだけど、あんまりフィールドには出られなかった。
嫁をほっぽっておくわけには行かないし、万が一大怪我したり毒蛇に噛まれたりしても、飛行機が飛んでないわけで、
治療も覚束ないし、無理するわけにはいかなかったので。

ただ、帰ってきてから、フローレス島は両爬も魅力的なのが居たりとかクワガタもデカいのが居たりとかってのを知って、
もうちょっと真剣に探せばよかったかな、とも思ってしまう。


P6020208.jpg


唯一、単身2,3時間ぶらついた里山(?)。
なんだかんだ楽しかったし、また行きたいなぁ。





迷走。

059.jpg

もう一週間以上前に受け取ったグラステラリウムの4560をようやく開封したんだけど、
当初とんぶりで購入する予定だったスタンディンギィは敢え無く売約、
どっかで手に入らないかとずっと思っていて、奇跡的にペポニに入ったリーベッキーは瞬殺と、
予定が全くの白紙に戻ってしまった。どうすんだコレ・・・


これまたペポニに入ったWCのスタンディンギィが残っていれば買うか、
ミントを飼ってる3045のバージョンアップに使用して、同時にティンクを1種くらい増やすか、
嫁が居ない間に、なにかこのサイズで終生飼えそうな蛇を探してこっそり導入するか・・・。


そもそも論として、ケージのセットする時間なんかいつ確保出来るのか、という問題も。


ホント、どうしようなぁ。




深淵。

DSC_0074_20141116043959192.jpg


前回更新のときのアレとか今回のコレとか、ちゃんと紹介&関係者にお礼を表明しなければいけないものが沢山あるんですが、
やっぱり紹介するなら、普段通りの溢れる文才と写真技術を駆使したいじゃないですか。
ちゃんと余裕ができたら、改めて紹介していこうかと。


撮って出ししたら、なんか実物とちょっと違う感じに撮れちゃった。
もうちょっとライティングも頑張って、キレイに撮れるようになりたいな。


あ、「液肥」ってハイポネックスってやつで良いんですかね?




疎遠。

DSC_0029_2014111402513412c.jpg

R.variabilis "Rio napo"


「ずいぶん休んでないみたいだけど、夫婦仲とか大丈夫?」とか心配している方、余計なおs
お気遣いありがとうございます。

実はうちの嫁、俺の連勤と時を同じくしてインドに出かけておりまして、今月いっぱい帰ってきません。
ぶっちゃけ俺もあんまり構っている時間もないので、いいタイミングだったかと。
家事する時間もないので家の中はボロボロですが。


生体の持ち出しとか厳しいらしいけど、こっそりフスカスとか捕まえてきてくれないもんか。
この際ハードウィッキーでも良いぞ。あ、野生のカメレオンは見たらしいです。インドにも居るんですね、カメレオン。





難航。

相当久しぶりの繁殖ネタ。


034.jpg

上陸間近のバリアビリスが、どうもSLSっぽい・・・。
半年近くぶりの上陸だっただけに、非常に残念。一応オタマはまだまだ居るので、今後に期待。


035.jpg

アズレウスが産卵を開始したのって、ブログで書いたかな?
で、発生までは初卵から行っていたんだけどなかなかハッチまで進まなかったのが、ようやく2匹ハッチ。
アズレウスもバリアビリスに匹敵するくらい上陸までの期間が長いので、気長に行きます。
初上陸のお知らせが出来るのは、多分春頃かな?


039_201411130346076fc.jpg

ワインセラー内に入れたフィルムケースで飼育していたバリアビリスは、なんとか後ろ足が出るところまで進んでいる。
低温(20℃)、省スペースと2つの実験を同時に行っていたわけだけど、どちらも問題は無いらしい。
つってもフィルムケースに関しては、千葉の名人がもうリオナポで成功させているので今更なんですが。
サイズがちょっと大きいくらいかな?流石にオーラタスは厳しいかも。
低温は、出来れば今度は冬の無加温飼育にチャレンジしてみたいところ。
うちの室内気温は大体毎年15℃位なんで、行けそうな気もするんだよねぇ・・・。


020_20141113034609f5a.jpg


うちのオタマのメインタンク。もう1年以上足し水のみで運用。フィルター(2211)の掃除は2回位したかな?
夏を終えてからまた、皆ポコポコと産んでくれてるので、スペースが足りなくて何匹かは同じ飼育器で飼っている。
今、多分40~50匹位いるのかな?1匹くらいサマージーが混じっていると良いんだけど。



とまぁ、ここまで書いてから全文読み返したわけだけど、精神的な余裕が無いのが文章からも伝わってきますな。
早いとこちょっとくらいユーモアを織り交ぜられる程度には休みが欲しい・・・


今日はまぁ、こんなところで。



贔屓。

DSC_0016_2014111101530205e.jpg


そういや、とんぶり市でレオパのゴジラが出品されてまして、
有田毒蛙さんがやたらと気にしていたんで見に行ったら、確かに今まで見た中でも一番クォリティの高いゴジラだな、と。
ブリーダーとしては自分とは畑違いであるけれど、飼育者の情熱を感じられる個体だったんだけど、
どうもジャイアント系のレオパって好きになれないんですよ。
なんかアピールポイントであるところの大きさが、「ピザ好きのアメリカ人」って感じがして。

やっぱり、うちのオバケのほうがこう、シュッとしててカッコいいな、と。
つーかそもそも大きさには大して拘ってないんですが。コイツも購入のきっかけは学名のみだしね。
あ、でもツギオは欲しいな。

仕事のストレスが浪費欲のほうに向かってまして、グラステラリウムの4560を購入したんだけど、
まだ入れる生体が決まってないんで、ツギオでも良いかも。






強行。


012_201411070133430f4.jpg


011_20141107013342ec6.jpg


013_20141107013344960.jpg




というわけで(?)、参加してきましたよ、とんぶり市2014。

本来11月4日がひっさしぶりの休みだったはずが急遽出勤となったので、
「じゃあ3日の出勤時間を遅らせてくれ」と無理やりねじ込み、始発の新幹線で新横浜へ。

もう寝不足でボロボロだったり開場1時間で帰らなきゃいけなかったりと大したことは出来なかったんですが、
密度だけは素晴らしく濃い時間を過ごせたな、と思っております。いやぁ、行ってよかった。
美味しいところは全部ボスが持っていった気はしていますが。
(趣味仲間のところにメーカーが名刺持って挨拶に来る、とか爆笑でしょ。出かけるたびになにか持って帰ってくるし。)

で、トモさんとも話していたんだけど、買ってくれないまでも、自分の育てた生体を、目の前で全然知らない人が興味を持って
手にとってくれる、というのは、想像以上に嬉しかった。これはクセになりそうですわ。
お誘いくださった有田毒蛙さま、トモさん、本当にありがとうございました。また是非やりましょう。

ネットで交流している方や、お互いのブログをROMりあっているもののコンタクトを取ったことがなかった方など、
今までに会ったことのなかった方々とお会いできたのも、非常に大収穫でした。
皆様、今後共よろしくお願いします。

全売約後にうちのバリアビリスに興味を持っていただいたお客さん、お約束通りに最優先でお譲りしますので、
そのうちコメなりメールフォームなりで連絡下さいね。もうすぐ何匹かは上陸しますので。
きっちりいい状態に仕上げてから、送らせていただきます。

次のイベントは、冬のJRSかな?参加される方、また是非お会いしましょう。
関西圏の方々、ぶりくらでの共同出展を楽しみにしています。



購入した生体も何匹か居るのですが、それらの紹介はまた後日。
今後もう少し連勤が続くので、死なない程度に頑張ります。







一縷。

DSC_0023_20141103023144251.jpg


今から寝るんですが、3時間で起きられたら一路東へ、寝過ごしたら、仕事までキイロの培地でも作ってようかと思います。

それでは、おやすみなさい。





疲弊。

DSC_0031_201411010246230d5.jpg


連勤17日目、終了。
流石にこれだけ忙しいと、エサやその他諸々手間の掛かるカエルは癒やしにならない。
トカゲ、ヤモリは本当にいいペットだなぁと思うわ。基本放置で良いし。


2転3転して申し訳ないですが、とんぶり、駄目になりました。カエルは委託販売とさせていただきます。
明日余裕があれば、出荷生体のご紹介はしようかと。


一応、万が一月曜日の出勤時間を遅らせられれば、昼まで参加は、出来るかも・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。