プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

友誼。

P7190380.jpg


なんだかんだ、複数モルフの同時飼育している人ってなかなか増えないな。
こういうシーン見るの、すげぇ楽しいのに。

OLYMPUSのTG-2で撮影したんだけど、どうもまだ使いこなせていなくて、ピントがカエルに合ってない。
ちゃんと説明書、読まなければ・・・。




スポンサーサイト

順調。

DSC_0007_20140727014956227.jpg


Dendrobates variabilis "highland" F2 6匹目、上陸。

前の5匹は手元でキープするので、夏が終わって安心して発送が出来る季節になったら、この子から里子に出すことになる。

先日のトビムシコロニーへのダメージで若干エサの量が心許ないんだけど、健康に育ってくれますように。




壊滅。

007_20140727013815141.jpg



なんだかんだで、空前の猛暑と思われた去年の夏と大して変わらない日々が続いてますが、
案の定というか、空調の効いた飼育部屋内でも、ヤドク達の卵のハッチ率が落ちてきた。

なので、17℃に設定してトビムシを管理していたワインセラーの温度を上限の22℃に上げ、
その中に卵を格納していたんだけど、トビムシのタッパーの実に6割にダニが大発生し、壊滅状態。
これ立て直し、時間かかりそうだな・・・

セラーをもう一台導入して2台体制、というのも考えるんだけど、スペースも電力もかなりカツカツなので、
現状あまり現実的じゃない。
なので、実はちょっと前から試してみたかった、卵の低温耐久実験を行おうかと。
つってもまぁ、17℃でハッチまで進むかどうか、試すだけなんですが。


006_20140727013816334.jpg


今回試すのは、2日前に発見したハイランドの卵。
CBとはいえもともと朝方はかなり冷え込む地域に生息しているので、オーラタスよりは希望があるかと。
まぁ、続報は気長にお待ちください。

さて、トビムシの代替、というわけでもないんだけど、新たなエサもチャレンジ。

012_20140727014027181.jpg


スプリングテイルズさんで購入した、シロアリ。
うちはRCのマンションなんで、万が一脱走してもよっぽど大丈夫だとは思うんだけど、
万全を期して、がっちりロックできるタッパーと、エサに偏執しているあの方に教わったティッシュペーパーで管理。
当面はエサとして使用する気はなく、今の環境で殖えてくれるのかどうか、しばらく放置してみるつもり。
こちらも、気長に続報をお待ちください。


博愛。

DSC_0020_20140725023150ed3.jpg


特にネタがあるわけでもないんですが、昨日何故かブログのアクセス数が通常の3倍くらいあったので、
注目を浴びてるうちに更新。


まぁ、あれだ。
みんな、仲良くやっていきましょう。




刺激。

うわ、一週間も更新が空いてしまった・・・。もうちょっと頑張らなくては。
リハビリがてら、ちょっと短めの更新を。


さて、先週、7月19日の土曜日。
ペポニ名古屋インター店で行われた「ぶりぺぽ」という非常に言いづらいイベントに遊びに行ってきた。
ひらがな4文字にすれば何でも可愛くなると思ってんじゃねえぞ。


前回は別に興味なかったんで行かなかったんだけど、今回はなんと、国内初と目されている、
オバケトカゲモドキの繁殖個体がやって来る、というので、再来週のJRSで迎えようと思っている身としては
なにか参考にできることがあれば、と早起きして行くことに。


10時オープンで10時30分頃行ったんだけど、店内はなかなかの盛況っぷり。
オバケのケージの前は普通に空いていたので早速眺めていると、
今回繁殖に成功したBREEDER'S VILLAGE の中の人と思われる方が親切にも話しかけて来てくれ、
色々とお話を伺うことが出来た。

基本店内は写真撮影禁止なんだけど、お願いしたら快く許可してくれたので、
親個体とベビーの写真も撮ってきた。


003_20140722231801ecc.jpg


004_201407222318035c4.jpg

両方共持たせてもらったんだけど、親の方は自分で勝手に想像していた程は大きくなかったかな。
いや、勿論ウチの2匹よりは格段に大きかったんだけど。
産地なんかによってやはり最終的なサイズに差が出るようなので、
もしJRSで選べるようなら、極力大きくなりそうなのを選びたいところ。

ベビーはハッチからちょうど1ヶ月くらいだったんだけど、流石の存在感。
色はちょっとマックスノーっぽい感じで、親とは似つかない感じ。
やはりこれはベビーから飼い始めて、成長を楽しみたいところ。


とまぁ、実物も見られたし、こちらの質問にも親切に答えてもらって、大変に刺激になった。
JRSが待ち遠しいなぁ。



そうそう、冷やかして終わり、というのも何なので、ついでにヒルヤモリ用のコオロギを買ったんですが、
そしたらオマケが付いてきた。


005_201407222328077c0.jpg



いやぁ、イベントって素晴らしいですね(棒)。





経過。

007_20140714143255b4b.jpg


010_201407141432536a6.jpg



現在、幼稚園で管理中が4匹、もうすぐ上陸が1匹、前足待ちが2匹。
マダラはまぁ、数えるのが面倒くさい程度には居る。

バリアビリスは予定通りこのまま卒園と同時に6060vivに異動、この5匹がメインビバリウムに入居すれば、
野望の通り10匹体制になるので、その後に続く子たちは、イベントに委託したり、仲間と交換したり。
マダラはこのまま夏が過ぎるまでキープして、安心して発送が出来る季節になればこちらも委託とか。

バリアビリスだけど、今いるベビー達を見ると、やはり途中で落ちた先の2匹は体型も何処か奇形というか、
未熟児っぽかった気がする。今回の子達は、多分このまま成長していけると思う。
ただ、落ちた子の方が、模様は綺麗だった気がする。ままならない。


バリアビリスの現在の幼稚園。

001_20140716113645108.jpg

100均のプラケにファイアーボールとポトス、カップにトビムシを湧かせて、水場はフィルムケース。
エサは現状トビムシオンリーなので、早いことイエコに切り替えたいところ。


ついでに、色々と変遷している上陸待ちのオタマの管理方法の、現在のバージョンのご紹介。


014_20140716113648a42.jpg

100均のプラカップに登りやすい形にちぎったメラニンスポンジを設置して、水を張る。
この一つ前のバージョンでは、スポンジではなく折りたたんだキッチンペーパーを島にしていたんだけど、
キッチンペーパーの沈んだ部分に潜り込んでそのまま溺死するオタマが居たので、改善。
多い時はひとつのカップで5匹くらい管理している。

スポンジの上に登り始めたオタマから、オーラタスとバリアビリスのそれぞれの幼稚園に移動。
2つ同時に管理するのが面倒なので合併しようと思ってグラステラリウムのナノキューブを購入したんだけど、
イマイチやる気が出ないので放置したままになっている。

来月のJRSで何かしらの刺激を受けて、やる気が復活することに期待。




懊悩。

007_201407100621148d1.jpg


現在テリビリスが3匹入っている、グラステラリウム3045。
100均で購入したコーヒーの木とガジュマルが猛威を振るっていて、地表まであまり光が届かない。
トリミングしてスッキリさせたい気持ちはあるんだけど、JRSでラニトメヤを1ペア迎えることが確定していて、
そいつらをココに入れることを考えると、このままのほうが都合いいしなぁ・・・。
あぁ、もっと広い飼育部屋が欲しい・・・




再起。

さて、もうちょっとまともな写真が撮れてからにしようとも思ったんだけど、
鮮度重視で、新着のご紹介。

010_201407100620159e7.jpg

Phyllobates terribilis US CB

ちょうど1年ほど前に迎えた2匹のテリビリスのうち、性別不明の1匹を死なせてしまってから3ヶ月、
意外と早くリベンジの機会が。
購入元は、両爬業界の中では決して大きいとは云えない規模ながら個性的な入荷で大手と渡り合う関東の雄、
プミリオさん。いやぁ、両生類が通販禁止にならなくて本当に良かった~!

ブログでの入荷情報は6月の末だったんだけど、日頃から有意義な情報を頂いている事情通なお方から
「プミリオにUS便でヤドクが入る」との情報は5月の段階でもらっていて、
後日、どうやらミントも入りそうだ、との情報を別の筋からもゲット(お二人共、お世話になっております)。

ただ、この段階では購入するかどうかは正直決めかねていて、
結局問い合わせたのは入荷情報がブログにアップされてから。
が、入荷情報がアップされてから1時間もしないうちにメールを送ったんだけど、その時点で既にキープが入っており、
キャンセル待ちのような状況に。
1週間ほど待たされて、「次に入荷されるときはコネ(前述の事情通様)をフル活用して、何としてでも手に入れよう」
決意していたんだけど、なんとか入手出来た。いや、正直プミリオさんの底力を舐めてたわ。

003_20140710070405c6b.jpg


001_201407100704042c6.jpg


希望はメス2匹、だったんだけど、店主の西沢氏の見立てでは、「恐らく」間違いなくメス1匹と、
雌雄確率半々1匹。
100%メス、というのが居れば1匹だけで良かったんだけど、流石にそこまでの精度を要求できないので、
今いるオスと合わせて、上手いことトリオになってくれれば、と2匹購入。

上陸から一年程度、ということでウチのオスとはまだまだ大きさに差があるものの、
かなりのレベルの個体が来てくれたので、大満足。

004 (2)

サイズは良いんだけど、この体格の差はやはり、俺が給餌のし過ぎな気がする・・・。
まぁこのへんも、様子を見ながら気長にやって行きます。





粗食。

DSC_0063_2014070807265230b.jpg


006_201407080726504ec.jpg


どうもこいつらの魅力を十分に伝えられるような写真が撮れない。
ケージから連れ出して、別のところで撮るべきか・・・。


昨日、買い物のついでにペポニ mozoワンダーシティ店 に寄ったんだけど、
以前居なかったベルコーサスが居て、しかもベビーって書いてあった。

タイミング的に多分、うちの3匹と同時期に産まれた兄弟だと思うんだけど、
うちの子達よりも、明らかにデカい。

現在、レプトミンを1日に1粒与えているんだけど、ちょっと量が少なかったのかな・・・。
今日から、給餌量を倍、1日2粒に変更。
別にパワーフィーディング掛ける気は無いし、のんびり成長してくれれば良いんだけど
栄養失調になられても困るので。



異動。

「○○やんなきゃなー」、とか言うだけ言っておいて一向に始めないことには定評のある当ブログですが、
ようやく、3045でテリビリスと同居していたアズレウス2匹を6060に引っ越しさせることに。

019_20140707060946ab1.jpg


これで、2匹と1匹で分けて飼育していたアズレウスがようやく3匹まとまった。
雌雄が別れて、上手いことペアになってくれることを祈るばかり。

ちなみに引越し方法。



最近孵化を始めたF4ハニーワームによる一本釣り。




元居た3045にテリビリスを残すかアズレウスを残すかは最期まで悩んだんだけど、
6060の方が入居者が多いので、パワー系デブのテリビリスを同居させてトラブルがあってもアレなので、
「とりあえず」テリビリスは単身暮らし。

DSC_0010_20140707061525a69.jpg

6060に元から住んでた1匹と、その1匹を飼い始める9ヶ月程度前から3045に居を構えていた2匹、
ぼちぼち同じくらいの体格になってきた、と思っていたんだけど、いざ同じケージの中で見ると、
なんだかんだ先輩2匹のほうが、明らかに体格が良い。
つーか引っ越しさせてすぐこの記事書き始めて、たった今ふとケージを覗いたら包接してたんだけど
期待していいのか!?


あれ、何の話だっけ?あ、体格の話だ。
で、体格に差があるので、早いとこ追いついてくれますように。

さて、ダラダラと引っ越しを延期し続けて、何故今このタイミングで敢行したかというと
ちょっとした理由がありまして、まぁその辺は2日程度あとで。




改善。

019_20140705115915155.jpg

以前の記事からだいぶ間が空いてしまったけど、リファインしたオタマの飼育器、ぼちぼち稼働中。

画像の通り、底面の穴にメッシュを貼って下の隙間からの水流で汚れが溜まらないようにする、
というコンセプトだったんだけど、Twitterで有田毒蛙さんと話してて、やっぱり下を流れる水は多いほどいいかな、
となったので、飼育器を底面に直置きするのはやめて、一手間掛けることに。



続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

迂闊。

先日、某ヤフオクで取引連絡のついでにレンズを眺めてたら、
ちょっと気になってたレンズが手頃な値段で、しかもちょうどもうすぐ終了時間。

冷やかし半分で入札してみたら、一回競られたものの、もう一度高値更新したらあっさり落札。
しまった・・・。相手、もっと頑張れよ!(身勝手)

つってもまぁ、以前買った105mmマクロみたいな、家宝レベルのレンズでは全然ないんですが。

つーわけで、新しいレンズ。

022_201407031316282ee.jpg

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR


自分の使用しているD5100は、本体のみでの販売以外に2種類のレンズキットがあって、
購入した18-55mm と55-300mmの2本が付いたダブルズームキットと、
もう一つが今回購入したレンズ1本が付いた18-105 VR レンズキット。

購入当初は自分に必要な焦点距離なんかまったく分からなかったし、後継機のD5200も既に発売されていて
105mmのキットが品薄だったしでとりあえず望遠レンズも付いたキットを購入したんだけど、
この105mmレンズも結構評判が良いようだったので、割とずっと気になっていた。

で、カメラの購入から1年経って、そんなに望遠も必要ないし、
105mmと60mmのマクロがあれば、あとは適当な便利ズームがあればいいや、と悟ったところでこの出会い。
正直、買うつもりは殆どなかったんだけど、中古相場よりも全然安く買えたんでまぁいいか。


試し撮り。

DSC_0007_2014070313162614a.jpg


DSC_0008_01.jpg


うちの家宝の105mmと比較してしまうと、AFは遅いし明るいレンズではないのでSSは稼げないしで
操作感は微妙なんだけど、やっぱり便利だな、ズーム。
描写もまぁ、値段を考えたら全然良いかな。


また近々、フィールドに持ち出して使ってみるのが楽しみだ。





怠慢。

DSC_0008_20140703051242cf0.jpg


画像と全然関係ないですが、プミリオさんに入ったミント、キャンセル待ちみたいな形でお願いしてあるんだけど、
やはりどうも入手は厳しそう。

で、ミントが手に入らなかったら某所で別のヤドクを購入しよう、と考えていたんだけどこれも延期。
小型種なんで、イエコが安定して入手できないこの状況でリスクは犯せないかな、と。



ブログにアップしていないけど色々と試し始めていることもあるので、
もうちょっと気力が湧いてきたら、ぼちぼちマメに更新していきます。
いや、今回のW杯、好ゲームが多すぎてさぁ・・・