プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知。

さて、来たる6月1日(日)、東京は浜松町産業貿易センターで行われる”BLACK OUT”
出展者のDeep One様のブースにて、当ブログの繁殖個体のマダラヤドクガエル”カリビアングリーン”を
委託出品させて頂きます。
お近くの方、是非足をお運びくださいませ。最高のコンディションの子が揃ってますよ~。

先だってDeep One 店主様に発送するにあたって久しぶりにケージ内を荒らしたんですが、
みんな想像以上に良い体型をしていて、ちょっと自分を褒めたくなりました。


008_2014052901345544d.jpg

009_201405290134574ed.jpg


ぶっちゃけ今回ケージ(つってもプラケですが)内を探索するまで、今何匹居るのかも知らなくて、
11~12匹くらいかな、と思っていたんですが、数えてみたら14匹。
上陸時期によってサイズは大小あるものの、痩せた個体はゼロ。
多分一番大きい奴らは、秋口には繁殖も視野に入れられるかと。


繁殖者の好みを反映して、全体的に黒地の面積が大きい個体が多いものの、柄はそれぞれ個性有り。


010_20140529013457fd8.jpg

リマニーやサマージー的な横縞の個体や

013_201405290134590b0.jpg


トランカタス的な縦縞の個体も。


あんまり宣伝色出して「コイツ臭えな」と思われるのも嫌なんで、
このへんにしておきますか。


それでは皆様、良い週末を。











スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

待望。

005_201405290020216ed.jpg


ちょっとわかりづらく、割と大丈夫か心配になる画像しか撮れなかったけど、
バリアビリスの、記念すべきF2個体、ようやく一匹上陸。現在簡易vivで管理中。


お友達の「餌王」波箱氏が、プラコンで幼稚園を作成、などという非凡なアプローチを採っていて、
これは是非パク参考に、と思ったんだけど、「餌帝」スプリングテイルズさんにプラコンを注文する前に
上陸してしまったので、今回は別の案を採用。





続きを読む

増築 (前)。

冷房のフル稼働が始まったこの時期に何故か、温室のリフォームに着手。

もうちょっと早めに更新できると思ってたんだけど、長期休暇を勝ち取るための調整で、
本日8連勤最終日。今日まで更新する気力が湧きませんでした・・・


まぁ温室、と言ってしまうと季節の先取り感が半端じゃ無いんですが、
要するに、飼育棚を拡張しようと。つーかこないだまで、ラフグリーンスネークのリベンジの件をすっかり忘れてまして、
一応迎える準備、ということで。

ラックの寸法だけど、900x350から900x450への、完全なるマイナーチェンジ。
本当は幅も900から1200にしたかったんだけど、嫁の許可が下りなくてさ・・・

で、まぁ準備だけは少しずつしていたんだけど、前述のとおりここのところ休みが無くて、
明日準備したら明後日はもう出発なので、本格的な作成は帰国後にして、
ちょっとした小物だけ作成することに。

続きを読む

試供。

久しぶりに、「エサのエサ」のハナシ。



019_20140522122035fa4.jpg


ちょっと前に、親コオロギのエサをこれに変更。つっても試しに、くらいの気持ちなんでアレですが。
試してみようと思ったきっかけはまぁ、グラム単価が安かったからなんですが(送料入れるとそこまででもないけど)、
穀類メインっつーことで、コオロギの喰いは悪くなかろう、と思って、とりあえずテスト。

結果として、食いはかなり良好。
ただ、乾燥したトウモロコシの破片がたくさん入っているんだけど、流石に硬い&大きいので、それだけは残す。
なので歩留まりの悪さを考えると、実際の値段よりも若干割高になるかな・・・。
ミルで砕いたりしてやれば食べるんだろうけど、「安く、楽に」というコンセプトからずれるしなぁ。



あと、先月栽培を再開したコオロギ用の小松菜畑が、ぼちぼち育ってきた。

018_2014052212305779b.jpg



020_201405221230583c3.jpg


こっちも食いは良好。
基本ガットローディングはそこまで重要視していなくて、ビタミンなんかはダストすれば良いだろ、と思っているんだけど、
水分補給はやっぱり、野菜でさせるのが一番良い気がする。
溺れて死なない、というのが最高に良いよね。


このへんもまぁ、また変化があればアップしていきます。



懐柔。

他所でカメラ談義に大輪の花が咲いちゃったもんだから、
なんとなく画像が貼りづらいな・・・



DSC_0021_01.jpg


事前情報では木登りする、なんて話は聞いていなかったんだけど、意外と垂直行動も盛んにする。
写真を撮ろうと、ちょっと位置をずらそうとしたときにスルスルとコルク板を駆け巡る姿は、さながらヤモリ。


コオロギが貴重品となってしまったので、地味に殖やしているハニーワームをあげたら、
あっさりピンセットから食べた。俺を見つけたら寄ってくるようになる日も近いな。


さて、みとコオロギ様。

コイツをワーム太りさせたくなかったら、一刻でも早く、コオロギの復活をお願いします。
いや、マジで。






苦戦。



ちょっと前に健常な足が出た、と書いたバリアビリスだけど、
前の2匹と比べたら多少前足が太かったものの、どうもやっぱりSLSだった模様。


008_20140520121119b87.jpg

エサの取りっぱぐれが無いようにと超簡易の幼稚園を用意したものの、結局エサを獲ることもないまま落ちた。
どうも上手く行かないなぁ・・・。
消息不明の父親(うちのF1)は、母親と比べて身体が一回り以上小さかったので、
栄養状態が良くなかったのかな、なんて今にして思う。エサは毎日余るほど与えていたんですが。
まぁ、残りの10匹程度の遺児たちに期待。




良いニュースとしては、追加した2ペアも、早速産卵したこと。


031_20140520121825496.jpg


一週間ほど前に産んで、これが昨日の画像。

初めて迎えたペアの卵は、初産の時はハッチまでいった覚えがないので、
初手から12卵中11卵発生、というのは、すげえな・・・。
今後も期待できそうだ。
オーラタスも久しぶりに産卵していたので、
これから上がっていく気温も十分気をつけて、頑張っていきます。



邂逅。

ここのところ休みの日は毎回フィールドへ赴いていて、
昨日、一昨日と連休だったので、今回も懲りずにヘビ探し。


初日、メインで徘徊している近所の里山。

ここはニホントカゲの宝庫で、以前に一度、ヒバカリの幼体も発見した経験あり。

121001 026

以前の画像。


当時発見した田んぼ周辺を中心に廻るも、釣果ゼロ。
ツチガエルはわんさか居るんだけど、こんなの見慣れてるので写真なんか撮らずにスルー。



ちょっと場所を変えて、近所を走っている用水路の脇の空き地で、今年はじめてのカナヘビ発見。

016_201405140450118fc.jpg

うーん、やっぱりトカゲの中では、カナヘビが一番好きだなぁ。
こいつらちょっとの地域の違いで腹部の白色と背部の褐色のバランスや、黒い斑紋の有無や多寡に
かなり差があるんだけど、今回の個体はキレイな褐色で、黒点が殆どなかった。
今度カナヘビにチャレンジするときは、ここで獲ることにしようかと。


初日は爬虫類はこれで打ち止めで、最近ずっと探しているヘビは発見できず。
この辺りには居ないのかな、と次回フィールドに出るときはまた新しい場所を探そうか、と
思っていたんだけど、カナヘビを発見した空き地から続く雑木林の入口付近で地面のゴミをどかしたら、
こぶし大よりちょっと大きいサイズのネズミを発見(写真なし)、
「これは絶対にヘビも居るわ」と確信してその日は帰宅。


折よくその日の昼過ぎから翌日の明け方にかけて、結構な量の雨が。
朝起きるとすっかり上がっていたので、嫁を職場に送らされてから
再度同じフィールドへ。


雨上がりで昨日よりも時間が早く、気温が上がりきっていないからか、前日に1匹だけ見たポイントで
かなりの数のカナヘビを発見。
今日も何匹か捕まえようかと空き地の草むらをゆっくり歩いていると・・・

026.jpg

見えづらい? うん、ワザと。


遂に、ヘビ(アオダイショウ)発見。
食事の消化中なのか、微妙に膨らんだお腹でトグロを巻いて日光浴中。
迂闊にも手ぶらで歩いていて、道具なんか何も持っていなかったので、慌てて車に戻って
スネークフック代わりの100均のカサと、コンテナを持ってきて、捕獲。



027.jpg



029_20140514050647e28.jpg

う~ん、感無量。
初めて我が家にヤドクを迎えた時に匹敵するくらい、ドキドキした。

サイズは大体、1.6メートルくらいかな。
アオダイショウって、元々割とチンピラ気質の個体が多いシマヘビと違って大人しい個体が多くて
「幼蛇の頃に人間にいじめられたりすると人間に対して攻撃的になる」とか云われているそうな。
そのせい(俺のせい)で、職場の近所に住んでるアオは、かなり攻撃的だったんですが。

今回捕獲した個体は幸運にもそんな経験がなかったらしく、逃げようとはするもののこちらに
飛んでくることはない、落ち着いた子だった。


ともあれ、3月くらいからずっと見たかった野生の蛇をようやく見られたので、フィールド探索も一段落。
月末のバリ/コモドに備えます。

ただ、未だにシマヘビやヤマカガシは見たことがないので、またそのうち、探しに行こうかと。
(愛知、岐阜辺りで良いポイントを知っている方が居たら、こっそり教えてくれたら嬉しいっす)






テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

重力。

DSC_0006_20140512085404c6e.jpg

これなんだよ、俺が樹上性のラニトメヤに求めているものは。
オタマを人工飼育で管理している以上、別にケージ内にブロメリアは必要ないわけで、
じゃあなんで入れているかといえば、こうやって小さい隙間にちょこんと入っている姿が見たいわけ。


太らせすぎた俺が悪いんだけど、迎えてから1年半になるメスなんて、身体が重たいのか
オーラタスと一緒に地上の洞窟で並んでエサを待つ始末。

DSC_0051_2014051209000248e.jpg


どうしてこうなった。



多分、給餌量が多すぎるんでしょうね。
もうちょっと減らしてみるかな・・・





DSC_0010_20140512085405759.jpg



あ、ピントずれた。




個性。

DSC_0007_01.jpg



去年の秋口くらいから「するする詐欺」をしていたバリアビリスの追加を、ようやく実行。
オタマはちょこちょこ居るので、オーダーは掛けてあったものの実際そんなに要らないんじゃね?
と思っていたんだけど、いざ迎えた個体を見ると結構先任の生体と比べても違いがあって、
それぞれがそれぞれに美しい。

最悪持て余すようならだごんさんに送りつけて来月のブラックアウトに華を添えようか、とも考えたんだけど
それ を うる なんて とんでもない!





DSC_0102.jpg


日本のヤドク界では、老舗ワイルドスカイの店主、松園氏をして「もっとも美しいヤドクガエル」と言わしめた、
なんて逸話付きで語られるわけで、そういうのに人気が集まることをファック、と思う人も居ると思うんだけど、
やっぱりなんだかんだ綺麗なモルフだよね、バリアビリス。



DSC_0140.jpg


今、この文章を書いている後ろで早速鳴いているんだけど、やっぱり鳴き声もそれぞれ違うもんだな、と
今更ながら再確認。
俺が一番初めに殖やしたモルフ、ということで思い入れも一入なので、
今後もがっつり愛でていこうと思います。






テーマ:両生類
ジャンル:ペット

運用。

008_20140510042914448.jpg

ちょっと前に試作したオタマの飼育容器の、本格利用開始。

と云っても、長期使用で内部の水質がどうなるのかとかが未知数なので、とりあえず10個。
問題がないようなら更に増産して、一つのコンテナ内で30個程度並べて使用する予定。


ついでに最近の、繁殖関係の報告でも。

鳴き声の消えたバリアビリスの♂に関しては、もう半ばあきらめていて、
遺していったオタマに全力を注ごうと思うんだけど、またちょっと問題児が。




005_201405100429159e2.jpg

中身の少ない子、再来。

今バリアビリスのオタマが10匹程度居るんだけど、こんなのが3匹ほど。
以前のヤツラは軒並み途中で落ちたので、今回も期待は出来ないかな。
ちなみに普通のオタマがこちら↓



010_20140510042916a44.jpg


パーツの数が、明らかに違う。
色素異常、ってわけでも無さそうなんだけど、何処まで成長してくれるやら・・・



上陸個体も3連続でSLSで、暗雲が立ち込めている感じだったんだけど、一応健常なオタマも。



007_20140510042917dd8.jpg


未だ一体だけだけど、一応普通のも出てくる、というだけども良いニュース。
今後も続くことに期待。



さて、今日も昼から仕事なんですが、ちょっくら今から静岡まで行ってきます。
無事に帰ってこられるといいけど・・・





テーマ:両生類
ジャンル:ペット

陰気。


改めまして、ヒガシニホントカゲのご紹介。

DSC_0004_20140508050534661.jpg


一月程度前に近所で捕まえてきてから、ご覧のとおりヒルヤモリと同じケージで飼育中。
うちの温室の照明が朝8時に点くんだけど、大体9時くらいになると
スルスルとキスゴムで吊ってあるコルクの上に登ってきて、バスキングを始める。

うちでコイツの姿を見られるのはこのバスキングの時間だけで、あとは基本潜りっぱなし。
コイツだけしか飼ってなかったら、多分感覚としては土を飼ってるだけ、みたいなもんだと思う。


DSC_0008_20140508050535628.jpg


基本トカゲってカナヘビが大好きで、あとはヨロイトカゲくらいのもんでスキンクの類に大して興味無いんだけど、
こうして見ると、少なくとも若い個体は精悍でカッコいいな。
成体の、あのずんぐりした感じはどうもね・・・。


大して観察できる機会も多くなさそうだけど、まぁ暫くはお付き合い頂こうと思います。








テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

誘拐。

DSC_0007_20140506075338750.jpg

Plestiodon finitimus

ニホントカゲ、はじめました。





テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

拝啓。

DSC_0020_201405020506070ce.jpg


バリアビリス様。

あなたのダンナ兼息子の鳴き声が途絶えてから、もう1週間になります。
一度お姿を見せていただけたら、幸いです。






テーマ:両生類
ジャンル:ペット

願望。

DSC_0053_20140430035931dc6.jpg


こんな感じで、そのへんの葉っぱの裏ににくっついてねぇかな・・・


ドイツからでも、なかなかサイテスが切れないみたいですね。
次にお迎え出来るのは、いつになることやら・・・





テーマ:両生類
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。