プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

謎虫。

バリアビリスを飼い始めるちょっと前、2年前の10月くらいに某エサ虫ショップで購入したトビムシ。
届いたときには「いやいや、ボッタクリだろ・・・」と呟くレベルの量だったんだけど、
引っ越しと株分けを繰り返して、ずいぶん増えた。



DSC_0037_20140128064258c21.jpg







で、先日、某エサのオーソリティから全く別血統のトビムシを頂きまして(ありがとうございました)、
届いてみてビックリ。



うちのトビムシ。

DSC_0015.jpg




波ばk・・・オーソリティのトビムシ。

DSC_0029_20140128064255dd5.jpg


DSC_0116_2014012806425672d.jpg




・・・。



いやいや、明らかに違う生き物やん?




ていうか、ごめんなさい、ちょっとウソつきました。本当はそんなにビックリしてないです。
松園氏のヤドク本とか見ていても、なんとな~くウチのと違うトビムシが紹介されてたりして、
違和感はあったんだけど、モノクロの画像だけ見てもイマイチ要領を得なかったし、
じゃぁウチのは何虫なのよ?と言われてもわからないので疑問を先送りにしていたんだけど、
いざ実物が2種目の前に揃って、マクロレンズを覗いてみれば、この結果。
自分の子供だと思って温めていた卵から、カッコウが孵った気分だわ・・・



まぁとは言え、うちで上陸したバリアビリスもオーラタスも、この謎生物食わせて立ち上げに成功しているので、
このままボチボチ増やしていこうかと思います。



しかし、ハート◯ギめ・・・どうしてくれよう・・・






スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

回顧。

画像データがハードディスクを圧迫し始めたので過去の写真を整理していたんだけど、
死なせてしまった生体の画像が出てくると、正直ドキっとしてしまう。
直近のラフグリーンとか、ラマシーとか。


で、勿論一度飼育したから、という思い入れもあるんだろうけど、
やっぱりキレイだな、とかカッコいいな、とか思う。
こいつもそう。


DSC_0044_01.jpg

ニホンカナヘビ。

アオカナヘビも飼ってみたいんだけど、コイツもやっぱりもう一度チャレンジしたいなぁ・・・。
ラフグリーンと同居とか、試してみようかな。



金鯱。


DSC_0044_20140128024852e5b.jpg


自分の住んでいる地域を理解しているのか、一週間に一回はこの格好で寝る。



テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

考察。

昨日、卵のチェックのためにビバリウムからフィルムケースを取り出して覗きこんだら、
中にバリアビリスの♂が。
「あ、ゴメン」と口に出しかけたところでフィルムケースから飛び出し、室内へ。

10分ほど追い回した後、なんとか捕獲。
最近見慣れちゃってあまり意識することもなかったんだけど、やっぱり小さいな、こいつら。
まさかフィルター(エーハ2213)の下に潜り込めるとは予想外だった・・・


で、ちょっとハナシが変わって、産卵についてなんだけど、
実証例をみたことが無いものの、飼育用水のpHの変化で産卵が促される、なんてハナシがあったりとか、
うちでビバリウムの引っ越しを行った時に、そのあとすぐに産卵があったりしたことから、
要するに何らかのストレスに反応して繁殖行動を起こしたりするのかな、なんて理解の仕方を自分はしていて、
今回の脱走→捕獲劇もなかなかの刺激だったろうし、期待して良いのかな、なんて思ってたら、
案の定卵発見。


009_20140126031620d36.jpg

ついでに、前回紹介した卵の、現在の状態。

008_20140126031622797.jpg


・・・とまぁ、正解かどうかは知りませんが、自分の思っている、ストレスと産卵の関係の、
多少の補強になったかな、と。
今度産卵が止まったとしても、わざと脱走させる、とかは絶対にしませんが。

ちなみに最近、オーラタスは産卵が止まっていて、「やっと一息つけます」みたいなことを書こうと思っていたんだけど、
ついさっき、フィルムケースのそばに2匹で居るのを発見・・・。
まぁ、なんだ。頑張ります。



テーマ:両生類
ジャンル:ペット

内定。

移転前のブログで、コモド島に行く、ということを書いてから、随分間が空いてしまったんだけれど、
遂に、日程がほぼ決定。


5月の末から6月の頭にかけて、バリ/コモド島に行ってきます。


そんなに長く休みが取れるわけでもないので、精々1週間足らず、コモドも一泊二日程度なんだけど、
出来るだけ楽しんでこようと思います。
以前から狙っているNIKKORの105mmマクロ、オバケの購入を優先しようと思ってたんだけど、どうしたものかな・・・
折角だから良いレンズ持って行きたいしな・・・


というわけで、今回の休暇取得で結構無理したので、同月の東京レプは、不参加決定。
代わりに、冬レプに午前中だけでも参加出来ないか、検討中。



さて、バリアビリスのハナシ。

先日、一匹だけ生きていたオタマが、落ちた。
で、入れ替わるように、親カエルが久しぶりに産卵。

017_20140124014123475.jpg


産卵数は今までより少なかったんだけど、今のところ順調。
発見してから一週間ほど経つんだけど、現在ビバリウム内で管理中。
今度こそ、おんぶが見られるといいなぁ・・・。




変革。

ラフグリーンの死で、不本意ながらも3045が空いてしまったので、ヒロオペアを引っ越し。
レイアウトもがらっと変更。

018_20140122035749908.jpg


意識した変更点としては、

・バックパネルの廃止
・湿度の変化を多少緩やかにするべく、床材を厚めに
・竹の導入

日本でブログやっててヒルヤモリを飼育している人で、何人かケージの中に竹を使っている人が居て、
「侘び寂び」とかそんなコンセプトでやってんのかな、なんて思ってたんだけど、
先日購入したヒルヤモリの書籍での推奨レイアウトみたいなので、軒並み竹を使用していたので、自分も便乗。
竹の割れ目をシェルターにしたり、そこに産卵したりもするらしいので、当面このケージで繁殖を狙うことに。


019_20140122035814321.jpg

何度かの脱走を経てすっかり動きにも慣れたので、今回は素手での誘導も交えてあっさり引っ越し完了したんだけど、
メスに比べてオスのほうが、明らかに重たい・・・。
この体格差が、繁殖の成否に影響しなければ良いんだけど・・・。



テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

公約。または背水。

twitterで何度か発言していることなんだけど、最近オバケトカゲモドキ熱が上がってきまして。
縁があったら迎えます、みたいなことを発言しているんですが、
「欲しい欲しい詐欺」にならないように、ブログの方でも表明しておこうかと。


オバケトカゲモドキ、年内に購入します。


というわけで、カテゴリーも新設。
もう後には退けないぜ~。



こんなしょうもない発言だけで終わらせるのもアレなので、画像も一枚。


DSC_0014_20140121022952a4e.jpg


60mmマクロ、トリミング無し。
レンズフードから5センチないくらいまで近づいても、逃げない信頼関係。


今日はこんなところで。



テーマ:両生類
ジャンル:ペット

家守。

3ヶ月位前に、飼ってたニホンヤモリを室内で逃しまして。

といっても、ぶっちゃけ半分くらいワザとで、
上手いこと室内で逃亡したコオロギや増え続けるクモのハンターになってくれないものかと、
ハンドリング中に飛び出したのを、余り積極的に追わずにそのままにしていたんですが、
今朝、久しぶりに再会。

2014-01-17 (2)



まぁそうなるかな、と半ば予想していたんだけど、コオロギのケースを住処にして居ました。
クモ食ってくれよ、クモ。


2014-01-17



もうちょっと野生を取り戻しているかな、と思ってたんだけど、意外とまだまだ人への警戒心は薄い様子。
ハンドリングしても、さして抵抗もしなかった。



ちょろっと股間を覗かせてもらったら、多分オスの模様。
暖かくなったらどこかからメスを1~2匹拉致ってきて、室内での累代を狙おうかと。



今日はこんな感じで。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

散策。

なんだかんだで仕事に忙殺されている間に、ずいぶん更新をサボってしまった・・・


もう1週間も前のハナシになってしまうんだけど、先週の休日に久しぶりに東山動物園へ。
あれ、デジイチ持っていくの初めてだったかな?

だらだらと撮った写真だけアップしていくので、興味のない方は読み飛ばしちゃってください。

続きを読む

テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

難航。

年明け早々、ブルーな出来事が・・・。

メスを先に死なせてしまい、
オスだけ残っていたラフグリーンスネークが、全滅。


迎えてから3ヶ月半、ということで、3ヶ月の壁に関しては、破れていないようなものだな、これ。

人生初ヘビ、しかも変態ヘビということで、死因の特定などはさっぱりできていないんだけど、
落ち度を推測するとしたら湿度かな、と。

12月を迎えたあたりからケージ内の湿度を上手いこと維持できず、年末は40%~30%あたりに
なっていることが多かったんだけど、どうしても仕事が忙しくて死んでいる時期だったので
最小限の世話しかできず、今週の月曜日、久しぶりに休みだったので何らかの対策を施そう、と思っていたものの、
朝起きたら力尽きていました・・・

自分の力不足で死なせてしまったのは本当に申し訳ないんだけど、このままでは悔しくて終われないので、
春以降、環境を全面的に見なおしてリベンジする予定。

空いてしまった3045にはヒロオのペアを移動させて、こっちもちょっと本格的に繁殖を狙う予定。


新年早々死なせてしまってまじで凹む&申し訳ない。
今年はコレで打ち止めになることを祈る。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

欲望。

DSC_0015_01.jpg

何度も何度も書いている気がするけど、やっぱり色の違う2種が一緒に居ると、見栄えがして良いと思う。
あとは同じケージに赤いのが居たら、俺的に最高。



うーん、ブラックアウトでバスティでも狙っちゃうかなぁ・・・(チラッ



そうそう、多分だけど、テリビリスも鳴き始めました。多分だけど。
これで今いるモルフの鳴き声は全部聴いたんで、あとはテリビリス、アズレウスともに、
問題はメスが居るかどうか。


DSC_0002_20140105111040252.jpg

ピンボケ写真で申し訳ないんだけど、コレ見る限りアズレウスは雌雄ちゃんと居るかな、と。
問題は、テリビリス。ハモって鳴かれたりしたら、発狂だな・・・





テーマ:両生類
ジャンル:ペット

抱負。

新年、あけましておめでとうございます。

旧年中にお世話になった皆様、今後知り合う可能性のある皆様、今年もよろしくお願いします。


さて、特に更新ネタはないんで、生体の追加的な面での今年の目標など。


ヤドクに関しては、今のところ新規モルフを追加する予定は無し。
今月中には追加予定のバリアビリスと、テリビリス、アズレウスの繁殖を視野に入れつつ、
なにかしらの「出会い」があれば考える、といったところ。

ヘビ。残っているラフグリーンの♂も、ちょっと元気がないように見える。
予定通り春先までのキープを当面の目標にして、ちょっと広めのケージに移行してから、
メスの追加も考える予定。
あとは、嫁が陥落し次第、ライノラットの導入。今年のぶりくらあたりで、桔梗屋さんが出品することに期待。


で、ヤモリ。
うちの飼育棚を眺めていて何となく思うんだけど、どうも自分は、ヤドクよりもヤモリの人なのではないかと。
ヤドクは既存種だけで割と満足しているんだけど(イチゴはいずれ追加しますが)、ヤモリは飼いたいのが
いっぱい居たりする。

ただ、手当たりしだいに増やしていっても飼育のスペースや、世話に掛ける時間が幾らあっても足りないので、
当面は何かしらのテーマを決めて行こうかと。
phelsuma に拘っていくとか、 ニューカレドニア産縛りとか。
まぁこんなことを書きつつも、全く別のヤモリを追加する可能性もあるんですけどね。
オバケトカゲモドキとか。あ、そういや有尾も一種欲しいんだった。

まぁ新年始まったばかりなので、のんびり行こうと思います。


DSC_0070.jpg


うーん、ちょっと大きくなったかな?




テーマ:両生類
ジャンル:ペット