プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角帝。

飼育ブログでカテゴリには入っているのに、長期間記事が更新されていない生体は
既に死んでいる可能性が高い
なんて「あるある」がありますが、
生憎(?)うちの生体は皆元気です。

つーわけで、今のところまだ一回しか登場していない、ツノミカド。

003_201311260722531e5.jpg

”テールイーター”なんて異名が付いていたりと、クレスよりも荒い性格なのかな、と想像していたんだけど、
ウチのは意外とおっとりしている。まぁ他のヤモリを同居させたりすれば相当荒ぶるんでしょうが。


DSC_0043_20131126072255be1.jpg

ヤドク飼いとしては、やはりブロメリア=カエルのイメージが強いわけだけど、
ヤモリとも相性は良いと思う。来春以降にラフグリーンとヒルヤモリを同居させるべく、
大きめのケージの導入を予定しているんだけど、そのケージはブロメリアをたくさん入れたいな。


あれ?ツノミカドの話題じゃなくなってる・・・



スポンサーサイト

育成。

DSC_0013_20131126065601484.jpg


ぶりくらで購入したアズレウス、迎えてから40日程度経ったわけだけど、
以前に迎えた2匹、こんなに成長遅かったかな・・?
前回とは違って、早く前の2匹に追いついて欲しい、という欲が出てるから、そう感じるだけなら良いんだけど。


DSC_0081_20131126065603a7d.jpg

先輩2匹は、元気にやってます。こっちは2月に迎えたので、もう9ヶ月か。
先週1週間ほど、霧吹きをしてもエサをばらまいてもviv内の洞窟から出てこない時期があって
ちょっと心配していたんだけど、今はこれまで通りの人懐っこさを発揮。
温室の設置前で、ケージ内の温度が低め且つ不安定だったのが原因か、と勝手に予想。

おそらくペアだろう、と人から言われているので、成熟が待ち遠しいんだけど、
ネットで見ると結構鳴き声がうるさいので、楽しみなような、怖いような・・・



テーマ:両生類
ジャンル:ペット

上陸。



DSC_0002_201311250320052d8.jpg


予定通り、3匹(ほぼ)同時上陸。
SLSは最初の一匹だけに抑えられた模様。まぁ、今後どうなるかは不明だけどね。

温室内のスペースが相当カツカツなので、小さいプラケースで管理中。

DSC_0004_20131125032007305.jpg

うっかり開放で撮っちゃったので全体的にボケちゃってわかりづらいんだけど
床材はハイドロボールで、奥の方には保湿のためにミズゴケを敷き詰めてある。

その上にココナッツシェルターを置いて、植物はプミラのみ。
当面ここで過ごしてもらう予定。



さて、今回の上陸組の成長記録。


続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

間近。



DSC_0001_20131123042734450.jpg


・・・なんだか水死体みたいに見えますが、生きてます。

同じくらいのヤツがもう一匹居るので、オーラタス(SLS無し)の上陸は、3匹同時になるかと。
まだまだオタマはいっぱい居るので、ここから上陸ラッシュ、はじまりますよ~。


・・・さて、ケージどうしようか・・・




テーマ:両生類
ジャンル:ペット

団子。

来月、九州に行きたいんですよ。

1日は九州プチレプで、「レオパの道場」様が参加するそうだし、
22日は「Groveling things」様が写真の講演的なものを行う模様。
熱いぞ、九州。


ただ、年末の、どちらも日曜日ということで、仕事を休むなんて1000%無理なんですがね。
書いたらなんとか現実にならねぇかなぁ、と。無理か。


久しぶりにアマガエル。

DSC_0005_201311221106174cf.jpg

迎えて3ヶ月くらいは2匹だけとはいえ緑色をキープしていたんだけど、
最近はすっかり灰色?茶色?になってしまった・・・


できれば冬眠にチャレンジしたかったんだけど、どうしようか悩んでいるうちにこんな季節に。
まぁこのまま春を迎えてもらいましょうか。


テーマ:両生類
ジャンル:ペット

防寒。

先週、温室2号棟を作成したりその中にベランダのブロメリアを退避させたりして、
あと越冬準備が必要なのは、これまたベランダ管理の親コオロギだけになった。

去年はベランダにも温室を作ろうとして失敗、結局飼育ケースの底面をヒーターで暖め、
スタイロフォームの切れ端を不格好につなぎあわせてケースを覆って寒さを凌いだんだけど、
2年目の今年、色々とDIYの経験も積んできたので、もう少し人に褒められそうな工夫をしたい。


つーわけで、コオロギの飼育ケースの防寒対策。

まず熱源。

015_201311210933144dd.jpg


これは去年と同じく、レプティヒートケーブルを使用。
ただ、去年はラックの棚にはめ込んだスタイロフォームの上にテキトーに並べて、その上にケース、という
相当雑な使い方をしていたんだけど、今回は100均で買ったラック用のネットにケーブルを巻き付けて、
その上にケースを置くことにした。


続いて保温。

010_201311210933160b5.jpg

012_20131121093316c6a.jpg


011_201311210933187f6.jpg



接着タイプのマジックテープをケースの各所に貼り付け、それを使って水槽の保温用のマットを
ぐるりと一周ケースに巻きつける。

014_201311210935071b2.jpg

013_201311210935083fb.jpg

フタ部分は現状ノープラン。
底面からの加温で足りないようなら保温球や暖突などで上からも加温する必要があるかもしれないので。


夏場とは違って完全にフタを閉めてもそんなに群れることもないと思うので、
ケースのフタ+上からも断熱マットで保温が効くようなら、このまま行く予定。
巻きつけたシートの隙間から通気は出来るだろうし。


同じ設計思想で孵卵器も自作してみようかな、と結構前から思っているんだけど、
現状生体の温室の隙間隙間に詰め込んで何とかなっているので、実行には移さないかも。
やるとしたら適当なパネヒを下に敷いて、すのこ的なもので隙間を作って卵のカップを並べて、
必要ならばサーモで温度管理、という感じかな。

まぁしばらくは、様子を見ます。


頂点。

また更新をサボってしまった・・・書きたいことは色々あるんだけどな。

リハビリがてら、軽めのネタ。


DSC_0067_20131120095240022.jpg


ラフグリーンスネーク(多分♂)が、2度めの脱皮。今度は皮ゲット。
ただ、こういうのって記念に取っておこう、なんて思っても結局持て余して捨てちゃったりするんだよな・・・
まぁ写真は撮れたし、別にいいや。

DSC_0042_2013112009524204a.jpg

脱皮直後だけあって、心なしかいつもよりも綺麗に見える。


さて、今回でラフグリーンの記事は3本目。
自分の知る限り、現時点で当ブログは
「日本一ラフグリーンスネークの記事をアップしているブログ」
となりました。

まぁ世の中を見渡せば希少種なんかで世界有数のブログを名乗れる人たちもいっぱい居るんでしょうけどね。
NZのミドリのアレとか。
まぁこんなもの、名乗ったもの勝ちということで。

DSC_0012_20131120095238010.jpg

2ショット。


オスと思われる方は、迎えた時よりも確実に太くなっているので、現状環境には自信を持って良さそう。
メスの方は若干神経質な印象を受けるので、もうちょっと様子見かな。


今日は、こんなところで。


模索。

急に寒くなったせいでイエコの孵化時期のコントロールに若干のミス。
日々の給餌量が心許なくなってしまったので、慌ててピンヘッドと3Sを併せて1000匹ほど注文したんだけど、
着いたその日に大量孵化。

まぁエサの管理の「あるある」ではあるんだけど、昨シーズンも2回ほど同じことをやらかしているので、
我ながらそろそろ学べよ、と思うことしきり。
まぁ、多い分にはいいや。



ハニーワームフードの研究は、ボチボチ続けております。


006_201311170434114b0.jpg


発熱の原因を特定するべく、
1.メープルシロップをちゃんと蜂蜜に替えて、他の条件は同じもの
2.メープルシロップを使用するが、グリセリンを使用しないもの

以上2通りで管理してみたんだけど、2の方は発熱しなかったが、1の方は段々と熱を持ち始めた。

まぁある程度予想はしていたんだけど、どうも保湿用に混ぜていた植物性のグリセリンと
ワームの糞尿が反応して、発酵過程で熱が発生しているのではないかな、と。

じゃぁグリセリンを使わなければいいじゃん、という話なんだけど、
どうも蜂蜜やメープルシロップだけだとフードが硬くなりすぎて使いづらいんだよなぁ・・・

つーかフードを自作するにあたって3つほどブログやwebサイトを参考にしたんだけど、
発熱のことなんか一切書いていなかったんだよなぁ。
なんか俺の作り方がおかしいのかな?


まぁ引き続きのんびり試行錯誤していきます。


で、冒頭のイエコ不足の話に関わってくるんですが、
ハニーワームが大量に余っているんで割と頻繁にカエル達にも与えているんだけど、
オーラタスとアズレウスに与えるサイズのワームも、そろそろ底をついてきた。

なのでチャレンジがてらそこそこのサイズのワームも与えていたんだけど、
どうも意外と大きいサイズでも食べられるっぽい。

009_201311170434103a0.jpg

イエコのピンヘッドとの比較画像。黒の○で囲ってあるのが、ピンヘッド。

イエコだったらSサイズかそれ以上に該当する大きさなんだけど、
これくらいのサイズなら、オーラタスもアズレウスも、ギリギリ食べられる模様。
実際この画像を撮影した後、この2匹はオーラタスが美味しく頂きました。


まぁあまり大きい餌を食べての弊害なんかは全くの未知数なので、
食べたけど体調を崩したとか、せっかく購入したのに食べなかった、なんて方がいても
一切責任は負いかねますので、悪しからず。



支度。

ついこの間まで猛暑だなんだと騒いでたはずなのに、今度は真冬並みの寒波。
秋何処行った、秋。

そんなわけで、のんびりだらだら準備していた温室も、早急に仕上げることに。


ついでと言ってはなんですけど、久しぶりにウレタンとシリコン、ピートモスで小道具を作成。


001_20131114123224d8b.jpg


先日作ってから放置しっぱなしだったアクリルケージの壁面に貼り付け。

002_20131114123226d83.jpg



003_20131114123227917.jpg

ベランダで管理していたネオレゲリアを一株中に退避させて、流木を組んで、
ヒルヤモリのケージの完成。
作成したウレタンの小物は100均のディップ用のプラカップが嵌め込めるようにしてあって、
中にレパシーのフードを入れる予定。


ラフグリーンが来た時に玉突き的にグラテラナノに追いやられていたヒロオを、
ようやく普通のケージに入れることができた。


全体図。
005_2013111412322321a.jpg

上の段は左からヒロオペア、ヒロオ♀単独、ラフグリーン。
下の段はレオパ2匹と、ベランダから収納したネオレゲリアの一部。

004_2013111412322874e.jpg

照明はヴォルテス。
隣のレオパ的には明かりがあると迷惑だと思うんだけど、
まぁ熱源にもなるんで勘弁してくれ。


ベランダで管理していたネオレゲリアは一括して管理するだけのスペースが無いため、あちこちに分散させている。
ヤドクの方の温室にも、2株。

006_20131114123236e81.jpg
結構赤くなってくれたんだけど、冬の間に戻っちゃうかな?


本来なら、左のプラケースに住んでいるガーゴイルゲッコー用のケージなんだけど、
まだ体が小さいため、管理しやすいプラケに住んでもらっている。
ナノが空いたんで、そっちに引っ越しさせても良いかな。


一応コレで、うちの生体及び植物の冬支度は完了。
温室内はかなり容量がカツカツなので、加温の必要な生体の追加は、実質不可能。
おとなしく春を待つのかどうか・・・


遠出。

うわ、気づいたら1周間も放置してたんですね、ブログ。
先週の休みにちょっと出かけてきて、それについての記事も半分以上仕上げてあったんだけど、
どうも体調が優れなくて更新する気になれず・・・
それ考えると、twitterは気楽でいいなぁ・・・


時系列が色々おかしいんだけど、手直しするのも面倒くさいので、そのままアップしちゃいます。
以下本編。




ブログで散々褒め倒している the band apart が、声優で歌手の坂本真綾さんとコラボする模様。
しかもアニメのタイアップ付き。これを機にブレイク、来るか?

Baの原さんがマイナーアイドルの曲で弾いてたり、Vo&Gt の荒井さんが別のバンドで歌ったりはあるものの、
バンドとしてのコラボはメジャーデビュー後は初じゃないかな(ディズニー関連は除く)。
昔はDOPING PANDA あたりと一緒にやってましたが。
どんなものができるのか、楽しみ。


そういやtwitterを始めてから知ったんだけど、Baの原さん、結構重度のアニオタの模様。
過去のツイートを読もう、と思って彼のtwitterのホーム画面に行ったら、
背景が「とらドラ!」のみのりんでちょっと引いたわ。(何故キャラ名を知っている)



本題。

せっかくの休みということで、予告通り昨日はちょっと遠出して来ました。
今更ですが今日も飼育は関係ないです。
遠慮無くスルーしちゃって下さい。


続きを読む

怠惰。

あ~、ベルコーサス欲しいわー(チラッ)



でもペポニに見に行ったら、ビミョーに高いんだよなー!(チラッチラッ)



・・・さて。

昨日は結局どこにも行かず、ゴロゴロと寝て過ごしてしまった。
ラングリッサーっていう大昔のゲーム、知ってる人居ますかね?
アレ、自分的にかなりの時間泥棒でして、寝しなに久しぶりにやってみたら、
軽く3時間越えてました・・・


つーわけで今日こそはどこか出掛けようかと思ってます。
そんなわけでサラッとブログだけ更新しておきます。

DSC_0046.jpg

今のところ順調なラフグリーン。
1匹は初日に脱皮していたんだけど、昨日もう一匹も脱皮しているのを確認。
飼育本によると、やはり本国でも飼育が難しいとされているらしく、
3ヶ月から6ヶ月で死なせてしまうことが多いらしい。(あれ、これ前も書いたっけ?)
なので、当面の目標は来春までのキープ。
それが叶ったら、もう少し大きなケージに引っ越しかな。

そういや、ヘビも脱皮した皮って食べるんですかね?
記念に取っておこう、と思って翌日見たら、跡形もなかったんですが・・・


DSC_0017_01.jpg

もうちょっと上手いこと、とぐろを巻いているところを撮りたいんだけど、今はこれが精一杯。
背景も殺風景だし、もうちょっと綺麗に撮れないものか・・・

グリンパイあたりを飼えば簡単だろうけど、僕、アレ、そんなに興味ないんですよね。
置物っぽさがちょっと・・・



さて、もう少ししたら出かけますか・・・



テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

個性。

11月4日(月)、言わずと知れたとんぶりの日なんだけど、なんだか急遽休みになってしまった・・・

流石に東京は遠いので行かないと思うんだけど、何しようかな。
本当に急に決まったので嫁も既に予定が入っているらしく、ゆっくり羽根を伸ばs寂しいんだけど
一人で何処かツーリングでも行くかなー。今度こそあわしまか?
まぁ後2日、のんびり考えますか。


さて、現在温室の準備中。

で、準備の過程で照明の変更をしたりして、ヒルヤモリ用の紫外線灯を新調。
その影響か、または最近与え始めたレパシーの影響か、最近やたらと発色が良い。

DSC_0037_01.jpg

何度か書いていると思うんだけど、ニホンカナヘビを飼い始めてからエサのコオロギを買うべく、
初めて爬虫類のショップ(今は亡きペポニ名東店)に行った時に、一番初めに魅せられたのはコイツら。
やっぱり機嫌が良い時の体色には惚れ惚れする。

ただ、やっぱりこうして一緒に居るところを見ると、♀の斑紋の赤の薄さが目立つなぁ。
やっぱりロカリティなのかな?
amazonでヒルヤモリの書籍をお気に入りに入れっぱなしなんだけど、
そろそろ手に入れておくべきか・・・

テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

失意。

ここのところ好調で、特にネガティブなニュースも無かった当飼育小屋ですが、
久しぶりヘビーなのが訪れてしまいました・・・


001_20131101031159168.jpg


ラマシーが一匹、落ちる。


深夜寝る前に、ふとケージを覗いたら、どうもラマシーの姿が不自然。
なんか前足が胴体にくっつきっぱなし、みたいな感じで、背中も丸まっていて動きも鈍い。

で、ちゃんと観察をしようと軽く濡らした手で掬い上げようとしたら、
後ろ足をピンとつっぱらせて、動かなくなった。

同じようなケースで、水に浸けておいたら息を吹き返した、なんて事例があるようなので、
普段設置していない水入れをケージ内に入れて、霧吹きをしたところ、一応動くようになった。

溺れないように水深に注意して水を張って、そのまま寝たんだけど、起きたらもう、
動かなくなってました・・・


先日のSLSのオーラタスに続いて、カエルの死体を看取るのは2回目なんだけど、
いや、これ凹むわ・・・

ここのところずっと1匹しか見ていなかったので、今回の子が最近見ていた子だとすると、
全滅した可能性も高いと思う。認めたくないけど。

ナゴレプで迎えてからまだ2ヶ月、既に相当気に入ってしまったのですぐにでもリベンジを
したいところだけど、ちょっと一呼吸おくことにしようかと。
オーラタスの繁殖もまだ安定していないしミントも当分先、バリアビリスも近々追加予定なんで、
その辺りが落ち着いてから腰を据えて、挑もうと思います。

DSC_0039_201311010342061f5.jpg

次に飼うときは、もっと上手に飼ってみせる。




テーマ:両生類
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。