プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共鳴。

DSC_0037_20131031013306b94.jpg

アマガエルには、他のオスが近くで鳴いていると自分もつられて鳴きだす、みたいな習性があるらしい。


で、全然話が変わるんだけど、昨日書いたように自分は日本ではthe band apartが一番好きなんですが、
海外で一番好きなバンドはRed Hot Chili Peppers、所謂レッチリでして、
電話の着信と朝のアラームは、7作目、「Californication」 に収録されている、
「Get On Top」という曲のイントロをループさせたものを使用しております。



こんな曲ね。

まぁ話の展開が読めた方もいらっしゃるでしょうが、
うちのアマガエル、このイントロのギターワウにつられて鳴きだすようになってしまいました・・・






カワイイ!!でもうるせぇ!!!でもやっぱりかわいい!!!





そんだけです。



スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

SMOOTH LIKE BUTTER

今日は飼育と関係ない、ただの日記なので興味のない方は読み飛ばしちゃってください。


昨日の予告(?)通り、今日は久しぶりにライブハウスへ。

006_2013103003244253d.jpg

当ブログ公認「日本で一番センスのあるバンド」であるthe band apartが、
6枚目にして初めての日本語歌詞のアルバム「街の14景」を引っさげて、1年ぶりに名古屋へ。

気がつけばファーストアルバム「K.and his bike」から、もう13年くらい経ってるんだなぁ・・・
渋谷のタワレコで試聴してぶっ飛ばされた衝撃は、今でも忘れられない。
即レジへ持って行って、そこからの買い物の予定全部中止して、急いで帰宅して聴きまくったっけ・・・

つーわけで、セットリスト。


SE いつかの

01 ノード
02 higher
03 Amplified My Sign
04 12月の
MC
05 クレメインタイン
06 秋風
07 shine on me
08 coral reef
MC
09 AKIRAM
10 仇になっても
11 Beautiful Vanity
12 free fall
MC
~Acoustic set~
13 Cosmic Shoes
14 forget me not pt.2
15 moonlight stepper
MC
16 夜の向こうへ
17 I love you Wasted Junks & Greens
18 Waiting
19 Eric.W
20 8月
~encore~
21 師走(観客リクエスト)
22 When You Wish Upon A Star


アルバムチューンと既存の人気曲が程良くミックスされた、納得の2時間。
3曲めにして早くもフェイバリット曲の「Amplified My Sign」が来て、大興奮。
「FUEL」と「august green」が無かったのは寂しいけど、もう古い曲だしなぁ。
最近2作のレコ発ツアーは参戦していなかったので、waitingが聴けたのは嬉しかった。
「Cosmic Shoes」のアコースティックバージョンは、かなりいい感じ。
個人的な今回のアルバムのキラーチューン「夜の向こうへ」は、CDの方が良かった。
アンコール一発目は、今回のアルバムの中で演ってなかったものの中から
好きなモノを演ってくれる、と言われ、「ARENNYAで待ってる」が聴きたかったんだけど、
頭のなかで検索している間に「師走」に決まってしまった。残念。


なんか色々書きたいこともあった気がするけど、飛んじゃったんでまぁいいや。
とにかく楽しかった!また今度来る時も、休みが取れる日程でありますように・・・



玩具。

眠れないので2本立て。


ニホンヤモリのベビーも、うちに来てぼちぼち1ヶ月。

002_201310290611107bc.jpg


WCのカベチョロとはいえ、ベビーからしっかり飼い込めばなんとか手乗りにならないものかと、
ちょこちょこコミュニケーションをとっているんだが、ダメだわ、こいつ。

手には全く怯えなくなったものの、あちこちに飛び回って一向に落ち着きやしない。
ちょっと軌道を操ろうとすると、威嚇して噛み付いてくるし。
手の上で給餌など、夢のまた夢か・・・


DSC_0007_20131029061112f29.jpg


そういやこんな小道具を持っていたわと、ふと思い出したので一緒に撮影。
気が向けばちょこちょこ登場させようかな。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

化学。

随分更新をサボった気がしていたんだけど、3日しか経ってないんですね。

・・・なんだ、普通じゃん。



今日は、ハニーワームの養殖の進捗。

親候補の羽化、産卵を経て無事に卵が孵化していき、辛うじて肉眼で見える程度のサイズの
子ワームが産まれて、4日程度ケースを放置していたんですけど、一向に大きくなる気配が見られない。

エサが悪いのかな、と思って、上からメープルシロップを足し、グネグネと混ぜてからさらに2日放置。
様子を見てみるとちょっと大きくなった個体が居たので、さらに3日放置して、
さてどうなったかな、とケースを確認したのが、サボり初めの3日前のこと。


004_20131029025515e0c.jpg

ちょっと画像では伝わりづらいんですけど、大成長しておりました・・・

以前の全滅したコロニーではこんな速度での成長は一匹も見られなかったので
ビビリつつも観察を続けると、結構大きいのが多い。しかも、全体的にやたら機敏。

アミバに秘孔を突かれた元ボクサーみたいな状態
といったらわかりやすいだろうか
(いやわからん)


で、ここでようやく気づいたんだけど、どうもケースを持った時、やたらと底面が温かかったような・・・


状況から察するに、エサ(コオロギ用のブレンドとグリセリン、シロップを混ぜたもの)が
糞尿と混ざってか、或いはそれ以外の要因で発酵を始めて発熱、それによって強制的に
ワームの代謝が上げられたことで起こった事態ではないかな、と。

なにぶん数が多いし、ここからワームだけ取り出して引っ越しさせるのも相当大変そうなので
とりあえず冷蔵庫にしまう、という砂糖を入れ過ぎたから塩を足してカバー
みたいな頭の悪い対症療法をとっているんですが、意外とこれが功を奏しているっぽくて、
発熱している部分と冷却されている場所の中間の、居心地の良い部分を選択して住んでいる様子。



今のフードを食べきるようなら、また新たにエサを改良してみます。
しかし、こうやって試行錯誤してみると、市販のハニーワームフードは良く出来ているなぁ、と感心。
あっちの分析も一度してみるかな・・・



さて、明日は久しぶりにライブに行ってきます。

005_20131029025514f88.jpg




内輪。

更新をサボっている間に若干風化した感もあるけど、
そこそこ名のある(と、思われる)ショップが、ヒルヤモリの密輸で逮捕されましたな。
NHKのニュースの粗い画像で見る限り、知らない種ですが)
つーか俺、ぶりくらのときこの店でヒルヤモリフード買ったわ。

密輸品だとわかっていても欲しい、という人は居るんだろうし、
多かれ少なかれ手を汚しているショップも相当数あるんだろうけど、
通販禁止とか逆風が吹いている中、世間の心象を悪くするような行為ってどうなのよ?
法改正の芽を、自分で摘むことにならない?

内向的な人の多そうな趣味だし内輪で盛り上がるのは大いに結構なんだけど、
内側ばっかり見て外からどう見えるかもちょっとは気にしないと、衰退していく一方だと思うんだけどなぁ・・・
まぁこの趣味始めてまだ1年ちょっとのドにわかの繰り言ですが。


さて、ウチのヒルヤモリ。

DSC_0061.jpg


DSC_0067.jpg


まぁ相変わらず呑気にやってます。

価格も安いしいまいち実感も薄いんだけど、こいつらもサイテス種なんだよなぁ。
そういやJRS,名古屋レプ、ぶりくらと3つイベントを回ったわけだけど、
こいつとヘリスジ、ヨツメの所謂ヒルヤモリの入門御三家を、一匹も見なかった気がする。
流通量減っているのかなぁ。

こいつらの繁殖は気長に待つとして、もう少し飼育スペースを整理できたら、
グランディスかスタンディンギィも飼育してみたいなぁ。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

研究。

先日、休みの日にペポニみなと店に行ったら、中古のアクリルケージが売っていた。

作ってばかりで市販のものは今までに買ったことが無かったので、
今後作成するときの参考にできるところでもあれば、と一つ買ってみた。
安価だったしね。


004_201310240156040f3.jpg


005_20131024015604fee.jpg


006_20131024015601718.jpg

製品として販売しているだけあって、成程、よく出来ているなぁ、と感心。

購入したのはコーンスネークとか地上種のヤモリを入れるようなフラットタイプのものだけど、
樹状種用のトールタイプのものなんかも幾つか売っていたので、
時間をかけて観察してきた。

まぁ、各部の仕事の精度ではかなり劣るにせよ、好きに作れる分、自作のほうが俺は良いかな。
もう、買うこともないでしょう。




・・・さて、何飼おうかな(オイ)




経過。

凹むニュースだけでは終わらせたくないので、普通の話題も。




DSC_0026_01.jpg


画像によっては純白にも見えてしまうウチのミントだけど、この画像ならまだまだこれから、というのが
わかりやすいはず。割りと実物に近い色で撮れたと思う。

渡辺さんのところのイエローは、体型が違うように見えていたのに両方オスだった。
うちもどうなるかなー。




テーマ:両生類
ジャンル:ペット

悲報。

DSC_0049_20131023032744df1.jpg


予想通りに、遂にウチでもSLSが出てしまった・・・。

親を購入してから今回の子のクラッチを生むまで、7ヶ月。
健康状態には自信があっただけに、かなりショック。

SLSでも、可能な限り長生きさせたいと思っていたんだけど、前足が細すぎて上体を起こすことすらできない様子。
多分この様子だと、脱皮も無理だと思う。

この子は最期まで見守るとして、次は健康な子が産まれてきますように・・・



テーマ:両生類
ジャンル:ペット

飼育環境 ラフグリーンスネーク

先日ネット通販で、こんなものをゲット。
013_201310210231034a9.jpg


はじめてのラフグリーンスネーク(意訳)。

手に入れてから、まだ軽く流し読みしたくらいで真面目に訳したわけではないんだけど、
ぼちぼち立ち上げも済んだ、と言えそうなので、うちの環境と照らしあわせてざっくり紹介していこうかと。
考えながら書いていくので、まとまりのない文章になってしまったらスミマセン。


さて、飼育をはじめてまだ一ヶ月足らずなので暫定ではありますが、行きますか。






続きを読む

隙間。

最近ガチなDIYをする人が増えてきたんで、自分はちょっとニッチな方に行こうかと。


夏の間大活躍だったワインセラー。
使用感に不満はないんだけど、元々ワインを収納するためのものなので、
付属の棚はボトルの座りがいいように湾曲している。

013_201310210900160a9.jpg

これではプラカップなどを入れるときに、不安定すぎる。
100均で金網を買ってきてインシュロックで固定、なんて方法もあるんだけど、
ものを出し入れするたびにちょっと引っかかってイライラするので、別案。



プラダンを適当な大きさにカットして、棚とホットボンドで「溶接」。

014_20131021090017284.jpg

017_20131021090459ac5.jpg


これで物の出し入れも、ストレスなく行える。
・・・ちょっとニッチ過ぎたか。まぁ需要があれば幸い。

ところで現在使用しているワインセラー、最高設定温度の22度で運用していたんだけど、
涼しくなってきたせいか22度設定にしておいても、最近19℃程度まで下がってしまう。
卵の管理ができるのは、夏限定か・・・




対峙。

2本立て、2本目。



DSC_0012.jpg


ラマシーの方がデカいって、スゴくない?

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

実験。

昨日ブログの更新ができなかったので1日遅れになってしまったんだけど、
有田えびさんとテリビリスさんが、それぞれエサの消費量の話をしていたので、
乗っかることにします。比較して、なにかの参考になればいいな、と。

まずは現在飼育している両爬の種類と、使用するイエコのサイズをリストアップ。


レオパードゲッコー 2匹  イエコ ML
クレステッドゲッコー 1匹 粉末飼料
ガーゴイルゲッコー  1匹 粉末飼料
ニホンアマガエル  3匹  イエコ M
ヒロオヒルヤモリ  3匹  イエコ 2S
ニホンヤモリ    1匹  イエコ 2S
ラフグリーンスネーク 2匹 イエコ 2S
ヤドクガエル
 アズレウス  3匹
 オーラタス  3匹
 ラマシー   2匹
 テリビリス  2匹
 バリアビリス 2匹   イエコ ピンヘッド~3S



・・・改めて書き出すと、本当に生体増えたな・・・


で、まぁスポット的にハニーワームをあげたりとかミルワームやシルクワームなんかも
試してみたりするんですが、基本はイエコで飼育(ラコダク以外)しているので、
ひと通りのサイズが常に必要だったりするわけです。

で、今月になって増えた生体も居るので、今後微妙に変わってきたりもすると思うんですが、
とりあえず先月、9月の28日に購入したコオロギの数。

3S 200匹
2S 200匹
SM  200匹
M  400匹
コオロギのエサ 1kg

以上1000匹とエサをみとコオロギさんで購入して、送料手数料無料で計4,900円。
おそらく次の注文も月末にすると思うので、コレがうちの飼育数の場合の月のエサ代と考えて
ほぼ差し支えないかと。
コオロギのエサは鯉のエサとブレンドしているのと、あとハニーワームも月に一回は買っているので
もう少し高くなるとは思いますが。あ、ラコダク用のフードも計算にいれてないや。

あとは購入したコオロギを、成長度合いに応じてそれぞれの生体に使い分け、
羽化したら種親にまわす、という流れになります。
もちろんひと月ごとに在庫数も微妙に変わるので、注文時に微調整しますが。

ヤドク用のイエコの在庫はかなり安全マージンをとっているので、
実際にはもう3,4匹くらいはヤドクが居てもなんとかなるはず。
ティンクとテリビリス以外なら。

・・・とまぁ画像もなしで駆け足で紹介しましたが、何かの参考になれば幸いです。


さて、ここからが今日の本題。

うちの生体リストをみて、なにか違和感を覚えた方。
もしいたら、いつもうちのブログを熟読していただいて、ありがとうございますm(_ _)m

というわけで、新着生体のご紹介。


続きを読む

吉報。

そろそろラフグリーンスネークの飼育環境をまとめてアップしたいんだけど、
ありがたいことにまた最近、毎日のように記録しておきたいことが出てきて、なかなか書けない。
まぁぶっちゃけ昨日の記事は心底どうでもいい内容だったと思うけど、
別にいいじゃん。疲れてたんだよ。

という訳で、先日お伝えしてあった通りの、吉報。
今日も画像が多いので、折りたたんでおきますね。




続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

豪勢。

ふと思いついたので、即実行。

006_2013101602390133c.jpg

今日の食事は、コオロギのケージに解き放ってのビュッフェスタイル。

やってから気づいたけど、コレ、ダスティングできねーじゃん。

まぁ、普段食わせてるフードがちゃんとバランスを考えて作られているから、たまには良いのか。

テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

充実。

写真が撮れていないのでさらっと書いておきますが、
5月末に上陸した、”ペペ繁殖工房”の#1、バリアビリス”ハイランド”が、
2日ほど前に鳴き初め。
既存の♀(母親)と一緒に居るところを頻繁に見掛けるようになったので、
近々吉報がお届けできるかも。

で、ちょっと疑問なんですけど、今回のF1の♂と、前回輸入した♀が子供作った場合、
その個体の扱いってどうなるんですかね?
F1?F2?F1.5?
そのへんの定義に詳しい方、よかったら教えて下さい。


さて、今日の本題。

散々悩んだ挙句、行ってまいりました、ぶりくら。

009_20131015020248f8a.jpg

続きを読む

会心。

DSC_0025_20131013024440683.jpg


構図はひとまず置いておくとして、ピントに関しては過去最高の出来の写真が撮れた。
現像ソフトを立ち上げてビビったほど。
ブログ用にアップロードするには圧縮が必要なので、RAWでお見せできないのが悔しい・・・

ちょっとモチベーション上がってきた。
今後も精進します。


テーマ:両生類
ジャンル:ペット

アクリルケージ作成その2

ちょっと前の話になっちゃいますが、ぶりくらのリスト、出ていましたね。
これ以上生体を迎えるスペースが無いとはいえ、折角だからツーリングがてら見にいこうか
未だに悩んでいるんですけど、近々大きめの出費もありそうなんで断念かな。

代わりにあわしまでも、フラッと行っても面白そうなんだけど、
祝日だから混みそうだよなぁ・・・
まぁあと2日、仕事しながら考えます。


さて、前回のケージ作成の続き。
今日も画像は多めで。

続きを読む

アクリルケージ作成その1。

周りのブログ仲間の大半がやっている、ということで、
あまり乗り気ではなかったtwitter、自分も始めることにしました。
こっちで交流のある方々(である、と思われる方々)、早速フォローさせていただいたので、
あちらでもよろしくお願いします。


・・・しかし、「SNSには手を出すな」という、祖父の遺言を破ることになっちゃったな・・・









ゴメンよ、爺ちゃん・・・











30年前に死んだ、爺ちゃん・・・!!



さて、今日の話題は、飼育という趣味を始めてから4回目、6個目のアクリルケージ作成。


続きを読む

参入。または祈願。

ぼちぼちツイッターにも手を伸ばすか、と悩み中。
アカウント自体は2年位前に作ってあるんだけど、ツイート数は堂々の0回。
アプリの使用方法すら覚束ないので、とりあえず操作だけでも覚えるかな・・・


ハニーワームの養殖、今回も孵化までは無事に進んだ。

DSC_0051_201310090013414e8.jpg

画像が不鮮明で申し訳ありません。

あとは、前回とレシピの変わったフードを食べて、ちゃんと成長してくれるかどうか。
食べずにそのまま餓死、なんてことになったらまた羽化前のワームからやり直しになってしまうので、
上手く成長してくれることを祈るばかり・・・

淘汰。

今朝は起きて早々、ショッキングなシーンを目撃。

010_20131008015658047.jpg


共食いの現行犯。


元々元気の無い個体だったから、淘汰された、と考えることも出来るんだけど、
個別管理していれば持ち直す可能性だって当然あったはずなので、反省。
やはりウチでは、よほどオタマの数が増えない限り、ハッチ後は個別管理にします。

この食べられてしまったオタマ以外にも弱そうだった個体が一匹落ちて、
今回のクラッチ11卵のうち、残りは5匹。
先行している1匹を合わせた6匹は、なんとか上陸までいって欲しいところ。


さて、ハッチ後は個別管理、と書いたけど、以前にも書いたとおり現在管理に使用している
100均のタッパーと園芸ネットでは、ハッチ直後のオタマは隙間からすり抜けてしまう。
よって、改善策を模索。

028.jpg

園芸ネットの代わりに網戸の交換パーツを試用。
普段は防カビ剤不使用のシリコンを使用しているんだけど切らしてしまっていたので、
今回はホットボンドで接着。
水中で使用して特に問題がなさそうなら、これからはシリコンではなく、こちらの使用頻度が増えるかも。

上手く行けば小型種のハッチ直後のオタマでもこれで管理できると思うので、
ラマシーやバリアビリスに使うのが楽しみ。


今日はもう一つ、軽めのDIYを。

昨日アクリル材が届いて、現在ケージを鋭意製作中なんだけど、その前に端材でこんなものを作ってみた。




続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

隠遁。

アメリカのアレがアレ(よくわかっていない)で、またかなり円高に振れている様子。

住んでいる地域が日本最大企業のお膝元であるし、もう少し円安の方が日本の経済的には良いんだけど、
一時的にでもカエルの値段が下がると助かるんだけどなぁ。



本題。
昨日帰宅して、生体のケージをチェックしていると、クレスのケージが空。

植物と流木を外に出して探索するも発見できず、嫁に訊いても自分が見たときは中に居たし、
ケージには触れていないという。

自作の粗いケージとはいえ、流石に脱走するような隙間は無い、と断言できるので
もう一度ケージの中身を一つ一つどかしていくと、ミズゴケの中に潜り込んでいるクレスを発見。

001_20131006035730095.jpg

これは後から撮影したもの。顔が出ているので判りやすい。
良い具合に保護色になっていて、全然わからなかった・・・

ちなみに寝床としてかなり気に入ったらしく、一晩たった今も、
ミズゴケの中に潜り込んで寝ている。

003_2013100603573258a.jpg

完全に入り込んでいて見えないですが。



しかし、ヒロオの導入初期とかは脱走なんかしようものなら夜を徹して、捕獲できるまで
頑張ったものだけど、嫁が「探すの手伝おうか?」と言ってくれているのに、
「今日はもう寝るからいいわ」などと断って
実際に寝ようとしてしまうあたり、スれちゃったなぁ、俺。

DSC_0017_20131006035732086.jpg


このユルい付き合い方が油断に、延いては生体に対してのうっかりミスに繋がらないように、
最低限の注意だけは忘れないようにしなければ。

テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

切替。

ここのところ連日休まずに更新しているんだけど、
基本的に自分はそんなにマメな人間ではないと思っている。

というかぶっちゃけいい加減何も書かない日も欲しいんだけど、
結構飼育生体も多くなってきて、毎日何かしら変化はあるわけで、
記録しておかないと後からデータとして活用できなくなっちゃうんだよね・・・


というわけで、今日はオタマの話。

005_20131005095929f9a.jpg

ぼちぼち室温も落ち着いてきたので、ハッチ後のオタマはワインセラーからコンテナ飼育に切り替え。
これで2日に1回とはいえ、かなり面倒くさかった水換えから開放される・・・

オーラタスの繁殖の大先輩、渡辺さんのところでは大層なフィルターは使わずに、
スポンジフィルター付きのエアポンプだけでも水換えしないでやっていけているようだけど、
折角なのでウチはフィルター使用に拘ろうと思う。

春先に運用していたときとは1つ変更点が。
夏が来て卵がどんどんダメになっていく前にハッチしたオタマが、タッパーから脱走して
ストレーナーに吸い込まれたことがあったので、ストレーナースポンジを着用。
これで吸引力はかなり軽減されたと思う。


さて、ここからは各クラッチのオタマの進捗状況。


続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

膨大。

今日も2本立て。


006_20131004004436559.jpg

ハニーワームの養殖、数日前に羽化は終わり、絶賛産卵中。

007_20131004004437de9.jpg

ちょっと種親を投入しすぎたか、卵の量が半端じゃなくなっている。
前回全滅させてしまったときよりも飼育生体は増えているので、
頑張って消費していかなくては。

さて、種親候補のワームをタッパーにブチ込んでからここまで2週間強。
孵化までの時間がどれくらいかにも拠るけど、イエコ飢饉のときに急に用意、というのは
若干厳しいかな。
成長スピードや消費量を考えると常時ストック、というのは現実的ではないので、
効率的な運用方法を模索していかなくては。
余ったらオクで売り払う、というのも考えるんだけど、ショップで買ってもそんなに高いものでもないし、
大して需要なさそうなんだよなぁ・・・

変態。

ぺぺ農園、試験運用開始。
004_20131004004435a0d.jpg


現在、小松菜の栽培中。
適当に育ったら、イエコに給餌予定。
万が一モチベーションが維持できて春まで運営しているようなら、
アブラムシとかが葉っぱについてくれれば、ヤドクにもあげられるな、なんて絵に描いたような皮算用。

まぁせめて今植わっている分の収穫くらいまでは、続けたいところ。


本題。

ナゴレプでの導入生体、ラスト1種のご紹介。
リコリスさんに完全に看破されて若干怯み気味wですが、まぁお付き合いください。

続きを読む

角帝。

さて、名古屋レプ購入生体第2弾。

008_20131003010132e13.jpg



Rhacodactylus auriculatus

ガーゴイルゲッコー ”レティキュレイテッド”(所謂ノーマル) ベビー
雌雄 不明

クレスを迎えた後、すっかり旧ラコダクの魅力にやられた嫁が「自分のラコダクが欲しい」と言い出し、
先に迎えたクレス♂の嫁候補かガーゴか、ナゴレプで見て決めよう、ということで選んだのがコイツ。

自分的にはもう一匹クレスが欲しいかな、と思っていたんですが、嫁の中ではもうガーゴに決まっていたらしく、
あとはどれを選ぶか、ということでEndressZone 様に展示されていた
レッドストライプのヤング1匹とノーマルのベビー2匹の中から選んだのがコイツ。

レッドストライプは価格面で断念したようなんだけど、割と俺はノーマルのほうが好きだったりする。
ちなみに慣らすのに手間取ったクレスとうってかわって、初日から手の上でフードを食べた。

018_20131003010130502.jpg




コイツと前述のラマシーは導入がほぼ規定路線だったんだけど、後日紹介する第3の生体は、
正直イレギュラーだったりするので、現状ケージが足りていない。
なので現在申し訳ないんだけど、プラケ住まいをして頂いている。

002_20131003011605a79.jpg



今週中にアクリル材が届くので、来週の休みにでも新しいアクリルケージを2本、作成予定。
新たに試したいアイデアも浮かんだので。

それまで我慢していてくれ。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

移動。

別にネタを引っ張るわけではないんだけど、昨日の記事で書き忘れたことがあったのと、
そういやブログを移転してからビバリウムの画像をアップしていなかったのでそっち優先で。


迎えたラマシーは、6060の方のビバリウムに収納。

DSC_0001_2013100207444049c.jpg

同じRanitomeyaのバリアビリスが先住しているので交雑に関する不安はあるんだけど、
どうしても環境の変化に対する耐性とかを考えると、導入初期は大きいほうに入れたくなる。


それに伴い、ミントをアズレウスのビバリウムに移動。

DSC_0091_201310020749089a9.jpg


これも何となく移動させたわけではなくちゃんと理由が。

昨日も書いたように、ラマシーはバリアビリスよりもさらにワンサイズ小さい。
これからミントもまだまだ大きくなっていくわけで、何かの間違いで小型種がヤられたら
シャレにならん、という判断。
つーか最近、バリアビリスのベビーの姿を見ないんだよね・・・
まぁ元々そんなに表に出てこないやつなんで、あんまり心配はしていないんだけど。


じゃあアズレウスを大きいほうに入れるか、とも考えたんだけど、
あんまり環境に慣れないうちにそんなに爆食の生体が側にいるのもアレだな、と思って
実行はしていない。意外と上手くやっているっぽいし。

一応3045のほうの全景もアップ。

DSC_0002_20131002074442708.jpg

ちょくちょく植物のマイナーチェンジとかはやっているんだけど、
やはりケージのサイズ的に、自由度は低い。
半年後辺りを目処に、4560あたりで新しいビバリウムを立ち上げる予定。


しかし、今のラインナップでラマシーが環境に慣れてくれたら、
大きいほうのケージに、ティンク1ペアくらいなら入れられてしまうな・・・
困りましたね(何が?)。



道化。

昔々ある人が、「付き合った女には、花の名前を教えておけ」なんてことを云ったそうな。
・・・ん?花じゃなくて星座だったかな?

で、それは何故かというと、「後々別れたとしても、その女性がその花(星空?)を見るたびに
自分のことを思い出してくれるから」だそうな。


自分は別れた相手が自分のことを思い出そうが完全に記憶から抹消しようが関係ねーわ、と
思うタイプなんですが、この話から得られる教訓は、
「誰かに自分のことを印象付けるときにキャラ付けは有効」

ということではないかと。

自分は長ネギが大嫌いで、逆に長ネギのことなら30分くらい延々と語れるくらいなんですけど、
周りの友人たちはやはりネギを見ると俺のことをイヤでも連想してしまうらしいです。


で、何が言いたいかというと、去年大学を卒業した元学生バイトが土曜の深夜に久しぶりにメールしてきて、
「明日爬虫類のイベントがあるらしいですよ」とわざわざ教えてくれて嬉しかったです。



さて、久しぶりにクソみたいな無駄話もしたところで、本題。
ナゴレプの戦利品、第一号のご紹介。

続きを読む

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。