プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

上陸。

最近やたらと目覚めが良くて、出勤前の嫁と会話する機会が増えた。

で、うちの嫁、ヒマなときには俺のブログからリンクが貼ってある人たちのブログも
覗いているようなんですが、

嫁 「ぺぺ君のブログ友達って、本当にカエルでつながってるんだねー」

俺 「? どういう意味?」











嫁 「だって、ヒルヤモリとかの記事上げても、それに関してのコメントって一切無いよね」











俺 「・・・」















うるせー!!




いいんだよ別に需要無くたって。元々自分用の備忘録なんだから。
アクセス解析したら「ヒルヤモリ 飼育」で来てくれてる人も居るんだよ。
ちょっとシャイなだけなんだよフガー!!







というわけで、カエルのハナシ。


上陸


無事上陸。マジで小さくて、ビビる。
まだ少し尻尾が残っているので、エサを獲りはじめるのは、明日以降かな?

何の参考になるかわかりませんが、明日以降経過日数ごとの成長状態を
まとめようかと思います。


やっとSLSや、その他障害を抱えていなそう、というのを確信できた。
(遅)も早く前足が生えますように・・・

スポンサーサイト

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

早熟。

特に差し迫ってアップしたいネタも無いんで、
とりあえず更新は休みかなぁ、と出勤前の霧吹きをしていたんだが、
そういや朝、オーラタスが viv内の広場に出てきていたな、と
フィルムケースをチェック。

マダラ 2クラッチ







うわぁ・・・来てる・・・

念のため、と思い、もう一つのケースもチェック。




マダラ 1クラッチ





・・・2クラッチ・・・




いや、嬉しいよ?嬉しいんですけど、ちょっと気持ちが追いついていないのと、
東のほうで起きてた「アレ」がうちでも始まるのか、と思うとちょっと・・・ねぇ?

ただ、複数同時管理やエサなど、色々と情報を残してくれているんで、
それは本当にありがたく参考にさせて頂きます。
うちのバリアビリスも誰かの参考になっているといいんだけど。

ヤングから飼い込んでもうすぐ5ヶ月、初産ということで
まだまだ結果は未知数だけど、迎えて以来ずっとコオロギで飼育しているので、
栄養状態だけならテリビリスさんと並んで業界(?)トップクラスのはず。
頑張っていきましょうかね。


発生はしてるっぽいんだけど、オーラタスの場合
色が白くなってるのは問題ないのかな?
出勤時間まで、渡辺さんのところの過去ログでも漁りますか・・・

テーマ:両生類
ジャンル:ペット

犬猿。

ブログを引っ越してから、ボチボチ時間が経った。
貼れる画像のサイズにはまったく不満はなく、1行の文字数の制限にも
気を遣わなくて済むようになった。

が、別のところで1つだけ不満が。

前のブログは1つの記事に対して、3つまでカテゴリーを貼れたんだが、FC2は1つだけ。
始めに世間話的な日記を書いて、そのあと本題の飼育記録、というスタイルが
いつの間にか定着してしまっているので、カテゴリーが最低2つは貼りたいんだけど・・・。

しかし改めて読み返すと、余所に比べて本当に文字数多いな・・・
いつもちゃんと読んでくれて、あまつさえコメントまで残してくれる方々、
ご苦労様です(他人事)。


本題。

以前にぼちぼち試すか、と書いたヒルヤモリのトリオ飼育。
昨日実行に移してみた。

007_20130529120958.jpg

いつもどおり脱走を許すも、なんとか30分程度で捕獲。

すっかり脱走→捕獲に慣れてきた自分がイヤ。
脱走させないスキルのほうを磨きたいんだけど・・・




で、しばらく様子をみていたんだが、入れて早々、
元からオスと暮らしていたほうのメスが新入りを追い回してガチ喧嘩。

010_20130529120955.jpg

ガンの付け合い。
いや、実際は下のほうのメスが一方的に睨んでいて、上のほうは警戒態勢なんだけど。

で、休憩を挟みつつドタバタと追走劇を繰り広げ、追われていたメスはすっかり憔悴。
ちなみにオスは陰でジッと動かず。
たまに入る休憩時に、たまたまメスが近くを通るとカクカクと発情した様子をみせるだけ。



・・・この役立たず!




そうそう、今回初めて知ったんだけど、ヒルヤモリの威嚇方法。

残念ながら写真は撮れなかったんだけど、
①舌を「ベー」っと長く伸ばしたまま、睨みあう。
②ちょっと表現しづらいんだけど、自分を大きく見せる意図なのか、
 ちょっと自分の体勢を傾けてでも、相手に背中を極力正面から見せる様子が見られた。
 (う~ん、上手く説明できない)

 

というわけで早々に再隔離。繁殖に使いたい場合は「追加」じゃなく
「入れ替え」で対応することになると思う。

008.jpg

ラフグリーンを迎えるべく、頑張ってレイアウト変えたんだけどなぁ・・・
いくら昆虫食だと言っても、同居させたら多分ヒルヤモリのストレスが半端ないだろうし。
アマガエルくらいなら同居も大丈夫かな?
梅雨入りもしたことだし、ぼちぼち見かける機会も出てくるだろう。

つーわけで、待望のヘビ導入はしばらくおあずけ。
こちらも機を窺うことにします。



テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

準備。

テリビリスさんで、カナダ便の予約開始。

正直、もうちょっと先の話だと思っていたので、
心(財布)の準備が・・・まぁ予約するんですけど。

1つ悩みがあって、注文するモルフをどうするかなぁ、と。

バリアビリスを、トリオ(♂2、♀1)か、
バリアビリスを1ペアと、コスタリカ♀を1匹か。

今いるオーラタス3匹のうち、2匹は確実に♂だと思うんだけど、
もう一匹がまだ確認できていない。
♂だったら永久に繁殖は望めないし、♀だったら別に追加しなくても
時機をまてば繁殖も期待していいだろうし。
♀を追加して2ペアになって、渡辺さんのところみたいになるのも
ちょっと覚悟がいるしなぁ・・・


まぁ、1週間じっくり考えますか。



さて、オタマの上陸準備。

確立されている方法として、プラカップやシャーレを傾けて
水位に変化をつけて、溺れるのを防ぐ、というのがあるけれど、
散々ブログで捻くれ者をアピールしている身としては
別の手法を試すべきだろう。

そこで今回は、2つほど方法をご用意しました!


すり鉢

橋。

なんでオタマが溺れちゃうかというと、それまで飼育していた容器の
壁を登れない、あるいは登っても張り付いたままでいられないから。
そこで水深に差をつけたりするわけだけど、
元から傾斜がある容器だったり、ちゃんと休憩できる足場があれば問題は無いわけだ。

というわけで、上の2枚の画像。

傾斜が緩やかで、簡単に上陸できるであろうすり鉢と、
ホームセンターでジャンク品扱いの、材木カット後の端材。
どっちもDIYの余りや飼育用品の試行錯誤の残り物なので、原価ゼロ。
まぁすり鉢は100均なので、買ってもトータル120円くらい。

どっちも普通に水を張って、すり鉢はそのまま斜面を登れるし、
端材の足場も上るのはもっと簡単そう。
テリビリスさんや渡辺さんのところみたいに上陸待ちがいっぱい居るなら
スペースの問題とかで無駄が多そうだけど、少数ならこれで良いでしょ。

で、2通り考えたわけだけど、現在上陸間近なのは一匹だけ。
今回はすり鉢のほうを選択。

さて、上陸容器と同時にいわゆる「幼稚園」を用意したわけなんだけど、
今書いてる文章の10行くらい前を書いたあとに、息抜きに余所のブログを覗きに行ったら、
むっちゃ内容被ってる人居るやん!
しかも向こうのほうが立派・・・orz
まぁ気にせずご紹介しますか・・・

幼稚園

ちょっと照明の具合で色合いがおかしいですが。

昆虫用のプラケにヤシガラ、植物はうちのビバリウムの中から切り取ってきた
ヒポエステス、ポトス、プミラ、スパティフィラム。
当然マットにはトビムシとダニをばら撒いて、すり鉢設置。
一応隠れ家兼足場になるように、マジックリーフとウィローモスも
すり鉢内に投入。

昨日これだけ設置して、さっき確認したけど普通に過ごしている様子。
水換えは一応毎日する予定だけど、必要あるのかな?
ここまで来たら、エサってもう要らないんですよね?
水質の劣化もそんなにないと思うんですが・・・

まぁ、水換えといってもすぐ隣にオタマ(遅)の水槽があるので、
そこから汲むだけなんですが。

なにしろ初めての体験なんで不安でいっぱいなんだが、
観察を怠らずに頑張るとしよう。
上陸まで、あと少し!


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

呼称。

昨日の記事で違和感を覚えた人も居たかと思うけど、
3種類挙げたオーラタスのモルフ名のうち、el cope だけアルファベット表記にした。

で、何故かと言うと、これまた察している人も居るだろうけど、
カタカナにしたときに、人によって表記が2種類あったりする。
つまり、「エルコープ」と「エルコペ」ですな。

で、自分は「エルコペ」派なんだけど、根拠として
おそらく地名から付けられているモルフ名だと思うんだけど
(軽くググッたら、el cope っていう公園があるのかな?)、
現地語であると思われるスペイン語って、基本ローマ字読みなんですよね。
あと学名に使われているラテン語も同様。

一番身近な外国語がおそらく英語であろう日本では「コープ」って
読んでしまうのが自然だと思うんだけど、多分正しいのは「エルコペ」かと。

つってもまぁ、物の名前や読み方なんて定着したもの勝ちだし、
そんな些細なところにこだわってても仕方ないですよね。
別に周りの人たちがエルコープエルコープ言っていても、
わざわざ訂正してまわったりしません。





ただ、なまあたたかい目で見ます(脅迫)



まぁ冗談(?)はさておき。
オタマのハナシです。

今からほんの1分前、撮ったばかりの写真。

上陸前。

前足が生えてきた!

底面のネットと同色で手足が見え辛いんだけど、どうだろう?
素人目には SLS では「無い」ように見えるんだけど・・・


実は昨日までの時点で右前足「だけ」生えてきていて、
落胆気味の記事を書こうと思っていたんだが、さっき見たら左足も確認できた。
後足だけ見ていて健康そうに見えていたのでマジか、と凹んでいたんだが
コレで一安心・・・だよな?

ここまでで産卵から66日。かなりハイペースで成長しているように感じる。
ちなみに成長の遅いほうのオタマは、まだ後ろ足が生えたばっかり。
オタマ(遅)後足

これが、4日前(5月22日)の画像。
成長が早いほうの足は5月4日だったので3週間も差があることになる。
ちなみに身体の発色も、ちょっと遅れ気味。

やっぱり卵を食べたことが理由な気がする。
コイツの成長如何で、次回繁殖の機会に恵まれたときに
卵及びオタマの管理については考えようと思う。
たとえば2卵同時管理で、共食いを誘発したほうが成長面で良いのかもしれないし。


さて、ボチボチ上陸準備を始めますか。



表明。

一応色々なショップのブログのチェックは日課にしているんだが、
2日前、地元のショップ、ペポニにオーラタスのel copeの入荷情報が。

というわけで、月曜日にいったばかりだったんだが、水曜日にもお邪魔することに。
状態の良いメスがいるようなら、うちの vivで盛んに鳴いている♂に
あてがってやろうか、なんて考えもあったので。

で、今更ながらの発見なんですが、うちのヤツ、el copeじゃねーわ。


いや、確か元々買ったときにも亜種名は書いていなかったんだけど、
el cope、カリビアングリーン、コスタリカは名称違いの同一モルフだと
思っていたので、大して気にしていなかったんだよね。
けど、今回初めて「el copeでございます」と売り出されたのを見て、
ああこれは明らかに色合い違うじゃねぇか、と。

多分el cope≠コスタリカ=カリビアングリーン、なのかな?
いや、実物を見るのは大事だわ、ホント。



あと、月曜日に見たときにどうも状態が悪そうだな、と思っていた
長期在庫のバリアビリスが、棚から消えていた。
水場で後ろ足に力が無い感じでジッとしていたんだけど、
落ちたんだろうなぁ・・・

同じく在庫でテリビリスのオレンジが居るんだけど、
どうもこっちも背骨が浮き出てきた感じで、先行きが不安そう・・・

ヤドクを飼うなら、金か手間、どちらかを掛けなければダメだと思うんだけど
(逆にどっちかだけ掛ければなんとかなるんだけど)、
ショップの在庫だと、どっちも厳しいんだろうなぁ・・・
早めに売れてくれることを祈るばかり。



一日空いたけど、レオパのことでも書きますか。

アル1

つっても相変わらずコイツに関しては、書くことが一切無い。

全然心配していなかった拒食も、案の定あっさり立ち直ったしなぁ。
新規モルフでも入れれば、またネタもあっただろうけど・・・
ただ、今更俺が書くまでもないけど、つくづく良いヤモリですよね。
飼育初心者には最適だし、交配にチャレンジすれば奥も深い(経験無いけど)。


アル2

引越しを繰り返して、30キューブまでステップアップして改めて思うけど、
小さめのケージで平面的に飼っていても、
コイツの魅力の半分も伝わらないんじゃないかと思う。
高さを出してレイアウトすれば、結構動き回ってくれるし。
ショップに行って実物見たりするたびに新しいのが欲しくなったりするんだけど、
そういうこと考えると、自分にはコレクション的な飼育は向いてないな、と思う。
スペースが幾らあっても足りやしない。

テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

徘徊。

レオパのことでも書くか、なんて言っておいてアレなんだけど、
今日健康診断なのをすっかり忘れていて、問診表も職場に置きっぱなし。
昨日帰宅してから気付いて、とりあえず即就寝。
早めに起きて、取りに行ってきた。
ヤバイ。眠い。

ただ、思ったよりも早く起きてしまったので、
いい機会、と、職場の周りの田んぼを散歩してきた。

011.jpg

こんな感じの場所。

狙いはアマガエルまたはヒキガエルのオタマ。

残念ながらカエルは陰すら見当たらなかったが、
久しぶりに野良ヘビ発見!

ジムグリ1

ジムグリ2

多分ジムグリ?
いやぁ、早起きした甲斐があった。

ただ、今から健康診断、そのあとちょっとしたら出勤。
身体もつかな・・・

まぁとりあえず、行ってきます。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

待望。または解明。

ミントの発送準備完了の連絡キタ―(゚∀゚)―( ゚∀)―( ゚)―(  )―(゚ )―(∀゚ )―(゚∀゚)―!!

いやぁ、待った待った。「ううん、全然待ってないよ♪」なんて言えないわ、流石に。
創業祭があったのが1月中旬だっけ?
4ヶ月か・・・色々あったなぁ

ちょっと前に思ったことなんですけどね?
今回のミントは延期2回、貴賓種注文している人はそれ以上待ってるわけなんだけど、
俺、ブログを通じてみなさんとの交流があって良かったなぁ、と。


こうやって、言ってしまえばしょうもない日記を書いているから
たとえば延期しても、「おいおい延期かよ~w」なんてネタにして
笑いを提供したり苦難を分かち合って過ごせているけど、
独りでひたすら待っている状態で4ヶ月、って結構しんどいと思うんですよ。
便の遅れに関してテリビリスさんに落ち度は全然ないわけだけど、
誰かに文句の一つも言いたくなる気持ちも、ちょっとはわかるわけで。
まぁ実際に文句言ったらアホ確定ですけど。


つーわけで、生き物の飼育、なんてのは息の長い趣味なわけですけど、
これからも頼んだカエルが遅れる、なんてことは普通に起こると思うんで
どこかに当り散らしたりしないで、モヤモヤは皆で共有しましょ~w

たーさんみたいに割り切って在庫品から選ぶ、ってのも1つの手だしね。




さて、本題。


この間ヒルヤモリのケージで発見した謎の物体。
トモさんからは無精卵じゃね?とアドバイスを頂いていたんだが、
やっぱりそれで正解の模様。

というのも、また新たに同じものを♀のケージで発見したわけなんだが、
今回は「ソレ」が壁面をゆっくりと滑り落ちるところを目撃、
しかも真上に♀の姿が。
まぁ普通に考えて、今産んだんだろうなぁ、と。

無精卵


写真はもう床に落ちている状態。
つーかこれ、「無精」卵で良いんだよな?
実は交尾には性交成功していて、2クラッチ目の有精卵、とかだったらどうしよう・・・
つーかペアで入れてるケージもぼちぼち1ヶ月経つんだが、どうなってんだろ?

実は交尾については1つ懸念があって、
どうもうちの♀2匹と♂、サイズが違いすぎる気がしている。
♂のほうが、確実に身体のサイズがデカい。
DSC_0173.jpg


DSC_0013.jpg

サイズ差がわかるような画像は無かったです。スミマセン。



まぁ結局様子をみるしかないわけだけど、
ぼちぼち単独飼育している♀も調子が良くなってきているようなので、
トリオ飼育に切り替えるのもありかなぁ、と。
で、空いたケージにラフグリーn・・・ゲフンゲフン


ブログを引っ越して、カテゴリーはもう作ったものの、
それぞれの数がゼロのまま、ってのも寂しいので、
しばらくは持ち回りでまだ書いていないカテゴリーのことを書いていきます。

次回はどうしよう。・・・レオパかな?


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

愛着。

ネタ切れ、ってわけじゃないんだけど、
長々と文章を書く気力がないので、ありあわせの画像でごまかす。
貼れるサイズが大きいと、なんとなくそれだけで誤魔化せる・・・気がする。

バリ×アンチョ


あまり見えるところに出てきてくれない、なんて書いてから、
やたらとサービス精神旺盛になった気が・・・。
お前、最近そんなとこに入る様子一切なかったじゃん。

ペポニに在庫が居たりとか、余所のブログとかで
バリアビリスのサザン/ジャイアントは見ることができた。
うん、言われているとおり、そっちのほうがウチのハイランドよりキレイだと思う。


でも、だからってそっちにすれば良かった、なんて一切思っておりません。
せっかく出会えた縁。うちはハイランドに拘っていきますよ~。
・・・いや、負け惜しみとかじゃなく。

草鞋。

休日の日課と化しているペポニ巡礼。
東レプの片づけで忙しそうな店内を周っていると、
ヘビのエリアでラフグリーンスネークを発見
¥6,800(うろおぼえ)。


知らない人のために書いておくと、大小サイズの違いはあれど、
基本的にネズミをエサに飼育することになるペットスネークの中で、
昆虫食、というある種自分を貫いた感のある、偏食ヘビでございます。


う~ん・・・ちょっと色々考えますか。





さて、飼育している本人も基本的に忘れがちなんだが、
うちの飼育小屋では、ホソワラジムシも殖やしていたりする。
今日、久しぶりにケース内を弄ってみた。


ワラジ群。

1,000・・・は流石に居ないかな?
でも最低でも3~400は居ると思う。
あと、しばらくみないうちにトビムシも湧いていた。


嗜好性は高くないにしろ、もうすぐ我が家にやってくるミントは
一応食べるらしいので、少し拉致ってビバリウムに投入するかな。

ワラジ単。


どこをどう見てもカワイイ要素は欠片も無いんだが、
ケージ内で産めよ増やせよやってるのを見ていると愛着が湧いてくる不思議。
基本的にエサはやっていないんだが、ためしにトビムシに使っている
ドライイーストを振りかけておいた。
まぁ、それで増殖率が上がっても困るんだけどね。



しかし、ブログ移設第一稿がエサ、それもワラジの話題。
我ながら捻くれてるというか、あざといというか・・・




テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

始動。

はじめまして。

当ブログ、ぺぺの飼育小屋”R”へようこそ!








いや、安易なのはわかってるんですけどね?

実はブログの移転自体は結構以前から考えていまして。
貼れる画像のサムネイルが小さいとか、1行に書ける文字数が少ないとか、
色々不満はあったもので。

で、移転するとして、名前どうするかなー、
まぁ”Z”とか付けとけばいいか、なんて色々考えていたら、
横からかっさらわれまして。

で、思いついたリアクションとしては、あっちのコメント欄に「安易だなぁw」なんて残して、
こっちもさらっと”Z”で押すとか、「先にやられましたわ~」とかコメントするとかあったんですが、
このような形に相成りました。


ちなみに”R”は Returnsの頭文字で、嫁命名。
「還る」と「カエル」を掛けてるらしいです。

・・・いや、スベったとき用に責任転嫁してる訳じゃないですよ?


さて、本当に初めましての人たちの為に、趣旨説明。つーかコピペ

えー、このブログは自分の飼っているペット用の備忘録になっております。
基本的に人に見てもらうようには作って行きませんが、
自分が爬虫類の飼育を始めるときに、様々な人たちのブログを参考にさせていただいたので、
自分もこれから始める誰かの力になれたら幸いです。


とうわけで、記念すべき画像第1号は、
暫定イメージキャラの、バリアビリスから。

バリ。

今後もご贔屓にお願いします。


テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット