プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

予言。

DSC_1856.jpg
Dendrobates auratus




一部で話題のLygodactylus conraui ですが、2年後くらいのペポニ名古屋インター店の周年セールで
\8,000くらいで売られているのが視えます。




スポンサーサイト

継承。

DSC_0208_20151029105506cf2.jpg

なんだかんだ言って中~大型のヤドクの中ではオーラタスが一番好きなんでもっと写真撮りたいんだけど、
たまたま良い場所にいてもカメラ取り出してケージの扉を開けると引っ込んじゃうんだよねぇ・・・

多分こいつはもともと外に出そうとしてたんだけどなんとなく残したうちのF2。
立派なメスになったなぁ。最近のハッチ率の低い卵はコイツのかも。
黒地の面積の多さは親から受け継いでいるようなので、F3にも期待。



予告。

DSC_4812.jpg


最近のこのブログは、ヤドク成分が足りてないと思う。

といっても、安定して撮影できるのがアズレウスとミントくらいで、オーラタスはこれが精一杯だし
コロンは鳴き声ばっかりデカくて姿を見せないしバリアビリスはカメラ構えた瞬間に視界から消えるし
サマージー何処行ったサマージー。


まぁ、水面下で色々と動きが無いわけでもないので、夏辺りを目処に何か新しいネタを紹介出来ればな、と。




簡略。

007_2015021004063743b.jpg


006_20150210040636928.jpg


大変お恥ずかしい話なんだけれど、最近上陸した個体を含めて5,6匹は居たはずのオーラタスCBが、
何故か上の2匹しか残っていない。脱走とかはしていないと思うのだけど・・・

で、それと関係があるかはわからないけど、元々簡素なプラケ飼い、ということで環境の循環にも
限界が来ているのかもな、ということで、1年以上維持してきたこの幼稚園は廃園、ということにしようかと。
かといって新しくケージを立ち上げる時間をとても確保出来そうにないので、この2匹はメインのvivに放流して
種親になってもらおうかと。幸い2匹ともうちのCBらしい、俺好みの模様をしているので。

とはいっても、最近は卵を取り上げたりオタマを管理する余裕もないので、もうちょっとなんとかしなきゃな・・・。
有尾類やヤモリの飼育の楽さを、しみじみと感じる日々でございます。



宣伝。

021_20141003044605522.jpg


iPhoneでの撮影且つビビリなオーラタス、しかも上陸用のちっさいケース内ということで碌な画像じゃないですが、
非常に俺好みの模様の子が出てきてくれた。つっても上陸自体は随分前なんだけど。


とんぶりに持っていかずに手元に残して次代に繋げたいところなんだけど、
今居るオーラタスの親個体がアガったら一旦オーラタスは飼育止めて別のモルフやってみるかな、なんて思ってるので
やはり出品することになるかと思います。


多分オーラタスは10匹くらい持っていきますが、トリオから産まれた割に模様のバリエーションに富んだ
編成になっていると思うので、買う買わないは別として、その辺の違いを是非見て頂きたい。