プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標。

DSC_6339.jpg

昨日のワラジのネタで書き忘れたんだけど、モロッコ産のオオワラジも「当然」入手しております。
学名は知らなくて、サハラフラワーボールバグ、というのが英名らしいんだけど、ググってもイマイチ結果が芳しくなく、
ケアシートなんかも見つからず。
グレータイプとホワイトタイプが居て、5匹セットで頼んだらグレー1ホワイト4で来て、しかもグレーは早々に落ちました・・・。


つーわけで残ったホワイトタイプ4匹、手探りながらもなんとか殖やせるように頑張っていこうかと。
なんかどのショップの入荷情報覗いても即ソールドだったらしいので、とんぶり市に出せたらアツいなぁ。



スポンサーサイト

成就。

DSC_6381.jpg


DSC_6375.jpg


イマイチ上手に飼えているか自信のなかったキルギス共和国産のオオワラジが、順調に殖えだした。
初めにベビーの姿を見た時はなにかのきっかけでシロワラジが混じったか、と思ったんだけど2番めの画像の通り、
すくすくと成長してくれたので一安心。


さて、このワラジムシ、1匹の値段がうちに居る2匹のレオパよりも高いわけなんですが、
ミントのケージにばらまいて蹂躙させたときに俺の胸中にどんな感情が沸き起こるのか、
想像するだけで胸が高鳴りますな。


まぁ、その前にワラジ仲間のmtisさんのところの同じキルギス産のタマワラジとのトレードがあるのと、
今年もヤドク仲間と一緒にとんぶり市に出展するので、そこに出品もする予定なのでもうちょっと殖えるまで我慢我慢。






孤軍。

DSC_3145.jpg


なんとな~くだけど、このオランダSPは、チョロい気がする。いや、まだ全然殖える気配とか無いけど。
キルギスオオワラジは、なんかよくわからん。飼い方が合ってるのかどうかも自信ない。


ネットで遣り取りしている中でも、ブログしかやってなかった時期から付き合いのある人たちは
ある種特別な親しみを(勝手に)持っているわけなんですが、ま~皆様どんどんブログの更新頻度減らしやがって
ついに我々のフラッグシップも陥落。生き残りはエサの人くらいか(ジャングルの人は別枠)。

くそ、俺は負けねぇぞ(何に?)


拡張。または昇格。

019_2015022504293921c.jpg


順調にやらかし中。うん、やっぱりアホだ。
つーわけでカテゴリも新設したので、まぁのんびり愛でていきます。


DSC_2746.jpg

オランダ産。
今回購入した中では、キルギスのが主目的だったんだけど結局一番ヒットはこいつ。
手裏剣的なエッジの効いたフォルムがヤバすぎる。(こんなこと言ってるからボスにマニアとか呼ばれるんだ)
ゾイド(最近のじゃなくて、昔の)に確かダンゴムシとフナムシをモチーフにしたのは居た気がするんだけど
ワラジムシは居なかったと思うんだけど(あれ、居たっけ?)、こんなカッコイイ生き物をモチーフにしないなんて信じられない。



DSC_2752.jpg

キルギス産オオワラジムシ。
フォルムにはなんの変哲もないけど、鼈甲のような質感がステキ。
嫁に言えないような値段なんだけど、コイツをガッツリ増やしてミントに喰わせる
というのが、密かな野望。想像しただけで胸が高鳴る。

まぁその前に、同郷の先輩ブリーダー様とお互いに殖やしたワラジを交換しましょう、という話になっているので
気長に、本当に気長に取り組む予定。



爆殖。

DSC_2139.jpg

チマチマ世話をしていたユニオン島のワラジムシが、アホほど殖えた。


DSC_2172.jpg

こっちはカタール産。


どちらも既に一度株分け?しているので、2カップずつ居る。
ぼちぼちもう一回分けないとな。過密させておいたほうが増殖速度も増していくんだろうけど。

ちなみにミャンマー産のモリワラジとヒメワラジにも手を出したんだけど何故か上手く行かず、
モリワラジはコロニーが絶え、ヒメワラジはイマイチ殖えてくれない。

なんにせよ、もうちょっと色んな産地のを飼いたいなぁ。
求む、情報。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。