プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

試用。

009_2015082703562203e.jpg

非常に今更なんだけど、JRSの釣果、第一弾。
ビーボックスアクアリウムさんで購入したミスティングキット。

大昔からこのブログを御覧になっているみなさまにはご存じの方もおられましょうが、
一応以前、自作のミスティングシステムを使用していた時期もあったんですが、デロンギのエスプレッソマシーンを分解して
取り出したULKA社のポンプは振動と騒音の激しさが寝室で利用できるレベルではなく、
作って3日で使用中止、ヤフオクで売っぱらわれるという最後を迎え、以降霧吹きは手動で行っています。
で、JRSでデモ展示されていたこのキットの値段とデモ機の出来の良さに驚いて、なんとなく買ってみました。

これ、ビバリアプロジェクトのミスティングキットの時代の人からしたら、とんでもないコスパですよ。
2万円を切る価格で、タイマーまで同梱されてるとは思ってなかった。
ポンプの静粛性も抜群でした。



で、キットにはノズルは1個しかついていなくて、増設のノズルはちょっとお高めだったので、
追加はせずに自前で用意。

010_201508270356238eb.jpg

以前自作した時と同じもの。動作テストをしたところ、キットに付属のノズルは若干噴射角が狭めで
個人的にイマイチだったので、結局全部上の画像の物に換装。
キットの価格をリーズナブルにして追加のノズルで利益を出す、という国内プリンタメーカー的な戦略だったとしたら
非常に申し訳ないんですが。



で、まぁ、ノズルの数に対してその他のパーツの発注数を間違えてしまったためまだ本格的には稼働させていないんですが、
キットとしての出来は非常に良いので、ミスティングの導入を悩んでいる方が居たら、オススメです。
別室のラフグリーンのケージにも導入しようかなぁ。
・・・いっぱい宣伝してキットの販売数が伸びたら、メーカーさん贈ってくれないかな(チラッ




スポンサーサイト

開戦。

023_201501270148475d6.jpg


昨年9月のナゴレプで「近日発売」のサンプルを見かけてから早4ヶ月、ようやくスドーのポンドシェルターが販売開始。
Twitterでレポしたときはヤドク仲間の食い付きが相当良かったし、既に大人買いしている知り合いが2人居るしで
待っていた人は結構居たのでは。

素材が素焼きなので、仮に産卵されたとして卵の水分がもってかれるんじゃないか、とか
懸念材料はあるんですが、とりあえず導入。

DSC_2075.jpg


DSC_2101.jpg

大小2個ずつ買ったんだけど、一般的なケージだと、多分「大」は大きすぎるかと。
うちでもとりあえず「小」を2個試用。「大」の使用方法は、またおいおい考えます。


展示から発売までそれなりに間が有ったわけだけど、このシェルターでの産卵実績ってどんなもんなんですかね。
結局フィルムケース一択だな、なんて結果にならなければいいのだけど。
俺はとりあえず、様子を見てから底面に水を貯められる工夫とかしてみようかと。
つってもプラカップのフタを下に敷く、くらいしか現状思いついてないですが。


というわけで、第一回・スドー©チャレンジ杯開催。


みんなでコレ買って、誰のところが一番早く卵産むか、競争しません?
みんなで試せば、このシェルターをどのモルフが好むか、なんてのもわかってくるだろうし、
みんなで買って売上が伸びれば、またスドーさんから「次」の魅力的なヤドク飼育グッズが発売される可能性も
上がると思うんですが。

まぁ賞品が出たりするわけじゃないけど、もしこのシェルターに産卵させた方が居たら、是非ご一報くださいな。


三桁。

DSC_0111_20141212024729339.jpg



DSC_0041_201412120247305f7.jpg



DSC_0134.jpg


フルサイズ、やべぇ。

完全に腕が追いついていない。こう考えると、D5100は良き相棒だったのだな、としみじみ思う。いや、手放してないけど。
今まで使用していた現像ソフトも対応していない、とのことなので、もう少し時間を掛けて色々弄ってみようかと。
いや、ほんとスゴイわ、これ・・・




宝具。

基本的にギャンブルって殆どしないんですが麻雀だけは大好物でして、
運が無いなりにそれなりに遊んでいるわけなんですが、先日半荘3回で2回役満を上がる、という
今後の運量の残高が心配になるレベルの大勝をしまして。

で、基本的にレートは5の5-10なんですが、その日打ったのが幾つかある一緒に打つグループのうちでも
麻雀キチガイの揃ったメンツで、当日のレートが10の10-30。
思わぬあぶく銭が手に入り、何かパーッと遣おう、と思って考えついたのがコチラ。


018_20140830104851da7.jpg


Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

ニコンのナノクリスタルコート技術を採用したレンズ群の中で、最もコスパの高い逸品。

新品で購入しようと思ってたんだけど、ヤフオクをだら~っと眺めてたらちょうど終了直前の出品があって、
冷やかし半分で入札したら一発で、想像以上に安価で落札することが出来た。


014_201408300545391b5.jpg

しかも、まさかの製造初期の日本製(後期はタイ製)。
服飾系とはならともかく、こういった工業製品で生産国によって造りに違いが出る、みたいなのは
正直オカルトだろ、と思ってるんだけど、こういうサプライズは嬉しいところ。
つーか出品者さん、日本製を明記してたらもっと高値で売れたんじゃねぇの・・・?


というわけで、早速試写。

DSC_0035_20140830054540646.jpg


DSC_0036_2014083005454184e.jpg


DSC_0066.jpg


流石に105mmほど気軽に大きく撮る、というわけには行かないけど、描写はこっちのほうが好みかも。
焦点距離が短い分、ボケが控えめなのも新鮮。

元々持ってた105mmだと、ビバリウム内の小さなカエルを撮るには丁度いいものの、ヤモリとか大きな生き物を
室内で撮るには寄れすぎる、と思って購入したんだけど(旧型は持ってたけどAFが効かないので・・・)、
上のオーラタスの画像の通り、トリミングしても全然成立してるので、暫くはつけっぱなしで使い倒そうかな。
そのうち旧60mmとの画質の比較なんかもしてみる予定。


さて、これで当面、レンズへの投資は打ち止め。
風景撮りとか一切興味ないので、広角レンズに対する欲求とかも無いし、
レンズ沼への入水は浅瀬で食い止められた模様。あとは本体のステップアップ。

来月の半ばに海外でカメラのイベントがあるらしく、新製品の発表なんかもそこで行われることが通例らしいので、
その辺も考えつつ、検討することにします。




迂闊。

先日、某ヤフオクで取引連絡のついでにレンズを眺めてたら、
ちょっと気になってたレンズが手頃な値段で、しかもちょうどもうすぐ終了時間。

冷やかし半分で入札してみたら、一回競られたものの、もう一度高値更新したらあっさり落札。
しまった・・・。相手、もっと頑張れよ!(身勝手)

つってもまぁ、以前買った105mmマクロみたいな、家宝レベルのレンズでは全然ないんですが。

つーわけで、新しいレンズ。

022_201407031316282ee.jpg

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR


自分の使用しているD5100は、本体のみでの販売以外に2種類のレンズキットがあって、
購入した18-55mm と55-300mmの2本が付いたダブルズームキットと、
もう一つが今回購入したレンズ1本が付いた18-105 VR レンズキット。

購入当初は自分に必要な焦点距離なんかまったく分からなかったし、後継機のD5200も既に発売されていて
105mmのキットが品薄だったしでとりあえず望遠レンズも付いたキットを購入したんだけど、
この105mmレンズも結構評判が良いようだったので、割とずっと気になっていた。

で、カメラの購入から1年経って、そんなに望遠も必要ないし、
105mmと60mmのマクロがあれば、あとは適当な便利ズームがあればいいや、と悟ったところでこの出会い。
正直、買うつもりは殆どなかったんだけど、中古相場よりも全然安く買えたんでまぁいいか。


試し撮り。

DSC_0007_2014070313162614a.jpg


DSC_0008_01.jpg


うちの家宝の105mmと比較してしまうと、AFは遅いし明るいレンズではないのでSSは稼げないしで
操作感は微妙なんだけど、やっぱり便利だな、ズーム。
描写もまぁ、値段を考えたら全然良いかな。


また近々、フィールドに持ち出して使ってみるのが楽しみだ。