プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

衝撃。

DSC_4498.jpg

Plestiodon finitimus
ヒガシニホントカゲ

例年通りGWなんて知ったことか、の9日間だったわけですが、
最近ずっと帰ってなかったんで、連休最終日の昨日、仕事を中抜けして実家に顔をだしたんですよ。
そしたら出迎えた母親に
「お母さん、実はあんたのお祖母ちゃんの本当の娘じゃないの」
的なカミングアウトをされ(実話)、その後の仕事のモチベーションを維持するのが大変でした。


いやホント、なんで今言った・・・



スポンサーサイト

疲弊。

DSC_0031_201411010246230d5.jpg


連勤17日目、終了。
流石にこれだけ忙しいと、エサやその他諸々手間の掛かるカエルは癒やしにならない。
トカゲ、ヤモリは本当にいいペットだなぁと思うわ。基本放置で良いし。


2転3転して申し訳ないですが、とんぶり、駄目になりました。カエルは委託販売とさせていただきます。
明日余裕があれば、出荷生体のご紹介はしようかと。


一応、万が一月曜日の出勤時間を遅らせられれば、昼まで参加は、出来るかも・・・




成熟。

DSC_0018_20140812022612a22.jpg

3ヶ月ほど前に拉致ってきてからなし崩し的にお世話させて頂いているニホントカゲ。
喉元に婚姻色も浮かんできて、オス確定。
嫁を探してあげたいところなんだけど、繁殖まで狙うには些かケージが狭すぎると思う。
もうちょっと大きいケージ、用意してあげたいなぁ。

DSC_0015_01_201408120228324b2.jpg


尻尾の青さもすっかりとれて、割と高温で飼育しているせいもあってか、かなり貫禄が出てきた。
メインで飼育しているのがカエルとヤモリ、ということもあって、びっしりしたウロコ感が個人的にかなり新鮮。
足場のコルクがフンまみれなのは、ご容赦下さい。
ニホントカゲってレオパみたいにトイレ固定するのか?いつもそこでするんだけど。
コルク上部がお気に入りのバスキングスポットだから、身体温めてそのまま出しちゃってるだけなのかな?


こいつも基本的には大して人慣れはしていないんだけど、やはりハニーワームの魅力には勝てないらしい。
ヤモリさながらの機動力を御覧ください。



新入りの魔王さまも、はやくこれくらい慣れて欲しいところ。





テーマ:爬虫類
ジャンル:ペット

壮健。

現地の空気を楽しむことを再優先、と思っていたので大して写真を撮った覚えもないんですが、
想像以上に画像の整理が面倒くさいので、とりあえず旅行以外の話題でも。


DSC_0031_20140608131133076.jpg

もともとヤドク以外の生体に関しては大して心配していなかったんだけど、
5日間家を空けて、帰ってきてみたらみんな寧ろ太っていて拍子抜け。

コイツも段々スキンクらしい体つきになってきた。尻尾の青も、ちょっと抜けてきたかな?
雌雄の判別はかなり難しいらしいので、このまま飼い続けるとしても、個体数は増やせないかな。

DSC_0040.jpg

石垣や岩場の陰に隠れるところしか見たことなかったから半信半疑だったんだけど、
マジで潜りまくる。




懐柔。

他所でカメラ談義に大輪の花が咲いちゃったもんだから、
なんとなく画像が貼りづらいな・・・



DSC_0021_01.jpg


事前情報では木登りする、なんて話は聞いていなかったんだけど、意外と垂直行動も盛んにする。
写真を撮ろうと、ちょっと位置をずらそうとしたときにスルスルとコルク板を駆け巡る姿は、さながらヤモリ。


コオロギが貴重品となってしまったので、地味に殖やしているハニーワームをあげたら、
あっさりピンセットから食べた。俺を見つけたら寄ってくるようになる日も近いな。


さて、みとコオロギ様。

コイツをワーム太りさせたくなかったら、一刻でも早く、コオロギの復活をお願いします。
いや、マジで。