プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増殖。

DSC_0951.jpg
Ranitomeya sirensis


8時間ほど前に初めて電子書籍というものに手を出しまして、iPhoneで読んでも意外と違和感なく没頭できたんですが
気がついたらライブラリに4冊も入ってて流石にあまりの無計画さに我ながらちょっと引いているところです。
文庫以上に気軽に活字に触れられるのは素晴らしいけどスナック感覚過ぎてちょっと危険だ・・・




スポンサーサイト

宣誓。

DSC_0867_20151211023113602.jpg
R.sirensis

海外のヤドク飼いの情報を得るべくボチボチFBを弄り始めてるんだけど、相変わらずよくわからん。
そもそもなんだよ友だち申請って。友だちになるのに誰かの許可が要るのかよっ!


まぁそんな小粋なジョークは置いておいて、現状言えることは
俺は人のどうでもいい投稿に同調圧力に負けて「いいね」なんて思ってもいないのに「いいね!」ボタンを押すことは
絶対にないだろう、ということくらいでしょうか。


ラマシーの和名についてダラダラと書き殴ろうとかれこれ2週間位思っているんですが
仕事が繁忙期を迎えていることと気がつけば5年も使い続けていて突然死を迎えたHDDのリカバリに手間取って
それどころでは無いため、まぁ、そのうち。



捏造。

DSC_0779-2.jpg

Ranitomeya sirensis "oranje"
ラマシー”オランイェ”

先日有田毒蛙さんにラマシーの”レッド”なんてものの画像を見せてもらいまして、「嘘くせー」なんて話してたんだけど
Lightroomの補正でどれだけ真っ赤に編集できるか試してみたのがこちら。
フォトショップとか使えばもっと真っ赤に出来るのかな?使ったことがないので知りませんが。


DSC_0779.jpg

元画像。

ちなみにレッドは知りませんが、ラマシーの”オレンジ”は実在します。
そのうち国内入荷も有ると思うので、人と違うのが欲しい、という人は狙ってみてもいいかと。
俺は「ラマシーは黄色だろ常考・・・」というスタンスなので手を出しませんが。


あ、このネタエイプリルフールとかに出せば良かったかな。





遅延。

026_201512020850486b7.jpg
Ranitomeya sirensis


説明不要。最愛のヤドクガエル、ラマシー再臨。
いやぁ、待った待った。

HeatWaveやテイラーズの扱っているヤドクガエルのEU便、僕も一度メールのやり取りをしたことあるんですが
こいつが中々にいい加減なダッチでして、直前になって入れるカエルを別のものに替えたりなんてことは
結構ザラなんですけど、今回も本来7月末に入荷の予定だったのが状態が良くないとかでラマシーだけ延期。
結局発注から1年位待ったのかな?ついに受け取ることが出来ました。

DSC_0836.jpg


こちらの待ち時間に関係した話なんですが先日のとんぶり市、HEATWAVEの古賀氏はCRIMSONの周年祭で
遊びに来れなかったんですけど、11月12日に国内入荷の予定だったEU便が件のダッチによって
11月14日にずれ込みまして、テイラーズに本当に到着したばっかりの生体を愛知県遠征の帰りに
受け取ってから九州に帰ったらしいんですが、CRIMSONの周年祭が無くてとんぶり市に遊びに来る予定だったら、
大変だったと思うんですよ。

だって、九州から東京のイベントに参加するのに
その前日にカエルの受け取りの予定なんて入っちゃったら
参加するの大変じゃないですか。

古賀さんは参加するにしても僕らのブースに遊びに来るだけだったからまだ良いですけど、
万が一九州から出展するのにカエルが前日に届いちゃったら、
今回はブリーダーズイベントなんで国内CB以外は出品禁止だから関係ないですけど
前日に海外から到着したものを売ろうとして状態崩したら目も当てられないですもんね、
九州から出展するのに。
いや、古賀さんが出展キャンセルなんて事態にならなくて本当に良かった。

え、声が大きい?気のせいでしょ。


で、海外からの長旅に加えて大阪から九州への旅も余儀なくされた今回のカエルたちなんですけど、
体力の消耗を考慮してHEATWAVEから2週間程度のトリートメントの申し出がありまして、
テイラーズでの販売開始から少々遅れての到着となっております。
というかぶっちゃけ「トリートメントしてから渡すから」と決定事項として告げられたので
早めに受け取る、という選択の余地はなかったんですが(笑)
でもこれ、人の趣味を商売にするときのスタンスとしては非常に大事だと思うんですよ。
満足を売り物にしているのだから、それくらい拘ってくれたほうがこちらとしても信頼出来るしね。
まあTwitterのTLがテイラーズの新入荷で賑わっているのを眺めているのは辛かったですけど。
昨日紹介したヴァネッサの話題とか、悔しいから絶対に乗っからなかったですからね、僕。
愛好会メンバー以外は俺が買ったことを昨日まで知らなかった筈。


DSC_0775.jpg


で、散々待っただけあって状態はバッチリです。
4匹買ったんですが、ざっと見た感じ雌雄1匹ずつは確認できたんで残り2匹がどんなもんか。
まあ繁殖に関しては既に有田毒蛙さんの後塵を拝しているので、マイペースに愛でていきます。



遺影。

DSC_0010_02.jpg

Ranitomeya sirensis

なんとなく流れに乗ってみる。
といっても、うちのは1年以上前に死なせてしまっているわけですが。

学名がラマシーからシレンシスに変更になったわけですが、やっぱり俺の中では、ラマシーはラマシー。
ベントリだって、いまさらアマゾニクス、とか呼ぶのなんか恥ずかしいじゃない。なので、あいつらも俺の中ではベントリ。

例えば10人でカエルの話をしたとして、俺以外の9人がシレンシスって呼んで、俺が「ラマシー」って言う度に
「あいたたた」みたいな顔で見られるとしても、俺はラマシーと呼び続けるね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。