プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

生誕。

DSC_4240.jpg
Takydromus toyamai '16 CB
ミヤコカナヘビ

確か俺が小学校低学年の頃、当時大流行していた聖闘士星矢の、今で言うところのファンブック的なものが
発売されまして(タイトルはコスモスペシャルだったかな?)、各聖闘士の個人データなんかが色々載っていまして、
我々6月後半~7月前半産まれの負の象徴であるところのデスマスク氏と俺が同じ誕生日であるということが判明し、
当時はそりゃあもう嫌な気分になったわけなんですけど、大人になってから気づいてみたら
横浜Fマリノスの中村俊輔、現および元FCバルセロナのリオネル・メッシにファン・ロマン・リケルメと
応援しているチームのファンタジスタたちと同じ誕生日だったりして幼少期から抱いていた小さなコンプレックスが
25歳あたりのときにようやく払拭されたのでした。

何が言いたいのかというと、我々4人のファンタジスタの誕生日、
6月24日にミヤコカナヘビが初めてハッチしました。
期せずして思い入れの強い個体になっちゃったなぁ。



スポンサーサイト

奇形。

090.jpg
091.jpg

何匹かに1匹、風船みたいに膨れ上がって上陸前に死んでしまうオタマが居るんだけど
珍しく上陸まで進んだ個体。
多分体内に水分が溜まってるのかな?フクラガエルみたいな体型でどこまで生きられるか心配してたんだけど
上陸から10日くらいかな?の今朝、敢え無く死亡確認。

DSC_3862.jpg

亡骸。
コイツに限らずヤドク全般、死ぬと身体の色彩が褪せてしまうのは何なんですかね?
体色の維持には血行とかが関係してるってことなのかな?


とりあえず秋のイベントに出せるのはこの時期くらいまでに上陸した個体まででしょうか。
キープ頑張らなきゃなぁ。


余剰。

DSC_2594.jpg
Dendrobates azureus '16CB
コバルトヤドクガエル

ちょっと頑張ったら結構殖えてきて若干持て余し気味なので、秋のイベントの前に一部放出するかも・・・
しかし看板ヤドクのオーラタスは相変わらず不調。やっぱりあいつらだけはある程度高温が良い気がする。


成就。

100_201604120804274b7.jpg



ご近所のBOSSさんに産卵床の設置について助言貰ったりして、ミヤコカナヘビが初産卵。
孵化なんてまだまだ先、そもそも受精卵かもわからん段階でアレですけど、じつは爬虫類を意図して殖やすの初めてなんで
プチ達成感。4年間狙い続けてるヒロオよりも早く産みやがった。


ちゃんと受精してれば一ヶ月程度で孵化するらしいんだけど、どんなもんですかね。
正直何匹居てもぜんぜん邪魔じゃないくらい好きなんだけど、国内希少野生動植物種指定の候補に入ってるんで
(4/15追記・既に候補どころか指定されているそうです、失礼しました)
譲渡するなら早めに、といった感じだしつーかそろそろ業取らなきゃな。

まぁなんにせよ一ヶ月後が楽しみだ。


供給。

DSC_1176.jpg


DSC_1236.jpg

完全上陸の前から散々言ってきたけどこれで最後、アズレウス攻略完了。
水場に対しての依存から脱却するとようやく安心、と言った感じがする。


DSC_1196.jpg

オーラタスもボチボチ上陸してきてます。今回は緑色の部分の多いラインの仔。


しかし、そろそろ一部のイミテーター、アズレウス、あとバリアビリスあたりは国内CBで国内の需要を
満たせるようにならないもんですかね?先日東京の凄腕ブリーダーが複数のショップに
大量のアズレウスを放流してましたけど何処に行ったんだろ、あれ。
オーラタスとリオナポあたりは最近輸入よりもCBの方が見る機会が多い気がするんで、
上記のモルフもいずれ国外からの入荷情報を聞かなくなるんでしょうけどね。


まぁ余所の人たちが殖やしてくれているモルフはこの際どうでもいいとして、問題はサマージとミントですよ、まったく。
あいつらどうやったらどうにかなるんだ。