プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進捗。

ケージ作成、前回の続き。

前回画像と愚痴だけでまともな情報が一切なかったので一応資材データだけ書いておくと、
フレームが高野軽金の19mm、壁面のパネルは今回アクリルではなく塩ビ板を使用。
フレームにシリコンでパネルを接着してリカバリー用にカッティングシートを貼り付けてから
シートの上にスタイロフォームの20mmを接着、あとはレイアウトのベース用に100均で買った
発泡スチロールのブロックを削って成形して接着、までが前回のエントリでしょうか。

ここまで来たらあとはいつもどおりの手順を踏んでいくだけなんですが
009_201712120134130b2.jpg
ウレタンフォームで壁面の凹凸をデザインして、

028_201712120134147de.jpg
029_2017121201341599f.jpg
シーリング材をムラがないように塗布して


030_20171212013416268.jpg
ピートモスを全体にまぶして固着させる、といった感じなんですけど、
今回やってること、ほぼほぼ人様のサイトの模倣になってしまってるので、多少は確認だけでもしてみようと
自分でもシーリング材の比較実験をやってみたりしました。

033_2017121201355563d.jpg

3つ上の画像の、うんこ色のほうがノンブリードのウレタン系シーリング材、
すぐ上のクリーム色の方は自分でも以前使用したシリコンで、ピートモスの乗りの良さを比べてみたんですけど
師匠のオススメどおり、前者の方が確実に扱いやすくて良かったですね。

050_20171212013556fe1.jpg

画像の正面がシリコン、右側がウレタン系シーリング材で接着した場所。
画像ではわかりづらいんですが、ベース色の違いを差し引いても明らかにシリコンのほうが塗りにくく、ピートが
食いつきづらくて良いところなかったです。


で今回比較実験なんて面倒なことを、よりによって途中で思いついて始めちゃったもんだから
割と塗りムラが酷くて、ピートモスの固着が甘い場所に適宜スプレーのりを吹き付けて、
上からピートを押し付ける、みたいな作業を延々と行う羽目になりました・・・
これは今回、ウレタンスプレーを吹いたままにして、表面を均したりしなかったことも原因の一つなのですけど、
表面が凸凹のままよりも、ウレタンが乾く前に何らかの方法で表面をなだらかにしたほうが
シーリング材の使用量も節約できるし、ピートの固着ムラも出来づらいので、これは反省点。

・・・で、あれこれの方法で全体にむらなくピートモスを塗布したあとの完成形がこちら。

070.jpg


059_20171212013828eec.jpg

まぁまぁ上手くいったかな。

天板も色々と悩んだんだけど、とりあえず処女作はシンプルに、と思って
L字のアルミアングルを組み合わせて枠を作って、ステンメッシュを貼っただけ。
このケージ、ミスティングをつけるかどうか悩んでいるんですが、付ける場合は
どこか適当な位置で幅2センチ程度のアルミの板を前後の枠の間にわたして、
一箇所穴を開けてそこにノズルを固定する感じになるかな。
つーか450*600サイズとしては選択したアングルが幅も厚さも足りなくて強度がイマイチなので
ノズルを付けないにしても補強用の棒的なものは入れておいたほうが良い気もするんですが・・・

と、大まかなベースが出来たところで文章書くのも疲れてきたので次回に続く。
次はもう少し早めに更新できれば良いんですけどね。皆様良いお年を(保険)。

続きを読む

スポンサーサイト

迷走。

194.jpg


209.jpg


233.jpg


先達に色々と教えを乞いながらぼちぼち新ケージの準備を進めております。
自作どころか市販ケージでも手を出したことのない632*482*932という自分史上最大サイズ
(その半端な寸法はなによ、ってのは分かる人には分かる)
バックパネルは石膏と発泡ウレタンで悩んでるんですけど、今のところウレタンで行くことが濃厚かなぁ

・・・と、ここまではまあ初めて挑戦する素材なりに慣れた手順で来られたんですが、
フロントとトップのメンテナンスハッチ周りの処理が全く決まっていなくて、割りと途方に暮れております。
なにせせっかく作るんだから1つくらいブランニューなことしたいんだけど、思いついた良さげなアイデアは
大体前述の先達が試すなりサイトで検討した痕跡を残すなりしているのでね・・・


フロントはもうとりあえず無難に引き戸にしちゃうかなぁ、という感じなんだけど、
トップのフタに関してはちょっと面白そうな機構を1つ思いついたので、また時間が有るときに進めていきます。
完成品をアップしたときにまったく無難な天板とかが付いていたときは今言ったことは忘れて頂きたい。
多分俺は忘れているので。


深淵。



前回の続き。

001_20170414074800cba.jpg

模型用の塗料の、MR.ウェザリングカラー。
これを使って、後ろにある前回塗装したパネルを適当に汚す。
やり方はまぁ適当にググって下さい。ウォッシングとかそんな技法らしいです。


013_20170414074803dd2.jpg


005_20170414074802a92.jpg

下の画像の手前にあるのが、前回作って乾燥待ちだった擬岩。
パネルと同様にシーラーを塗ってから黒で塗装→グレーでスプレーして、まだ汚してない状態。
正直自分のイメージ通りのものが出来たわけでは決してないんだけど、
それでもまぁまぁな出来になったかなぁ、と。
80点のオムレツ作ろうと思ってたら何故か75点のカルボナーラが出来た、みたいな。

で、この時点で反省点というか、今回の作品の問題点が露出したのだけど、
それを書く前にもう一個試作品のご紹介。

034_201704150710159d9.jpg



036.jpg



043.jpg


そこら辺で売ってるコルク片をパネルや擬岩と同じように着色して、岩肌っぽさを再現。

これが上手く行ったら、スタイロフォームに発泡ウレタンを吹き付けてコルク片を複数枚押し付けて固着、
コルクとコルクの隙間はウレタンそのままで具合が悪いようなら100均の木粉ねんどを貼り付けて塗装、
そのままケージにセットしようと思っていて、実際それっぽいものは出来たんだけど、というところで
さっきの問題点の話になりまして、選択した塗料の時点でお察しなんですが
今回パネルを作るにあたって幾つかプラモデルのジオラマを作成しているサイトなんかを参考にしたんですけど、
そのせいで特にコルクの方に顕著なんですがなんか変なスケール感が出ちゃったな、と。

ビバリウムの作成ってデザインの時点で実際の環境の1部を切り取るか、
あるいは実際の環境のミニチュアを作るか、またはその2つの手法をどういうバランスで組み合わせるか、
みたいなところで個性が出ると思うんですが
ジオラマ作ってるサイトでコルク使ってるのを見たときは本当にリアルな岩肌表現してて
すげぇこと考えつくな、と感心したんですけど、それはあくまで1/100なり1/144なりのプラモデルと
併せて見たときの感想であって、1/1スケールの生体を入れた場合のことを考えると
逆に生体の方に変に怪獣感でちゃって滑稽に見えかねないなぁ、ということに気づいちゃいまして、
とりあえずコルクの方はお蔵入り。
パネルの方も今回はそのまま使うんですが、今後作るときは表情の付け方をもうちょっと考えたいなぁ、
というのが反省点。

あとはつや消しの塗料でも吹きすぎると変に光沢が出ちゃうので次回はちょっと控えめに、とか
もっと言うと塗料の選択でも全然完成後の色味が変わってくるようなので使う塗料のメーカーとかも
吟味した方がいいし更に言えばモルタルも色々種類があるしそのモルタルに混ぜ込む砂や
なんならモルタル自体に着色するための色粉、なんてものもあるらしくて
もう沼っていうかこれ地雷原だろDIY界隈。


・・・といったところで、いろんな趣味の美味しいところだけつまんでいくスタイルの自分が
生半可な覚悟で踏み入っていい場所ではなかったな、ということが理解できたところで今回は撤退。
またそのうちなにか思いついたらリベンジはする予定。

今回作ったものでセットしたケージ及び入れた生体の紹介は、また後日。





習作。

122.jpg

先日の、バルサファンには延々と語り継がれるであろう大逆転劇による自分へのご褒美(謎)は
まぁカナヘビにするかなぁ、ということになり、「珠玉」のペアか「至高」の1匹かでまだ悩んでるんですが
とりあえず久しぶりにケージの準備中。

で、ケージはグラステラリウムの6045を用意したのだけど、付属のバックパネルはあんまりアレだし
パネルが無いと写真を撮るときに背景が自室の壁になってしまうので野暮ったく、かといって
ヤドクのビバリウムに使っているような炭化コルクや造形くん、シリコンで塗布したヤシガラやピートじゃ
流石に入れる生体にそぐわない、つーことで岩肌風のパネルの作成に初チャレンジ。
折よく二人いるDIYの師匠筋の片割れが同じようなことを考えていたらしく、
ちょこちょこ意見交換しながら進めております。

ネットの偉大な先人たちは、スタイロフォームなんかでちょっと大げさにベースを作ってそこにモルタルを
ペタペタして形成しているようなのですが、とりあえず今回は練習、ということでケージに付属のパネルを
適当にカット、しかる後にインスタントセメントをペタペタしてみました。

で、この時点で美術センスのない自分としては「もうこれで良いんじゃね?」となったんですが、
セメント丸裸だとphがアルカリに傾きまくってしまい、乾燥系のケージとは言え生体のお肌に
よろしくないだろう、ということでガンプラ作ってた頃にもしたことのない塗装にもチャレンジ。

004_20170406051502986.jpg

ベースにつや消しの黒を塗りたくった後、同じくつや消しのグレーを光源を意識しつつスプレー。
パネル上部、特に向かって左側にちょっとスプレーをしすぎてしまい若干のテカリが出てしまっているのですが、
この辺は次の工程である「ウェザリング」という技術でなんとかなるんじゃないかと。
で、現在ソレ用の塗料の到着待ちなので、空いてる時間でケージ内の小物の作成にも着手。

007_20170406051503fcb.jpg

100均に売っている、コンクリートブロックを模した発泡スチロール製のブロックを今回入手した新兵器
「スチロールカッター」を使って適当な形に形成、その後同じようにインスタントセメントをペタペタ。

009_201704060515040f1.jpg

このままだとのっぺりし過ぎているので、デザインナイフ的なもので適当に形を調整

011_20170406053936b7c.jpg

一日乾燥させた後、塗料の乗りを良くするためにシーラーを塗布、その後パネルと同じようにマットブラックを
塗るところまで昨日済ませたので、次回の更新は気長にお待ち下さい。

はー、久しぶりに文章書いた。


販促。

048_201603240308234db.jpg



つーわけで、完成しましたよ、「ペペの製作所」謹製オタマ飼育器。

製品版はパイロット版の36個から大幅に増えて7x7の49個の容器を収納可能になっています。

053.jpg

一つの容器のサイズは約53x43、この容器とほぼおなじ面積で深さはさらに浅いタッパーで
オーラタスもアズレウスも大量に上陸の実績があるので、大体の種類は飼養できるかと。

052_201603240309443d3.jpg


047.jpg


一つ一つの容器が取り出せるのは勿論、コンテナから全ての容器を一度に取り出すことも可能になっています。
エーハイムの外部フィルター(ウチで使用しているのは2211)の使用を前提にデザインされてはいますが、この機能によって
フィルターを使わずとも同じコンテナをもう一つ用意して容器を移し替えることで水交換、といった手法も
取れるようになっています。
システムをコンパクトにまとめようと思うなら、上部フィルターとかいっそ水作とかでも行けるのではないかと。
試したことないので責任は取れませんが。


049_2016032403133002b.jpg


各容器の底面のメッシュ部分にちょうど水流が通るように穴を開けたエーハイムのパイプも付属します。

シャワーパイプ側の一番端の一列はひょっとすると水が回らないかもしれないので、様子を見て中央寄りの容器と
入れ替えたほうがいいかも。

さて、予定通りこのキットはヤフオクに出品しております。

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m159330459

注意点としてはフィルターはついていないので別途自分で用意すること、素人の工作なので多少の歪さには
眼をつぶること
でしょうか。
あとまぁ、Twitterなりでいろんな人が飼育器に関しては貼ったりしている通り、ぶっちゃけ
自分なりに作れば買わずとも自分の住宅や飼育環境に合ったものが大してお金を掛けずとも作れます。
が、スペースあたりの各容器の収納数や全体的な使い勝手に関しては中々のものが作れたと自負していますので、
もし興味があれば是非入札よろしくお願いします。
今回は自分用のを作るついでに余分に作っただけなんですけど、もし出品してみて需要がまだありそうなら
5個位は作ってみようと思っているので、そのへんもお問い合わせいただければと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。