プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

散財。

DSC_8322.jpg
Malaclemys terrapin macrospilota
ニシキキスイガメ2/14学名修正
 
ようやく新居への引っ越し及びその後始末もゴールが見えてきたのでひさしぶりに更新。
あ、あけましておめでとうございます。

完全に独立した飼育部屋を確保できることが決まったときから、ついにネズミ喰いの蛇を飼える、と
吟味を始め、先日の冬レプにはエメラルドツリーボアを購入するために赴きまして、
(まぁそのうちまともな写真が撮れればアップしますが)そこそこ状態の良さそうな個体を入手でき、
少し余った予算でプミリオさんのところのテレストリスか、なんか適当なナミヘビでも買って帰るかなぁ、
と思ってたんですけど気がついたら知り合いの大金持ちにペポニのブースに引きずり込まれて
必要書類にサインをしていた、そんな一匹です。

まぁ元々そのうち亀は始めるかなぁ、と思っていたんで時期が早まっただけなんですけどね。

飼育環境ですがとりあえず60ワイド水槽に浮島と流木、あと適当な植物を突っ込んで
余っていたエーハイムの2213で水流を作って週一回水換え、灯具はexo terraのSUNRAY70Wって感じですが、
程よく泳ぎ程よく甲羅干しも行い、程よく慣れつつあるのでまぁそれなりに適正な環境で飼えているのではないかと。

飼育を始めての感想ですが、よく食べよく動くんで正直見ていて非常に楽しいですね。
テラピンに関しては繁殖にもチャレンジしていく予定でして、とりあえずもうちょい大きめのケージの準備を
頑張ってやっていきます。


スポンサーサイト

雪辱。

DSC_8281.jpg
Phyllocrania paradoxa
ゴーストマンティス 2018CB

以前挑んで交尾にすら辿り着かなかったパラドクサちゃんの繁殖に成功したんですが、
そもそもリベンジのために新たに購入したことすら書いてませんでしたね、そういえば。

たしか今年の夏のJRSでプミリオのブースに顔出したときにお願いしたんだったかな?
そんで9月のハムで1ペアしか居なかったところを押さえてもらって、ナゴレプで購入しました
(プミリオのブースでタランチュラ眺めているときに、すぐ隣で西沢さんがお客さんにパラドクサの在庫について
訊かれてて若干気まずかった)。

こんな日記みたいなことばかり書いていても仕方ないので一応データ的なものも残しておくと、

9月30日 メス羽化
10月18日 オス羽化
10月23日 交尾確認
10月24日 1クラッチ目の産卵を確認
11月12日 メスが(おそらく)3クラッチ目の産卵を目前にして、腹部の膨張を見せて落ちる
12月1日 一クラッチ目の卵鞘から孵化

・・・2クラッチ目の産卵いつだっけ?まぁいいか

交尾を確認してから1クラッチ目の産卵まで24時間程度しかなかったので無精卵も覚悟してたんですけど、
ちゃんと受精していたみたいで何より。メスとオスで3週間も羽化ズレ起こしたせいでまじで気を揉んだからな・・・
産卵の日時を覚えてないのにアレですけど、ぼちぼちもう一度孵化のタイミングが来るはずなので、
次からはもうちょいこまめな記録を心がけることにしますかね。

成虫及びベビーの飼育環境についてはまた別の機会に。


定義。

DSC_8134.jpg
Dendropsophus triangulum
カワリオドケアマガエル

ガストロカナヘビを収容している約600x450x900のケージ、だいぶキャパシティに余裕があるので
原産国であるところのタンザニアのクサガエルあたりを引っ張ってきて一緒に飼うかな、と思っていたんですが
待てど暮らせどタンザニアからの生き物便が再開されないので、まあ産地を問わずに適当なツリーフロッグでも
入れようと思って先日のナゴヤレプタイルズワールドで神戸のお医者様に背中を押されつつ購入。

なお上の画像はまだ迎えた当初の画像で、現在は↓みたいになってます。

DSC_8199.jpg

・・・どうしてこうなった。

話は変わって学名なんですが、dendroは木の上でおそらく樹上性の意、psophsは置いておいて
triangulumは多分三角形ってことだと思うんですけど、なんでそんな名前かというと、背中に三角形あるいは
それに準じた形の斑紋が入ってる生き物だからってことみたいなんですが、うちの個体その斑紋が
極めて小さいんですよね。
そんで家で買ってる個体が気に入ったので追加しようと思ってブラックアウト名古屋という
クソみたいなイベントに出かけたんですが、斑紋の大きい、
それこそ学名通りの三角形を背負った個体ばかりでイマイチ気に入らなかったので、
結局買わずに帰ってきちゃいました。

どうもネットで画像を漁ったところ、割と模様に個体差が激しく存在するっぽいので、
のんびり気にいる模様の個体を探していこうかと。

それはそれとして、ウルグルオオクサガエルまた近い内に入らないですかねぇ。
タンザニアのクサガエルの中ではあれが一番好きなので。






整理。

DSC_7849.jpg
Gastrophoris prasina
ガストロミドリカナヘビ


様々な要因(主に飼育スペースですけどね)によって最近飼育面での工夫とか繁殖チャレンジとか
色々と滞ってたんですけど、此の度引っ越しを敢行することになりまして
念願の飼育専用部屋を確保できそうなので、これを節目にこのブログも活性化・・・できるといいですねぇ

とりあえず買ったものの存在すら明らかにしていない生体がぼちぼち居るので、
引っ越しまでに全部紹介・・・出来るといいですよねぇ

と、ここまで書いてからそういえば今日はカメリアーナとヒメレーサーを寝かしたので
そのことを書こうと思ってたのを思い出しました。ガストロの写真要らなかったじゃん。
あとアホのgoogle IMEが亀リアーナと姫レーサーって変換しやがってマリオみたいですね。終わり。




始動。

DSC_8157.jpg
Dendrobates auratus "campana"
マダラヤドクガエル "キャンパニャ"

細々と殖やすつもりだったトビムシがなにやら現環境にドハマリしたらしく爆殖を始め、
持て余し始めたので処理班を用意いたしました。
当飼育小屋ではえらい久しぶりになるオータラス。ぶりくら出展の関西ヤド草会さまで購入。
あ、ぶりくら参加者の皆様、お疲れ様でした。

ヤドクガエル、以前は「国内CBの購入」に縛りをかけていまして、
極力日本であんまり殖やしている人が居ないモルフにチャレンジしていこう、みたいな気概でやっていたんですけど
結局大して殖やせないうちにヤドク飼育者あるあるであるところのコロニー壊滅を経験し、
そのままモチベーションの比重がアテロプスの方に傾いてきたのでヤドクに関しては
もうちょっと気楽なスタンスで楽しんでいこうかな、と。

現状在宅時間が過去最低に短い日々を送っているのですが(Twitterは大体@職場)、余裕が出来ればまた殖やして、
ブリーダーズイベントにも参加したいですね。
とりあえず全く飼育記録を残していない、ブログに登場させてもいない生体がまだ数匹いるので、
更新頻度を上げるところから頑張らなくては・・・