プロフィール

ぺぺ

Author:ぺぺ
リンクフリー。
気軽にコメント下さい。

カテゴリ
ショップリンク
お知り合いリンク
最新コメント
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター

原点。

DSC_5307.jpg
Podarcis pityusensis kamerianus
カメリアーナカベカナヘビ

スペインはイビサ島に生息する美麗カナヘビ。
バルセロナの逆転勝利に掲げる祝杯としては中々の選択じゃないでしょうか。
イビサはバルセロナ州じゃなくて、サッカーだと家長や大久保で日本人としては若干苦い思い出のある
マジョルカと同じバレアレス諸島州に属するわけですけど。

Podarcis属の最終兵器とも言えるvedraちゃんやみんな大好きガストロという選択肢もあったんだけど、
ガストロはまだ新子のシーズンには早かったのと、ヴェドラはちょっと予算の都合でこっちを選択。
今回のカメリアーナでやっぱりカナヘビ好きだな、と再確認したのでいずれどちらも手を出すとは思いますが。

現地写真調べてもなんかすげぇ普通の原っぱとかに棲んでて植栽とかもいまいち考えようがなかったのと
今回初めてメタハラ導入したので、とりあえずチランジア突っ込んで乾燥系っぽい雰囲気を出してみたんですが
まぁなんとなくそれっぽくなったかな、と。ちょっと浮いちゃうかと懸念してたバックパネルも暈したらわりと
それっぽい雰囲気になったので一安心。

飼育環境はまだ自分でも手探りなんですが、まぁ気が向いたらそのうちアップします。
今日はこんなところで。





スポンサーサイト

深淵。



前回の続き。

001_20170414074800cba.jpg

模型用の塗料の、MR.ウェザリングカラー。
これを使って、後ろにある前回塗装したパネルを適当に汚す。
やり方はまぁ適当にググって下さい。ウォッシングとかそんな技法らしいです。


013_20170414074803dd2.jpg


005_20170414074802a92.jpg

下の画像の手前にあるのが、前回作って乾燥待ちだった擬岩。
パネルと同様にシーラーを塗ってから黒で塗装→グレーでスプレーして、まだ汚してない状態。
正直自分のイメージ通りのものが出来たわけでは決してないんだけど、
それでもまぁまぁな出来になったかなぁ、と。
80点のオムレツ作ろうと思ってたら何故か75点のカルボナーラが出来た、みたいな。

で、この時点で反省点というか、今回の作品の問題点が露出したのだけど、
それを書く前にもう一個試作品のご紹介。

034_201704150710159d9.jpg



036.jpg



043.jpg


そこら辺で売ってるコルク片をパネルや擬岩と同じように着色して、岩肌っぽさを再現。

これが上手く行ったら、スタイロフォームに発泡ウレタンを吹き付けてコルク片を複数枚押し付けて固着、
コルクとコルクの隙間はウレタンそのままで具合が悪いようなら100均の木粉ねんどを貼り付けて塗装、
そのままケージにセットしようと思っていて、実際それっぽいものは出来たんだけど、というところで
さっきの問題点の話になりまして、選択した塗料の時点でお察しなんですが
今回パネルを作るにあたって幾つかプラモデルのジオラマを作成しているサイトなんかを参考にしたんですけど、
そのせいで特にコルクの方に顕著なんですがなんか変なスケール感が出ちゃったな、と。

ビバリウムの作成ってデザインの時点で実際の環境の1部を切り取るか、
あるいは実際の環境のミニチュアを作るか、またはその2つの手法をどういうバランスで組み合わせるか、
みたいなところで個性が出ると思うんですが
ジオラマ作ってるサイトでコルク使ってるのを見たときは本当にリアルな岩肌表現してて
すげぇこと考えつくな、と感心したんですけど、それはあくまで1/100なり1/144なりのプラモデルと
併せて見たときの感想であって、1/1スケールの生体を入れた場合のことを考えると
逆に生体の方に変に怪獣感でちゃって滑稽に見えかねないなぁ、ということに気づいちゃいまして、
とりあえずコルクの方はお蔵入り。
パネルの方も今回はそのまま使うんですが、今後作るときは表情の付け方をもうちょっと考えたいなぁ、
というのが反省点。

あとはつや消しの塗料でも吹きすぎると変に光沢が出ちゃうので次回はちょっと控えめに、とか
もっと言うと塗料の選択でも全然完成後の色味が変わってくるようなので使う塗料のメーカーとかも
吟味した方がいいし更に言えばモルタルも色々種類があるしそのモルタルに混ぜ込む砂や
なんならモルタル自体に着色するための色粉、なんてものもあるらしくて
もう沼っていうかこれ地雷原だろDIY界隈。


・・・といったところで、いろんな趣味の美味しいところだけつまんでいくスタイルの自分が
生半可な覚悟で踏み入っていい場所ではなかったな、ということが理解できたところで今回は撤退。
またそのうちなにか思いついたらリベンジはする予定。

今回作ったものでセットしたケージ及び入れた生体の紹介は、また後日。





習作。

122.jpg

先日の、バルサファンには延々と語り継がれるであろう大逆転劇による自分へのご褒美(謎)は
まぁカナヘビにするかなぁ、ということになり、「珠玉」のペアか「至高」の1匹かでまだ悩んでるんですが
とりあえず久しぶりにケージの準備中。

で、ケージはグラステラリウムの6045を用意したのだけど、付属のバックパネルはあんまりアレだし
パネルが無いと写真を撮るときに背景が自室の壁になってしまうので野暮ったく、かといって
ヤドクのビバリウムに使っているような炭化コルクや造形くん、シリコンで塗布したヤシガラやピートじゃ
流石に入れる生体にそぐわない、つーことで岩肌風のパネルの作成に初チャレンジ。
折よく二人いるDIYの師匠筋の片割れが同じようなことを考えていたらしく、
ちょこちょこ意見交換しながら進めております。

ネットの偉大な先人たちは、スタイロフォームなんかでちょっと大げさにベースを作ってそこにモルタルを
ペタペタして形成しているようなのですが、とりあえず今回は練習、ということでケージに付属のパネルを
適当にカット、しかる後にインスタントセメントをペタペタしてみました。

で、この時点で美術センスのない自分としては「もうこれで良いんじゃね?」となったんですが、
セメント丸裸だとphがアルカリに傾きまくってしまい、乾燥系のケージとは言え生体のお肌に
よろしくないだろう、ということでガンプラ作ってた頃にもしたことのない塗装にもチャレンジ。

004_20170406051502986.jpg

ベースにつや消しの黒を塗りたくった後、同じくつや消しのグレーを光源を意識しつつスプレー。
パネル上部、特に向かって左側にちょっとスプレーをしすぎてしまい若干のテカリが出てしまっているのですが、
この辺は次の工程である「ウェザリング」という技術でなんとかなるんじゃないかと。
で、現在ソレ用の塗料の到着待ちなので、空いてる時間でケージ内の小物の作成にも着手。

007_20170406051503fcb.jpg

100均に売っている、コンクリートブロックを模した発泡スチロール製のブロックを今回入手した新兵器
「スチロールカッター」を使って適当な形に形成、その後同じようにインスタントセメントをペタペタ。

009_201704060515040f1.jpg

このままだとのっぺりし過ぎているので、デザインナイフ的なもので適当に形を調整

011_20170406053936b7c.jpg

一日乾燥させた後、塗料の乗りを良くするためにシーラーを塗布、その後パネルと同じようにマットブラックを
塗るところまで昨日済ませたので、次回の更新は気長にお待ち下さい。

はー、久しぶりに文章書いた。


祝杯。

DSC_2992.jpg
Opheodrys aestivus

昨晩のFCバルセロナのPSGを相手取った軌跡の逆転劇により、
日本の中部地方で10万円規模の経済効果が見込める模様です。

ヤドク再開の狼煙を上げるか、いい加減ゴニウロに手を伸ばすか、
それとも適当なカナヘビに手を出すか、ちょっと考えます。来週にはハム便も来るし




近況。

DSC_4446_2017011703204979a.jpg
Salamandra salamandra terrestris

前回上げた写真と殆ど変わらなくてつまらないな・・・

当飼育小屋で初のファイアなんだけども、運良く中々の個体を手に入れてしまったことで
次に迎えたいと思えそうな個体に対するハードルがかなり上がってしまい、年末のハムで入った
各ショップの個体も「実物を見ないとなぁ・・・」と思って結局見送り。
少なくともテレストリスに関しては、「ストライプに途切れが一切ない個体」という縛りでやっていこうかと。

とんぶり以降の忙しさの中で世話する時間もなかなか取れず、お恥ずかしながら状態を崩したヤドクを
立て直すことが出来ずに、現在うちのヤドクが半壊状態になっております・・・
この更新を期に、なんとか時間を取れるようになると良いんだけど。

それではまた、近いうちに。